2011年1月24日

ホントにP=NP?

3SAT問題を多項式時間で解くアルゴリズムが発表される。P=NP証明に? - スラッシュドット・ジャパン
ここ2週間のことは置いといてとりあえず速報。
数学の知識はないので正しいのかは知らん。

2010年11月14日

nVIDIA チップセット撤退

NVIDIA、チップセット事業からの撤退を表明 - スラッシュドット・ジャパン
これは知らんかった。
2005年に買ったマシンがAthlon 64 3200+をnForce 4 SLIに乗っけたものでした。
そいつが壊れてしまってからも、Athlon 64 3500+ on nForce 430+GeForce 6150でサーバ用に現役で使ってますが、実に安定していいチップセットです。

まぁ、こうなることは見えてましたけどねぇ・・・残念といわざるを得ない。

2010年10月21日

Back to the Mac

結局、Mac OS X 10.7 Lionと、11インチモデルを追加した新型MacBook Airでしたね。
事前情報通り過ぎる。
Airはちょっと惹かれましたが、やっぱりバッテリーの問題で選択肢には入ってこない。
結局実用性の問題でかUSB端子が2個に増えてたり、拡張ポート周りが普通に露出してたのには笑ったけど。
スマートさを追求しすぎた設計には不満噴出してたんやろね。

・・・iLifeとかその他?知らん

2010年10月17日

第2次モニタ修理

といぅわけで、コンデンサ交換。

妊娠してた真ん中の2個を・・・

20101017_01.jpg

交換。

20101017_02.jpg

とりあえず映るようにはなりました。
電源回路からの各種出力(+12V、+5V、+3.3V)やGNDもきちんと取れてる模様。

20101017_03.jpg

が、制御回路にも問題があるのか、音量大ボタンの押下状態でOSDが常に表示されっぱなしに。

20101017_04.jpg

キャンセル用のプッシュボタンを短絡させたら一応は消えましたが、これはもう寿命ですね・・・この状態だと電源ボタンも効かんから、ケーブル引っこ抜くしか電源落とす手段ないし。

隣のナナオの15インチは全然元気なのに、これだからGREEN HOUSEは。
2度と買わないと改めて決意しました。

2010年10月16日

第2次モニタ故障

まただよ・・・

ゆで卵作ってたときにhiraあたりは見たかもしれんけど、モニタの調子が悪かったのね。
で、先週遂に電源が入らんなったのね。

1年半前にも壊れたことがあって、その時はコンデンサ交換で直ったから、今回も開けてみた。
電源回路を見ると2個コンデンサが膨らんでたから、日本橋まで交換部品を購入しに。

先ほどゲット。
明日は修理せにゃ。

2010年9月29日

J9

見た目で判断してはいけない:進化か?退化か?──Let'snote J9の真価を問う (1/4) - ITmedia +D PC USER
ついに、ついにR系統の完全新版が出ました。
解像度が長らく続いてきていい加減に狭すぎると思っていた1024×768から1366×768のワイドに。
ハイパフォーマンスモデルなら、CPUもスペックアップ、大容量バッテリーのセル数増加で12時間駆動に。
USBポート数増加など、使い勝手も向上?

ただし、基本路線はビジネス向けから転換して安価方向に行ってるらしく、OSはWin 7 ProfessionalからHome Premiumにダウン。
vProにも非対応。
メモリ減少、PCカードスロット廃止。
スタンダードモデルではCPUも通常電圧版Core i3-370Mに。
薄くなった代わりにボンネット構造のボディがフラットになったため、耐衝撃・耐荷重性能も悪化。
強度は標準付属のカバーで解決できますが、OSは維持して欲しかった。
マイレッツのカスタマイズでその他の問題も解決できますが、高くなるのが難点。

結構魅力的ですが、これは従来のユーザの中には離れる人も多いかと。
私にとっては、まぁギリギリ許容範囲かなと。

2010年9月 1日

ガレキもあるんだってさ

Homebrew Cray-1A | ChrisFenton.com

これは濡れる

2010年8月 2日

さくら

Pacemakerデスクトップテーマ

これだから・・・何かTOMOYO Linuxを思い出しますね。
中の人的にも。
後者は去年Linuxカーネル本家にも統合されましたが・・・ITゼネコン最大手の開発とは思えないネーミングセンスですよね。

2010年6月30日

プログラミング言語Love++(第2回)

Love++の標準ライブラリはstd(STuDent)ネームスペースで提供されています。
前回のstd::shoutなどもその一部ですね。

また、プログラミングの効率化のためにSTL(Standard Template Love)が用意されています。
紳士の皆様なら、ここから独自の愛を育んでいけるでしょう。

今回はその中からstd::rinkoについて紹介したいと思います。

・名前とか
色々なメンバ変数を持っています。
人間ですから当然ですね。

std::rinko my_rinko;
std::cout << my_rinko.name << std::endl;
std::cout << my_rinko.birthday << std::endl;
std::cout << my_rinko.status << std::endl;
std::cout << my_rinko.favorite.phrase << std::endl;

% lpp rinko1-1.lpp
% ./a.out
小早川凛子
8月17日
桃リンコ
はにゃ~ん

おっと、最後のは違いました。

自分で設定できる変数もあります。

std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;
my_rinko.nickname = "リン";
std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;

% lpp rinko1-2.lpp
% ./a.out
小早川
リン

・ガベージコレクション
もう煩雑なメモリ管理は不要です。

std::food rinko_food;
my_rinko.open(my_rinko.favorite.food);
while (my_rinko >> rinko_food)
  std::cout << rinko_food << " ";
std::cout << std::endl;
return 0;

ガベージコレクションがないと、

% lpp rinko2.lpp
% ./a.out
鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖
缶 ls -l
-rwxr-xr-x  1 shine shine   缶096 9月 20  2009缶.out
-rw-r--r缶  1 shine shine     573 4月  1  2010 rinko2.lpp缶

ゴミをそのままにしてしまうかもしれません。

・志村
Love++で特徴的な癒し機能の一つ。

my_rinko.niizuma();

% lpp rinko3.lpp
% ./a.out
小早川> 今夜は何が食べたい?和食?洋食?中華?それとも......。
> なんでもいいよ!それくらい自分で決めてくれよ!
小早川> (ガーーーーン!)
小早川> そ、そうよね。アタシって......夕飯の献立も一人で決められないダメな女......あなたの妻、失格だわ!
> 大げさだから!
小早川> じゃ、嫌いにならない?今でも愛してる?
> 嫌いにならないし、愛してるよ!
小早川> リンコ、嬉しいっ!

・はぴかむりんこ
プロジェクトが混沌としてどうしようもなくなったとき。
きっと何とかしてくれます。

my_rinko.happycome();

% lpp rinko4.lpp
% ./a.out
小早川> はぴかむりんくる~♪はぴかむりんこの魔法であなたの人生、開運よ!
小早川> ボッコボコのギッタギタだぞー!
小早川> rm -rf /

きっと。

今回は以上です。

2010年6月28日

プログラミング言語Love++(第1回)

世の中の多くのSEは、厳しい現実に疲れ果てています。
雑なPJ管理、人手不足、仕様変更、そしてデスマ・・・

そんなあなたに、革新的なプログラミング言語とその処理系を提案します。

その名もLove++

C++ライクな言語仕様と、使いやすいクラスライブラリ。
デバッグやテストの効率化を目的とした高機能なデバッガ。
そして一服の清涼剤・・・

きっとあなたに幸せをもたらしてくれるはず。

本稿ではそんなLove++言語の解説をしていきたいと思います。

・Hello World
まずは定番。

#include <iostream>
int main() {
  std::cout << "Hello, 凛子!" << std::endl;
  return 0;
}

Love++プログラムはlppコマンドでコンパイルできます。

% lpp helloworld.lpp
% ./a.out
Hello, 凛子!

・愛を叫ぶ
std::coutの他に、std::shoutが用意されています。

std::shout << "凛子" << std::endl;

% lpp hellorinko.lpp
% ./a.out
凛子ォォォ!!

・永遠ダイアリー
皆様の愛は永遠に続くでしょう。

while (true) {
  love++;
  std::shout << "凛子" << std::endl;
}

% lpp infinitelove.lpp
% ./a.out
凛子ォォォ!!
凛子ォォォ!!
...

まさか途中で^Cを押す方はいないですよね?

・突然の電源断は厳禁
次回起動時に怒られますよ?

% ./a.out
ひょっとしてSIGTERM送らないで電源切った?  そーいうの、どうかと思うんだけど。

当然ですが、停電対策にUPSを用意してください。

今回は以上です。

2010年6月 7日

iPhoneとかMicco氏の話とか

そろそろiPhone 4Gの発表がありますね。
さてさて・・・まぁ事前情報通りでしょうが。

UNLHA32.DLLの開発停止、作者がLHA書庫の使用中止を呼びかける - スラッシュドット・ジャパン
昨日、Micco氏のサイトでことの経緯を読みました。
実に残念でならないです。
確かに最近ではLHA書庫なんて使うことはなかったですが、それでも昔は本当にお世話になりましたから・・・。

2010年6月 1日

なぜかSOCKS5

どうでもいいんですが、なぜかこっちからはブログに投稿できてません。
仕方がないのでPuTTYでSSHのダイナミック転送を行い、自鯖をSOCKS5プロキシとして経由することで最近の記事を投稿してます。

海外からの投稿を禁止するような設定した覚えはないし、そもそもそんな設定できたっけって感じですが。

2010年5月31日

(5/31 12:05) Knights Ferry

Intelのメニーコアアーキテクチャ製品のコードネームと実物が初めて発表された。
Knights Ferry。
形は完全にハイエンドグラボ。
デモではピーク性能の半分、500GFLOPS超を示す。
22nmではKnights Cornerに。
間近で見たかったけど、ステージまでは遠くてあまりじっくりと見れなかった。

とりあえず速報まで。

2010年4月25日

またフロッピーが

さよならフロッピー、来年3月販売終了 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ソニーもか・・・どんどん生産が終了していく。

2010年2月13日

新アーキテクチャラッシュ

IntelのItaniumも出た。
IBMのPOWER7も出た。

主要アーキテクチャの新版が一度に2つも出てきました。
後でもっと調べておこう。

ハイエンドサーバのイメージとしては、
IBM=POWER
HP=Itanium
富士通=SPARC
日立=POWER
NEC=Itanium
と思ってるんだけど、間違ってないだろうか。

2010年2月 1日

誤報事件の続き

高木浩光@自宅の日記 - NHKまでもが「Winny利用が増え続けている」と誤報 いいかげんにしろ
高木浩光@自宅の日記 - ノード数水増しは不適切な設計のクローラによる不慮の事故だった
高木先生のWebサイトで以前からこの件について触れられていましたが、この度原因が分かったらしいです。
一研究室のうっかり設計のせいでニュースに取り上げられるほどのWinnyノード数増事件が発生してたとは。
故意ではないってことなので、まぁ特段これ以上の何かはないでしょうが。
とりあえずスッキリして良かったです。

2010年1月28日

iPad

【ライブ更新中】アップル社待望のタブレットPCの新名称は「iPad」 - GIGAZINE
出よった。

2010年1月26日

ラッパをしこしこと作成

マルチスレッド周りで。
Boost他は使わん・・・てか、勉強不足で使えん。
標準STLのみで済ませたい。
あと、WindowsならWin32 API、LinuxならPthreadsで。

基本的な機構としてはPthreadsの方が好きなんだけど、シグナル周りはWin32 APIがいいね。
単にシグナルの送受信だけでいくつもの関数と変数使わなきゃならんのはめんどい。

2010年1月22日

バリア同期をどうするか

Linuxならpthread_barrier_wait()すればいいだけだし、Windowsでも適当な機構組むか、pthread for win32使えばいいんだけど、子スレッドのどの箇所でバリアすべきかを悩んでる。
効率を考えないといけないが、適切な箇所を考えあぐねてて・・・参った。
こんな本質に関係ないとこで止まってちゃ仕方がないだろうに。

2010年1月15日

arrowhead

東証システム、全面刷新の真相---目次 - 東証システム、全面刷新の真相:ITpro
ヤバい。
何かこぅ、プロジェクトXを見てる気分になってくる。
しかもそれが、自分の関わろうとしてる仕事と同じ領域のプロジェクトとなると、そりゃもぅ心沸き立つってもんです。

まだ途中までしか目を通してませんが、ちょいとじっくり読んでみるつもり。

2010年1月 4日

包括契約

さて、どっちにするか。
ネットワーク経由でEnterpriseか、それともメディアを購入してUltimateか。

2009年12月18日

セブンの件

この前から色々と話題になってるセブンネットショッピング
大公開中ってよりは、単にXSSと併せてディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在するだけみたい。
冗長なUTF-8文字列の処理を適切にできてないってことで、両方の問題につながってるんでしょう。
「だけ」で済まされる問題じゃないんですが。
ディレクトリパーミッションが不適切な設定になってたとかならともかく、これを「公開している」っていうのは違うんじゃない?
あのURLを意図して踏んだなら、下手すりゃ不正アクセス・・・いゃまあギリギリ?

どっちにしろ、何でこの状態でまだサービス続けてんのか全く意味分からない。
ここまでズタボロなシステム使ってて、それをめちゃくちゃ指摘されてる状況下なら、普通の企業ならとりあえず会員の個人情報とか保護するためにサービス止めるでしょ。
この1年でまれに見る酷い対応。
叩かれても仕方がない。

・・・でも、2chの連中は面白がって公開しすぎ。
IPAとかセブンの方に連絡するならともかく(いゃ、もちろんとっくの昔に誰かが連絡してるんでしょうけども)、2chにあそこまでおおっぴらに書き込むとは。
脆弱性の存在を指摘するだけならまだしも、誰もが見れるURLを晒すなんてタチ悪すぎ。
面白けりゃ何でもええんかいな。
セブンの対応と同じぐらい、それが腹立たしい。

2009年12月15日

リカバリした

ノートのHDDをきれいにしました。
4年分のゴミがなくなると、すごく快適になりました。

圧倒的じゃないのさ。
環境の復元が面倒くさいけど。

2009年12月 8日

Googleシリーズ

Googleが「Google 日本語入力」ベータ版を公開 - スラッシュドット・ジャパン
米Google、「Google Public DNS」を公開 - スラッシュドット・ジャパン
Google、辞書サービスをひっそりと開始 - スラッシュドット・ジャパン
画像で検索できる「Google Goggles」登場 - スラッシュドット・ジャパン
Chrome OS以降、新しいサービスが続きます。

とりあえず、Google IMEは仮想マシン上のXPに入れてみました。
確かに面白いけど、このままではネットスラングの出現率が多くて、上手にフィルタかけられないとノイズで効率が上がらない。
ATOKダイレクト的な、普通の変換キーとは異なるキーを使う場合にだけネットワークから引っ張ってくる形式が丁度いい気がする。

2009年12月 4日

乗り換え、Win7

一度壊れたHDDなんて、怖すぎて当然使い続けることなんてできません。

続きを読む "乗り換え、Win7"

2009年12月 3日

HDD復活

HDDトラブルの状況から、おそらくは内部、プラッタやヘッド周りにはダメージなしと判断。
といぅのも、基板の一部から煙が立ち上っていたから。

続きを読む "HDD復活"

2009年11月30日

R4 SSD化計画 換装偏

換装方法とリカバリ領域の作成についてはまとめサイトが詳しいです。
Let'snoteテンプレ - リカバリ関連
これを参考にして、True Imageでディスクをコピー、起動ディスクからブートして、リカバリ領域の作成・・・成功。
うまくいって一安心。

続きを読む "R4 SSD化計画 換装偏"

2009年11月29日

大トラブル

電源トラブルで、同じ電源ラインに繋いでいたHDD2台が飛んだ・・・!
システムドライブとデータドライブ、未だバックアップせず・・・!

これはヤバい・・・!
大学と研究室のデータはノートに置いてるから問題ないものの、プライベートなデータがヤバい・・・!

何が致命的って、重要なメールすらバックアップしてなかったこと・・・!
就活関連のもあったのに・・・!

ノートをいじらないといけないときに、デスクトップのこのトラブルはヤバい・・・!

R4 SSD化計画 SATA-2.5"IDE変換編

といぅわけで、前回の記事で参照したサイトを参考にさせていただいて、変換基板を作成。
途中、うっかりパターンをはがしてしまったりと問題もありましたが、とりあえず完成。
半田づけ箇所がかなり多くて、非常に面倒。

続きを読む "R4 SSD化計画 SATA-2.5"IDE変換編"

2009年11月27日

R4 SSD化計画 機材選定編

この前、現在のディスクのベンチマークを取ってみました。
そしたら、もぅ絶望的な結果。
確かに遅い遅いと感じていましたが、まさかシーケンシャルリードで20MB/sそこそことは思わなかった。
断片化が激しいけど、容量が一杯一杯でもはやデフラグもままならない。
そもそも激しい使い方で長いこと使ってきたので、クラッシュも非常に怖い。

続きを読む "R4 SSD化計画 機材選定編"

2009年11月21日

Chrome OS

GoogleがChrome OSを公開 - スラッシュドット・ジャパン
出たね。
ようやく。

見た感じ、確かにブラウザが全てのシェルとなるOSって感じ。
他のインタフェースに慣れてると違和感バリバリ。
使いにくそうではないけどね。

でも、さすがにまだ全然実使用に耐えないだろう。
VMwareイメージを落とそうとしたら登録が必要っていわれてやめたので、実使用の評価はなし。

2009年11月15日

緊縮財政

次世代スパコン開発事業、限りなく予算計上見送りに近い予算縮減に - スラッシュドット・ジャパン
たまらんなぁ・・・

個人的には、富士通(=スカラ)のみで攻めることには、まぁベクトル+スカラなんて玉虫色の、最適化が難しそうな構成よりはメリットも大きいだろうとは思ってたんですが・・・まさか事実上の凍結とは。
法的拘束力がないとはいえ、影響は大きいだろうねぇ。
現時点で1位を目指さないと、完成時には10位にも入れないと思うんだけど。
圧倒的物量(この場合は演算性能)があってこそ進展する研究も多いと思うんだけどな。

まぁ、結局相手を納得させるにたる根拠、交渉能力が不足していたということで、やむを得ないのか。
でも、残念だ。。。実に残念。

2009年10月22日

Windows 7 (一般販売開始)

古田雄介のアキバPickUp!:「10年に1度クラスのお祭り」――本気の盛り上がりをみせたWindows 7深夜販売 (1/3) - ITmedia +D PC USER
世間ではWindows 7のお祭りをやっているようですね。
日本橋でも何かしてるみたいですが、まぁ傍観。
今回は仮想マシン用のライセンスも欲しいため、VLで行こうかなと考えてるので。

2009年10月21日

Magic

これぞ、アップルマジック!:Lynnfield搭載iMacと新デザインMacBook、Magicなマウスで奇襲をかけるアップル - ITmedia +D PC USER
事前情報通り、新型登場。
でも、まぁマイナーチェンジですな。
注目すべきは、Mac miniにサーバモデルが出たのと、新しいMagic Mouseってとこですか。
今までのMighty Mouseに変わって、タッチパネル操作の一部をマウスでできるようになってるようで。

2009年10月16日

えでゅぶんとぅ

箕面市が中古パソコン500台をLinuxで再生利用へ,サポーター企業を募集 - ニュース:ITpro
面白そうなことしてるやん。
この手のは会津若松が(自分の中では)目立ってたけど、広まりつつあるんかね?

・・・にしても、やっぱり慣れとファイルフォーマットの問題が大変そう。

2009年10月15日

またSeagateか

7月にRMAで帰ってきたSeagateのHDD。
またやらかしたようです。

今朝、気づいたらファイルシステムが壊れてました。
一部のファイルは無事なものの、大半が見えなくなってます。
クソったれが・・・!!

とりあえず、土曜にもう1台買って復元ツールでそっちに可能な限りのファイルを復元。
その後、ダメな方をSeagateに送り返します。
戻ってきたら、次はRAID組みます。

今回は本当に運が悪くてたまたま連続で不良品を引いただけでしょうが、これでまた1年以内に故障するようなら、いい加減擁護しきれない。
いくらサポートが良くても、品質管理に問題があったらどうしようもない。
失ったデータは戻ってこないわけですから・・・。

一番納得いかないのが、送料。
理解はできるんですが、4ヶ月で2回も故障して送料こっち負担ってのはどうにも腑に落ちない。
うーむ・・・

2009年9月30日

Haiku

そういえば、ウォッチはしてたけど書き忘れてた。
Zetaは終わっちゃったけど、Haikuの方は2週間前に初めてのαリリースがありましたね。

別にBeOSに思い入れがあるわけではないけど、まぁちょっと気にはしてたので。
VMwareで試してみたところ、まぁ一応ネットワークには。
でも、日本語が・・・せっかくHaikuなんて和な名前なんだから、日本語対応もしててくれれば嬉しかったのに・・・と、望み過ぎなことをば書いてみる。

SN

【PC Watch】 パナソニック、16時間駆動の新シリーズ「Let'snote S8/N8」 ?通常電圧版のCore 2 Duo P8700、12.1型ワイド液晶搭載
2009年PC秋モデル:新シリーズ「S」と「N」登場──"ワイド"化と"セブン"化が進むLet'snote新製品発表 - ITmedia +D PC USER

ついにきたね。
Let'sの新シリーズ、といぅよりはWとTのフルモデルチェンジ。
これまでかたくなに搭乗しなかったワイドモニタ。
驚くべきことに通常電圧版のCore 2 Duo。
久々に食指が動くものが出てきました。

きっと来春モデルあたりでRとFもモデルチェンジする気がするので、楽しみにしておきます。

2009年9月19日

青ビール

Bio_100%で、新作(?)としてaltypartyで振る舞われたという青いビールのプレゼントがありました。
ので、早速申込み、本日無事に届きました。
一緒にaltyの文字が入ったトートバッグも。

正確には発泡酒。
コップに注いでみると、色が濃くて青というよりは黒に見えてしまう。
原料には青色2号の文字。

飲んでみると舌が青くなってた。さすが。
味の方は、苦みが弱い・・・というか、全体的に味が薄い感じ。

2009年9月14日

SOTEC

しまったー!
99800円のパソコンなんてどう考えても安くしすぎた!
うっかり、してました

というCMは、今でも耳に残ってます。

オンキヨー、PCブランドも「オンキヨー」に

小学生の頃に初めて買ってもらったパソコンが、SOTECのWinbook Trim 133。

  • CPU:Pentium 133MHz

  • メインメモリ:16MB(最大48MB)

  • HDD:1.2GB

  • モニタ解像度:640×480

  • OS:Windows 95

という、当時としてもどうかなっていうスペック。
でも、それまでは親のPC-98 MS-DOSマシンやMMX Pentium Win 3.1マシンを借りていじっていた程度だったので、すごく嬉しかった記憶があります。
SOTECのブランドもなくなりますか・・・

2009年9月11日

ツクモなんば店

閉店のお知らせ。

メールが来ててびっくりした。
3月にヤマダ電機との云々があって以来、どうにかがんばってくれてたのに。

これで、梅田店の閉店と併せて大阪の地からツクモが消えてしまうという憂き目に。
西の聖地なはずなんだけどな・・・競争が厳しかったか。

2009年9月 1日

Opera 10

Opera Turbo搭載:「Opera 10」正式版リリース - ITmedia News
さっき通知がありました。
でも、ダウンロードできないぞ?(20:43時点)

後で再チェックしてみよう。

2009年8月28日

りなざう的なそうでもない何か

シャープ、A6サイズのMID「NetWalker」を発表 - スラッシュドット・ジャパン
昨日このニュースを見て、すごい惹かれました。
Win搭載Netbookには食指が動きませんでしたが、これは欲しい。
キーボードが残念なことになっているようで、コマンドを多用するだろうLinux環境ではちょっとつらいかもしれませんが、それを補って余りある実においしそうなスペック。

買いませんが。

2009年8月22日

B's Recorderが・・・

「B's Recorder」のBHAが事業停止、自己破産申請へ - ITmedia News
まいった・・・愛用してんのに。

2009年6月 8日

CUDA 2.2

それにしても、この2.2での変更は非常に大きい。
2.0→2.1のときの比じゃない。

メモリ周りがすごい。
今更ともいえるけど。

・Portable memory
非常に助かる。特にマルチGPU。

・Mapped memory (zero-copy)
相当有用なはず。
簡単な実験ではcoalescedアクセスなら完璧でした。

・Write-combined memory
・・・分からん。

2009年6月 4日

HDDから

カタカタ音。
SMARTチェックでもエラーは出ない。
でも、今にも飛びそう。メッチャ怖い。

以前買ったSeagateの1.5TBなので、とりあえずRMAで。
余裕で期間内なので、この機会にSeagateご自慢の手厚い保証を体験してみましょう。

2009年5月15日

GetVersionEx()+GetProductInfo()

【山田祥平のRe:config.sys】 石橋を叩いて渡るITエンジニアはWindows 7を信用するのか
> 本来は普通に動くはずのアプリケーションが、バージョンチェックのみにひっかかって使えないという馬鹿らしい不便
全くその通り。
ただ、それなら細かくエディション分けてややこしいことにするのもやめてもらいたかった・・・MS。

富士通の底力

富士通が世界最速 (128 GFLOPS) の CPU を開発 !
そうそう、何日か前に出てましたが、なかなかやるなと。
SPARC64へのSIMD拡張な感じですね。
やっぱり最近はどのプロセッサでもこの手の拡張を推し進める方向にあるようで。
スカラ性能がもはや伸びない以上、ベクトル的要素が再度重要視されてくるのはもはやいうまでもありませんが。

NEC+日立の京速計算機からの撤退も、この情報が伝わってたりしたのが影響してたんかなとか考えちゃいます。
そして、いよいよもって京速計算機の行く末が気になります。

2009年5月14日

-NEC

NEC、国策の次世代スパコン開発から撤退、「事業は継続」と強調:ITpro
まさに国家プロジェクトの京速計算機、日本の大手3ベンダーが関わるってことで非常に注目を浴びていましたが、その一角ベクトルコンピュータ担当のNECが外れると。
2007年に最新のSX-9を発表して未だ衰えぬHPC事業の健在さを見せつけました。
また去年は地球シミュレータのノードを同機で置き換えることにより、地球シミュレータはTSUBAMEを抜いて再度国内1位を奪還、世界ランキングでも大きく浮上する(はず)など、ベクトルコンピュータの意地を見せました。

不況の影響、嫌だねぇ。

2009年5月 6日

Windows 7 RC(入れてみた)

もちろん、64bit版。

ハードウェアは大体OKな模様。
さすがにシリアルポートの拡張ボードとPS/2&シリアル接続のタブレットは諦めましたが。
一部のデバイスに関して、手動でドライバを指定しないと認識してくれなかったぐらいです。
あとは、これに使えるキャプチャボードを買えば良し。
IO-DATAの64bit対応のやる気のなさには呆れましたが、Leadtekはなかなか頑張ってる様子。
WinFast TV2000 XP Expertとか、なかなかいい対応してるようです。

ソフトウェアは、NOD32やAlcohol 120%などをアップデートしなけりゃならんみたい。
他はまぁ土曜にでもざっと調べてみます。

これでようやくメモリを8GBにできる。
今のうちに確保しとくかな・・・そろそろ値上がりし始めてますし。

2009年4月30日

Windows 7 RC(MSDNでは本日)

どっちのエディションを買うか悩んでます。
ProfessionalかUltimateの2択なんですが、BitLockerを使うかどうかが唯一の問題。
他の差異はどうでもいいです。

・・・ビジネスノートに入るのはおそらくProfessionalなんでしょうから、常識的に考えるとProfessionalには絶対にBitLockerが入っているべきなんですが。
万一盗まれたときにHDDのデータを抜き出せないようにするための機能なんですから。

2009年4月28日

XP Mode

Virtual PCね・・・。
もうそろそろWindows 7のRCが出ますが、とりあえず入れてみますか。
今ならRAID化してないHDDが余ってますし。

2009年4月21日

Oracleか

【速報】オラクルがサンを買収(@IT) - Yahoo!ニュース
そうきたか・・・!

2009年4月14日

RAID化・・・ようやく

nvraid+dmraidで。
ついでに、ディレクトリ構成があまりに汚かったのでいっそのことクリーンインストールしようかと。

ただ、途中で危うくバックアップの/etc、/var、/homeのアーカイブを消してしまうとこでした。
てか、消しました。
オリジナルのディスクが残ってたのでセーフ。

さて・・・結構面倒ぞ。

2009年4月 1日

今年度は

GPUを用いた統合的な射撃分析システムの構築にしよう

2009年3月18日

IBMがSunを食う?

IBMがSun Microsystemsの買収交渉を開始との報道 - スラッシュドット・ジャパン
これは・・・衝撃的な!!
確かにSunは弱ってますが、それでもSPARC、Solaris、Javaなどなど・・・非常に重要なものを生み出し続けてきました。
あっちでもいわれてますが、IBMにはPOWERがありますし、SPARCはどうなることやら。
それと、Solarisも気になります。x86版はSystem xなどで残るでしょうが。
注目です。

2009年3月 7日

妊娠

GREENHOUSEの19インチモニタを使ってます。
卒研発表の1週間ぐらい前からゆっくりと点滅する症状が発生し、非常にストレスを感じていました。

そして、札幌から帰ってきて(保証期間を過ぎてたので)開けてみると、コンデンサが2個噴いてました。
調べてみると、同じくコンデンサの妊娠報告が目立つe-yamaの19インチと電源回路がほぼ同一の模様。
実際、問題のコンデンサ2個の箇所はどちらも、以下のページで報告されているものと同じでした。
そこで日本橋でコンデンサを買ってきて付け替えてみると、全く問題なく直りました。

http://homepage3.nifty.com/namy/19ac1/
http://satoshi.web5.jp/pc/repair.htm
http://www.geocities.jp/elnyan3/miya/19ac1/index.html
http://www.officeonoue.com/blog/31
http://hanapocket.naturum.ne.jp/e570589.html

まぁ良かったんですが、これ・・・確実に欠陥品だろ。
今後は、モニタのように長く使うものは、せめて最低ランクより1、2ランク上のものにします。
Acerとかe-yamaとかGREENHOUSEとか、安かろう悪かろうですねやっぱり。

2009年3月 1日

雪の札幌

は、溶けかかってました。
せっかくだから雪祭りの時期に行きたかった。
でも、ジンギスカンはうまかったです。
GPUの話は・・・こういっちゃ何ですが、あまり目新しい話はなかった。
むしろ、アーキテクチャ系の方で面白そうなものがあったぐらいですね。

Bio_100% MUSIC CD BOX

MUSIC CD BOX プレゼント祭!

今更ながら、開始直後にささっと応募して、先月下旬にCDもらえました。
てか、今810名対象にこんなことしても、抽選するほど応募ないだろうに。
とっくの昔に活動やめたような状態で長年(もう10年ぐらいになるのかな?)旧サイトを放置。
去年の夏頃突如復活して、今年に入ってのこのイベント。
旧来のファンでも気づかんでしょうよ。

まぁ、届いてみるとなかなか嬉しいものではありました。
周りに知ってるヤツがいれば引き込んでみるものを・・・いないんだよね。

2009年1月31日

Google

やっちまったな・・・

2009年1月29日

だから、type GとかSS RXとか

2009年PC春モデル:HDDとメモリが強化された春モデル──Let'snote新モデル発表 - ITmedia +D PC USER
Let's使いの落胆の声が聞こえてくるようで。
R/W/T5あたりまでは、他者で同等の携帯性、バッテリー持続時間、頑強さを持ったモデルがほとんどなかったためにLet's noteの天下でしたが、最近はSONYと東芝がかなりやってくれてますから。

ライバル機が増えてしまって差別化も難しい現状。
本当なら打って出ないといけないと思うんですが、これでは・・・不況で予算が付かんかったんかね?
マイナーチェンジとはいっても、あんまりですわ。
だって、HDDとメモリの容量増加だけですぜ・・・?

しかも、相変わらずの20万超・・・ライバル機と比べると、性能の割に高すぎる。
まぁ、実売価格はじきに下がってくるはずですが。

あと2年、院を出るまでにこれはといえるLet'sの新機軸を打ち出してもらわないと、いい加減パナを見限るかもしれん。
ただ、あのタッチパッドはかなり好きなんですよね・・・。

2009年1月26日

Qimonda

NIKKEI NET(日経ネット):欧州 ニュース ?EUや欧州関連のニュースを速報
チキンレースの脱落者・・・DDR2は安すぎる。

2009年1月16日

Let's IDE-SSD

IDE-SSDの高速モデルが月末発売、ライト70MB/sで256GBモデルも
キタ!
Let's note R4のHDDをいい加減取り替えたいと思い続けて早数ヶ月。
こいつの64GBモデルぐらいにメチャ興味がある。
Transcendは失敗報告があるし、こいつにプチフリーズ報告がなければ間違いなく早晩乗り換えますね。

R4をあと2年は使うためにも、できればバッテリー交換もしたい。
もう47%も消耗してるから、無線LANオフ/CPU周波数600MHz固定/液晶輝度低めで使ってても2?3時間、普通に使ってると1時間も保たなくなってるんで、かなりつらいんですけど・・・高いしね。

2009年1月 8日

Phenom II

北森瓦版 - Phenom II X4 940 / 920が正式発表される
期待。
超期待。

応援してます。

type P

ソニー初のAtomマシンが登場:これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(前編) (1/4) - ITmedia +D PC USER
そう、type T、type Gも好きなんですが、久々に素晴らしいものを見た気がします。
12月に封筒の写真で何かを匂わせて以来、CESでババンと衝撃的な発表、まるでMacBook Air。
ネットブックには全然興味なかったんですが、準ネットブック的なものとして、面白そう。
買う気はありませんが、ちょっと興味はある。

2009年1月 5日

これだから

北森瓦版 - ASRockのAMD 45nm CPU対応マザーのリスト
これだから・・・


大好きだわ、ホントにw

2008年12月28日

ffdshowの罠

えぇ、昨日はOpenMG Secure Moduleのせいだと書きましたが、違ったようです。
あの後、変換後のファイルを聴いてみたところ、聴けたもんじゃない状態に。
酷いノイズと音割れ、その上モノラル状態。
耳が痛くなってしまう。

で、これはもしかしてコーデックのせいか?と思ったので、調査。
気づかぬ間に、MP3がffdshowに割り当てられていたので解除してみると・・・いけました。
全く問題なし。

いゃー、やっぱりいらんもんは入れちゃダメですね。
正直面倒なんでffdshowを入れてたんですけども、多少は自分で設定しないといけないということを学習しました。

2008年12月27日

OpenMG Secure Moduleの罠

BeatJamを2008~2009に上げてから、Net MDへの転送ができなくて困ってました。
PanasonicのSJ-MR250、SonyのMZ-N920ともに全く同じ症状が発生したので、デバイス側の問題ではないと判断。
ただ、時間をかける気が起きなかったので今まで放置。
そして、数ヶ月の放置の後に今日ようやく調べた結果、どうにか解消。

まず、転送ができないのではなくてそもそもOpenMG形式のファイルへの変換ができていなかった模様。
こいつは、変換時のオプションで「変換した曲を著作権保護する」ことで解決できました。

さらに、変換ができても転送が95%で停止してしまうという現象も発生。
これは、BeatJamのアップデートと同時に更新されるOpenMG Secure Module(2008以降では5.0.00、2007以前は知らない)を、Justsystemのサポートページからダウンロードできる実行ファイルを解凍して得られる4.3.00へとダウングレードすることで解決。
同時に、前述のオプションをつけなくても変換できるようになりました。

こんな症状が出ていたのは自分だけなのか・・・ともかく、今後はBeatJamのアップデート後には必ずOpenMG Secure Moduleのバージョンを下げるようにしないと。
あと、BeatJamの名誉のために書いておくと、Sonic Stageでもほぼ同じ症状(変換はできるが、転送が95%で止まる)がでていたので、やはりフロントエンドの問題ではなくOpenMG Secure Moduleの問題でしょう。

2008年12月23日

謎仕様

んー・・・やっぱり、せっかくのPCI Expressの特徴を、全然生かせていないと思うわけですよ。
デバイス毎にレーンが完全に分かれているために並行にデータ転送ができるとか、全二重であるために1つのデバイスとホスト間でも同じく上り下りを並行に転送できるとかいった利点を。
これじゃ、実態としてPCIのような共有バスと変わんない。

ドライバの実装に文句言ってても仕方ないんですが。

そして、例によってつまんないところで何時間も引っかかってました。
これさえ完成すれば、あとは・・・ってとこなのに。

でも、解決したのでまあ良かったです。

2008年11月28日

GDIの行く末

ついにGDIがレガシーサポートになるWindows 7
Windows 3.0以来十数年の歴史を持つGDIですが、ようやく20年目まであと少しとなる2010年でついに決別の時を迎えるわけです。
なくなるわけではないとはいえ、なかなかどうして感慨深いものが。

Vista以降、本当に描画、サウンド、マルチメディア関連が大きく変化しましたね。
Vistaへの乗り換えタイミングを逃して以来のWindows 7のようやくの登場が楽しみだ。
もう完全にVistaは素通りモードですから。

2008年11月18日

ああ、Transmeta

Transmeta、半導体企業へ身売り - ITmedia News
ちょっと悲しい。。。

USB 3.0

「USB 3.0」規格が完成――推進団体が発表 - ITmedia News
ようやっと・・・内部バスに近いバンド幅になってきました。

i7 登場

スラッシュドット・ジャパン | Intel、新CPU「Core i7」を発売
そういや、すっかりこのことを忘れてました。
結構お祭り騒ぎだったみたいなのに。

まぁー・・・最低あと1年は乗り換えないなぁ、5月にQ9450へと乗り換えたとこだし、金もないし。
ただ、1年後は分からないです。やっぱり1年半?2年周期ぐらいでCPU乗り換えてきましたし。
ただ、その頃になるとWindows 7が出そうな感じ(MSの予定通りなら)なので、もし乗り換えるならマザーボードと一緒にDSP版買うために、しっかりと金を貯めとかないと。
メモリもセットで買い換えないといけないですし、10万コースだね・・・。

2008年11月11日

BM

スラッシュドット・ジャパン | ブラッディ・マンデイの端末から見えるのは
そうそう、第1回をちょっと見たときからずっとこりゃよぅやるわって思ってたんですよ。
そのときのシーンは/var/log/messagesあたりからsmbd(だったと思う)に関するものを引っ張ってきてプリントアウトして見せてたシーン。
ちらっとだけだったのでよく覚えてないですが。

少なくとも、何やらよく分からない3Dっぽい半透明のウィンドウがたくさん表示されて「ERROR」とか「Warning!」とか表示するようなものよりも、よっぽど好感持てました。
ちょっとベクトルは違いますが、人間様の作ったコンピュータウイルスが飛来した宇宙船のコンピュータに感染して云々で解決、なんてどこぞの映画みたいなのはあんまりですもん。・・・いゃ、面白かったのは認めますが。

あと、長門のアレがそうだったってのは始めて知りました。
さすが。

2008年11月 4日

Theora

ロイヤルティフリーの動画コーデック「Theora 1.0」公開
音声用のVorbisやFLACよりもマイナーな気がします。
でも、これでOgg Theora+Vorbis/FLACなファイルがもっと広まりそう。

ところで・・・speexとかいぅのがあるってことを、調べて初めて知りました。

i7

きたね、Core i7。
レビュー記事もあちこちで。
でも、今は手持ちのQ9450が快調なので全く換える気はしません。
マザーとメモリを総入れ替えってのも、金銭的に不可能ですし。

AMDの方も次が見えてきてることで、ようやく次の世代の戦いが近づいてます。
・・・明らかに、このままではAMDが負けそうな感じですが。

2008年10月23日

?Delphi 2009

今の今までCodeGearがエンバカデロに買収されたことを知りませんでした。
Borlandから分社して以来の動きをさっぱり追ってなかった。

やっぱり、何でも情報を追っかけるのは重要ですな。
でないと取り残される。

2008年10月18日

CS専用アクセラレータ

NVIDIA、「Photoshop CS4」に最適化したグラフィックカード
「Quadro CX」
まさか専用のカードを出してくるとは思わんかった。
見たところQuadro FX 5600あたりをちょこっと変えたカードなのかな。
DVIを1つDisplay Portに変更したとか。

2008年10月15日

なな

コードネームそのまま――「Windows 7」、正式名称に決定 - ITmedia News
そういや、こっちの記事の紹介を忘れてた。

Vistaに乗り換える前に来そう。
せっかく、VistaはBetaもRC1も試したってのに、結局乗り換えずじまいになんのかいな・・・。

新MacBook

GPUは内蔵/外付け切り替え可能:アップル、新アルミボディにMini DisplayPort搭載の「MacBook Pro」 - ITmedia +D PC USER
来たねぇ・・・案の定、MacBook Airとデザインを合わせてきました。
どっちにしろ、購入の対象にはなりませんが。

現地リポート:MacBookファミリーの新製品群を一挙公開――アップルスペシャルイベント - ITmedia +D PC USER
・・・ハゲが、進行してきておる。

2008年10月 8日

AMD ファウンダリ設立へ

AMDが製造部門を分離。巨額の投資を受け入れ
AMDはファブレスに向かう?製造部門を分離する生き残り戦略
スラッシュドット・ジャパン | AMD、製造部分を別会社として分離
前々からうっすらと噂が出てきてましたが、ここに来てついに・・・!
ちょっと残念な気がしますが、これを機にどうにか回復して、独自の道を歩んで欲しい。
願わくば、次々世代あたりでAMDのCPUへと乗り換えられるように。

2008年10月 3日

確保っ!

三菱化学、3.5インチFDの販売終了を発表
そろそろストックを確保しておく時期に入ったのかもしれない。
まだまだ大丈夫でしょうけども、いざとなったときにないのは困る・・・かも。

たまーーーーーーに使うんよね。

2008年9月26日

R8/T8/W8/F8 w/o Y8

パナソニック、Centrino2に刷新した「Let'snote R/T/W」
ようやく、久々の完全な新型機。
R8やW8はちょっと欲しくなりますし、F8も買う気はないけど面白そう。
注目点は、R8でSO-DIMMが使えるようになった点と、バッテリー駆動時間が延びた点、そしてIEEE 802.11nにドラフト対応した点。
バッテリーはもう少し。

この方向で進化していってもらいたい。

2008年9月18日

決めた、G92

T/O

・・・では分からないので、
GeForce 8800 GTS(G92)を買うことに決めました。

GT200のミドルレンジの話が聞こえてこない、これでは卒論に全く間に合わない。
ってことで、諦めてCompute Capability 1.1は満たしている、SP数3桁、とかいったあたりでこれに。
これでやっと研究用のプログラムを家で書いて検証できる。

勇み足で日本橋に向かいたいところなわけではありますが、明日は台風・・・怪しい、大丈夫かな。

2008年7月 7日

AMD ATIの逆襲

数年ぶりの(とはいっても当時はATIでしたが)AMDの逆襲。
Radeon HD 4870が登場して、一瞬でGeForce GTX 200シリーズが霞んでしまいました。
今や9800 GTXなどは投げ売りの状態ですが、そんなNVIDIAの株価をちらっと見て衝撃。

NVDA: Basic Chart for NVIDIA CORP - Yahoo! Finance

これは笑える。

CUDAの研究をしようとしている身としてはなかなか笑えませんが、いつものパターンからすると一瞬の風な気がします。
総じてAMDはIntelに対して、旧ATIはNVIDIAに対してマーケティングが下手くそすぎると思うので。
今回に関しては、NVIDIAのRadeon HD 4800シリーズへの対抗策はあまりに下策としか言い様が無いとは思いますが。

2008年6月26日

Matrox Mシリーズ

Matrox、新ビデオカード「Matrox M-Series」を発表
的がAero対応とか。

そして的スレの賑わい具合。
IYHな人が出ることは間違いない。てか、今見たらそんなレスがあった。
今となってはS3以上にニッチなところがあるように感じられるのに、さすが愛されてる。

まぁ、買うのは的信者とかでしょうが。

2008年5月15日

IBM Cell

Cell B.E.の倍精度浮動小数点数演算の遅さを改良、Cellの実力を発揮させてHPC用途に役立てる製品。
PS3クラスタを作ってた方がいましたが、これなら役立つ・・・かも。

InfiniBandでの接続も可能なため、クラスタ化にも向いているのでは?
Powerアーキテクチャなために、開発に慣れている人も多いでしょうし。

2008年5月 5日

ストレステスト中

Prime95で。

定格から1.175Vまで電圧を下げると片方のダイの2つのコアでエラーが出る。
ので、1.200Vでテストしてます。

Q9450は安くはなかったですが、まぁ自己満足。

個人的には、FSB400×6=3.2GHz/1.2Vで常用できればいいなと思っていますが、OCに関しては、たとえしたとしてもライトOC派なので、そこまでしない気がします。
とはいっても、たかだか20%なのでそれでもライトの範疇には入るんじゃないかと思ってますが。

2008年4月15日

vi再び

やっぱviは必須の模様。

え~・・・。

2008年4月11日

ヘネパタ

ようやく買った。
原著の方にしようかとも思ったけど、本屋に置いてなかったので邦訳版を。

作る方に回るとは思わないですが、やっぱり計算機アーキテクチャぐらいは授業範囲外のこともある程度押さえときたいです。

2008年4月10日

液冷の拡大

IBM Moves to Liquid Cooling for Latest Supercomputer
最近の省エネ傾向とかを加味してのことでしょうか。
POWER6ではPOWER5と同程度の消費電力に抑えられているとのことではありますが。

どっちにしろ、近年のデータセンター全体での消費電力の増大について、仮想化によるサーバ統合などのソリューションを(サーバ管理の負担軽減などの点からも)提示しているIBMのこと、顧客からの要望も多いのでしょうね。

2008年4月 1日

ポインタ(笑)

C/C++のポインタの機能--変数の場所(アドレス) - builder by ZDNet Japan
さぁ。
間違い探しを。

笑てまうわ。

続きを読む "ポインタ(笑)"

2008年3月28日

Phenomとか

PINUPS - 上田新聞 blog版: B3ステッピングのPhenom X4シリーズなどが発表
今更ですが。
しかし・・・ホントようやくですね。
価格的にも対抗できそうな気配ですし、C2D/C2Qは超品薄ですし、ここで挽回せねばってとこでしょう。

2008年3月27日

BDドライブ

各社Blu-rayドライブが値下がり、6倍速3万円割れも
下がってきました・・・あと1~2年以内には買えそう。
その前にモニタを新調しないとですが。

2008年3月14日

「自作」ケース

概形はできてきた。
最小のATXケースを目指すプロジェクト。

要件は以下の通り。

  • 可能な限り小さくする

  • ATXマザーが使える

  • 光学ドライブ×1、FDD×1、HDD×1を搭載可

  • 可能な限り外にネジは見せない

以上の条件を満たすための妥協点。

  • 光学ドライブは12.7mmのスリムドライブ

  • 電源は220W

  • 冷却性と静音性に期待してはいけない

いつになったら完成するやら。

2008年3月 5日

780G

多和田新也のニューアイテム診断室AMDのプラットフォーム戦略第2弾「AMD 780G」
ガチガチの鉄板でしょう。

2008年3月 3日

Atom

インテル、Silverthorneの正式名称を「Atom」に決定
期待。
WILLCOMが搭載端末を発表しましたし、展開がどうなるか。

2008年2月21日

Netscapeの終焉

Netscape、最後のアップグレード
・・・かつては圧倒的なシェアを誇ったものの、IEのWindowsへのバンドルによってその戦況を一気に塗り替えられた悲劇のブラウザ。
ダウンロードだけしときますか。

2008年2月20日

アカデミックどころじゃない

Microsoft、学生に開発ツールを無償提供
これは・・・!!
うれしい。
Express Editionじゃなくて、Professional Editionをタダで使えるなんて。

2008年2月14日

マカー

MacBook Airレビュー前編:MacBook Airから見える新しい風景
・・・こんなの書くからマカーが色々いわれるんじゃないかな。

2008年2月 9日

XP Pro 64bit OEM

【Microsoft 】Windows XP Professional x64 Edition新品未開封 英語OEM版
これ・・・アウトじゃね?
いゃ、売る方は問題ないのかもしれんけど、売り方が

> 168ピンSDRAM64MBメモリ
> 1枚(バルク品)とのセット販売

にも関わらず、まぁ64bit版ということで当然

> 64ビット対応のCPUが必要です。
> ご使用機器のCPU対応の確認をお願いいたします。

って訳なんですが・・・x86_64のCPU(またはそれに対応してるM/B)でSDRAM使えるヤツはないはず。

これ、一緒に使わせる気ないやん。
もしくは、一緒に買ってSDRAMはポイしてねってのと同義じゃんね。
そりゃバレんだろうけども。

一応、MSサイトのDSP版についての記述のあるページ
> この形態で販売されている Windows XP を利用するには、一緒に購入したハードウェアと共に使用しなければなりません。

2008年1月28日

Isaiah

VIAがC7からすぼんでいくのかな・・・と思いきや、次期CPU「Isaiah」について発表。
Out-of-Order実行など、トレンドを抑えつつもシングルコアと、なかなか興味深い。
性能や省電力性については非常に気になりますが、かなり応援してます。

2008年1月25日

Lenovo/IBM

Lenovo、世界サーバ市場へ。IBMとライセンス契約
IBMがPC部門をLenovoに身売りして早数年。
Lenovoはサーバ市場にも進出しようとしていると。

IBMも、圧倒的なシェアを誇る主力のサーバから手を引くわけはないですが、さてどうなるのか。

2008年1月22日

SPARC64の行方

富士通、LSI事業を分社化
日本の誇れるSPARC64は継続されるんでしょうか。
日本の半導体産業は・・・

富士通、HDD分社検討 他社との事業統合・売却も
日立に続いて。

2008年1月21日

まぁ深夜販売

19日に新型Core 2 Duoが深夜販売されましたね。
さて、初物には手を出さないと考えているとは言え、やはりE6400と比べると欲しくなるE8400。
待ちに入ったら在庫切れでしばらく入手が難しくなる予感もしますが、とりあえず待ち。

しかし・・・どこの秋葉の店舗も大盤振る舞い。

2008年1月16日

MacBook Air

で、結局昨晩はMacBook Airのページとか見て回っててなかなか眠れず。
アクセス過多なのかApple(Store)のページになかなかアクセスできなくなった時点で就寝。

個人的な評価


・薄さ:封筒から出すとかもぅね
・アルミボディ:iPod nanoとか最近のApple製品に見られるようなスタイリッシュな
・I/Oドア:こだわってる
・マルチタッチ:あのジェスチャーは面白かった
・IEEE802.11n&Bluetooth:11nはドラフトでちょっと怖いけど、まぁ良し
×
・バッテリー:5時間じゃ・・・
・サイズ:せめて12インチに納めて欲しかった
・値段:日本円にして22万超(アカデミックでも21万超)・・・MacBook Proの存在を考えるとちょっと

総合的に、バッテリーとサイズ(面積ね)が自分の使い方にとっては致命的で、購入の選択肢には至りません。
メモリがオンボードで拡張性がないとか、HDDを選択の場合に1.8インチではアクセスが遅いだろうとか、色々と不安要素もありますが、それにしても上記の欠点さえなければ、現在のLet's note R4からの乗り換え先として検討しても良かったんですが。
ただ、製品としては素晴らしいと思います。
これは・・・値段が気になりますが、かなり売れるような気が。

Macworld 2008 その2

Apple Storeが更新中。
MacBook Airを予約開始するための作業でしょうか。

2008年1月15日

Macworld 2008

早く速報が知りたい。

続きを読む "Macworld 2008"

2008年1月 8日

Yorkfield Wolfdale

Intel 45nmプロセスの新製品をアナウンス
買わないと。

2007年12月28日

乗り換え概ね終了?

CentOSへの乗り換えもだいたい終えた感じ。
不必要なものは切ったのでスッキリしました。

以下、ちょっとした障害
lm_sensorsが2.10.0-3.1になってk8tempを必要とするようになったので、sensorsで情報を取得しようとすると"General parce error"と怒られるようになってしまいました。
結果として、以下の情報を参考にしてATrpmsからlibsensors3とlm_sensors-2.10.5-52をインストール。
どうにか情報を得られるようになりました。

0002499: lm_sensors report "General parse error" on AMD K8 CPU - CentOS Bug Tracker
[CentOS] Re: 5.0--> 5.1 lm_sensors "General Parse Error"

後は・・・Apacheかな。
Berylはどうしたものか。

続きを読む "乗り換え概ね終了?"

2007年12月14日

VS2008

マイクロソフト、「Visual Studio 2008」の日本語版が完成
そろそろ追ってかないと・・・VBに至っては、Returnが追加されてたことすら最近まで知りませんでしたから。

2007年11月30日

MRAM

NEC、世界最高速250MHz駆動のSRAM互換MRAMを開発
不揮発性で高速なRAMが使えたら・・・Freescaleが量産してるとか聞きましたが、これでさらに広まってくれれば。

2007年11月28日

早いメモリ

Rambus Aims for Terabyte-Per-Second Memory Bandwidth
Rambusといえば、DRDRAMとかXDR DRAMなど、高速だったり低レイテンシだったりと、独自の技術を培っていっている印象があります。

ああ、そんなの

Segmentation faultの原因は変数の初期化忘れでした。
アホ。

2007年11月21日

Phenom登場

“ネイティブ?”と挑発するクアッドコア「Phenom」登場
現状、明らかにPenrynに負けてる状態では、ネイティブとかいっても遠吠えにしか・・・

もっと性能が伸びてくれば期待できるんですが。
AMD好きなのでがんばってもらいたい。

再圧縮・アナログ変換でも消えない動画用電子透かし、KDDI研が開発
原理は分かりませんが面白い。

2007年11月19日

SunDell

サン、デルのサーバにSolarisを提供へ
SunとDellが・・・!

2007年11月12日

Penryn発表

Intel、45nmプロセッサ「Penryn」発表
最近出してないIT関連の。
Wolfdale出てきたら載せ換えますかね。

2007年11月 9日

8かい

さて・・・冬休み中に何としても入れ替えないと。

CentOSかDebian、FreeBSDかな。

2007年10月27日

レオ

そういやLeopard出ましたね。
Mac欲しい・・・。

SX-9

1コアで102GFLOPS NEC「SX-9」発表
どうにか国産勢にはがんばってもらいたいです、富士通とか日立も含めて。
これからも京速計算機が待っていますし。

2007年10月10日

640GB

640GB PCI Express Flash Drive Costs $19,000
すごいけど・・・すごいけど。

2007年10月 3日

Photoshop Express

【Adobe MAX 2007 Vol.2】やっぱりSaaS版が出た!「Photoshop Express」
何ともはや・・・面白い時代になりましたが、SaaSは一過性にはならないんですかね。

2007年9月28日

Let's x7・・・

ついにファンレス断念──“Santa Rosa”を全面採用したLet'snote新モデル発表

あーあ・・・残念でなりません。
他者もモバイル性やバッテリーの保ち、堅牢性などで追いついてきた部分があったので、こうなればLet'snoteを選択する理由がありません。

dynabook SS RXとか、VAIO type Tあたりの方が、今の自分にとっては魅力があったり。
まぁ、とりあえず在学中は今のままR4で通しますが。

2007年9月19日

K10の逆襲にむけて

AMD、次期CPU「Phenom」にトリプルコア製品を追加
半端とは思いますが・・・まぁおもろいっちゃおもろい。

2007年9月12日

FFFTP 1.94

http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html

すばらしいバージョンアップです。

2007年8月31日

Bercelona待ち

AMD、Intelに対する訴訟について説明
ただ、現在のCore 2 Duoの優勢は否定できない事実なので、Barcelonaに期待したいです。
“Barcelona”は来週出荷開始、Phenomは今年末
いよいよのようですし。

S3のDirectX 10対応GPUは今年末
NVIDIA、AMDATiに対抗できかは・・・はてさて。

Microsoft、Windows Vista SP1を2008年第1四半期リリースへ
リークされて出てきた感じですね。
よぅやくVista導入できますかね。

2007年8月29日

35s heap sort

H001 LBL H
H002 INPUT A
H003 INPUT B
H004 RCL- A
H005 2
H006 INT÷
H007 STO K
H008 x<0?
H009 GTO H035
H010 RCL+ A
H011 STO M
H012 STO J
H013 RCL+ K
H014 STO I
H015 RCL(J)
H016 STO X
H017 x<>y
H018 RCL B
H019 x<y?
H020 GTO H026
H021 XEQ H073
H022 x≧y?
H023 GTO H026
H024 XEQ H092
H025 GTO H018
H026 RCL M
H027 STO J
H028 RCL X
H029 STO(J)
H030 RCL K
H031 1
H032 -
H033 STO K
H034 GTO H008
H035 RCL B
H036 1
H037 -
H038 STO K
H039 RCL A
H040 x>y?
H041 RTN
H042 STO M
H043 STO I
H044 x<>y
H045 1
H046 +
H047 STO J
H048 RCL(J)
H049 STO X
H050 RCL(I)
H051 STO(J)
H052 R↑
H053 1
H054 +
H055 STO I
H056 RCL K
H057 x<y?
H058 GTO H064
H059 XEQ H073
H060 x≧y?
H061 GTO H064
H062 XEQ H092
H063 GTO H056
H064 RCL M
H065 STO J
H066 RCL X
H067 STO(J)
H068 RCL K
H069 1
H070 -
H071 STO K
H072 GTO H039
H073 x>y?
H074 GTO H077
H075 RCL(I)
H076 GTO H088
H077 1
H078 RCL+ I
H079 STO J
H080 RCL(J)
H081 RCL(I)
H082 x≧y?
H083 GTO H088
H084 R↓
H085 x<>y
H086 STO I
H087 GTO H089
H088 RCL I
H089 x<>y
H090 RCL X
H091 RTN
H092 x<>y
H093 RCL M
H094 STO J
H095 R↓
H096 STO(J)
H097 R↓
H098 x<>y
H099 STO M
H100 2
H101 ×
H102 RCL- A
H103 STO I
H104 RTN

ヒープソート。
最適化?そんなのシラネ。
HP Forumのインサーションソートより、1分程度縮められた気がするのでまぁ良しとします。
サブルーチンにラベル振らないのは、単にケチだから。
A~Zまでしかない貴重なラベルを1つのプログラム内でいくつも消費するなんて・・・!

2007年8月27日

OC合戦GA

http://www.4gamer.net/index.html
楽しそうなことを・・・もったいない。

2007年8月26日

Indirect registers

I001 LBL I
I002 SF 10
I003 INPUT A
I004 INPUT B
I005 800
I006 x<y?
I007 GTO I033
I008 x<>y
I009 RCL A
I010 x<0?
I011 GTO I031
I012 x>y?
I013 GTO I035
I014 x<>y
I015 1000
I016 ÷
I017 +
I018 STO I
I019 M=0→IN,1→OUT
I020 INPUT M
I021 RCL M
I022 x≠0?
I023 GTO I027
I024 INPUT X
I025 STO(I)
I026 GTO I028
I027 VIEW(I)
I028 ISG I
I029 GTO I021
I030 GTO I036
I031 TOO SMALL A
I032 GTO I036
I033 TOO LARGE B
I034 GTO I036
I035 INVALID RANGE
I036 CF 10
I037 RTN

さすがに手で一々インデックス指定していては手間なので、間接レジスタの入出力ルーチンを作成。
ISGの練習ともいう。

2007年8月25日

HP 35sバグ

HP Museumのフォーラムにて、バグがまとめられてますが。

INPUT (I)は・・・何とも。
まぁ何とでもなりますが。

cosのはバグなのかどうか。。。
その他諸々、なかなかに問題のある製品なようで。
一度回収されたのも、cosmetic issuesらしいですし、中身には手を入れてないでしょう。

Fixされたバージョンが出るかどうか。
出たらまた買っちゃう気が・・・いゃいゃ、オチツケ。
今、Julyさんで出てる分(500超の入荷予定なのに、2日で残り300個を切るまでに。人気過ぎ)は、当然変化なしでしょうが。

さて・・・暇ならソートでも。
何人か作ってる方がいるようですが、それはそれとして。

2007年8月24日

24in

ぐらいは・・・次欲しいね。

2007年8月20日

慣れてないながらも

作ってみたのがコレ。
まぁ、基本中の基本みたいなもんですし。

E001 LBL E
E002 INPUT M
E003 INPUT N
E004 RCL M
E005 RCL N
E006 x≠0?
E007 GTO E010
E008 x<>y
E009 RTN
E010 RMDR
E011 x≠0?
E012 GTO E015
E013 RCL N
E014 RTN
E015 RCL N
E016 STO M
E017 x<>y
E018 STO N
E019 GTO E010

もっとスタックの利用効率のいい方法もありそう。
何も考えず、適当に変数からホイホイ出してるだけですし。

2007年8月 8日

VMware Fusion

米ヴイエムウェア、「VMware Fusion」を正式リリース
キタよ。
Mac持ってないので試すも何もないんですが、DirectXへの対応度がWindowsやLinux版のVMwareよりは高い(正式対応だっけ?)はずなので、ちょっと期待。

・・・していたら、さすがに8.1ですか。
9.0cはまだ無理ですかそうですか。

2007年8月 6日

HP 35s その3

届いた。
発送されてからはすぐでした。
Samson Cables、いい仕事。
商品代$59.99+輸送費$35は、明らかにJuly価格よりも高かったんですが、Julyさんの入荷は待ちきれませんでした。

第一印象は、買って良かった。
デカいかなと思ってましたが、ギリギリ許容範囲内。
グラフ電卓とかと比べたら全然マシ。

20070805_01.jpg
20070805_02.jpg
20070805_03.jpg
20070805_04.jpg
20070805_05.jpg

で、次にマニュアル分厚い・・・やっぱり。
K&Rとプログラム書法の間に挟んでみる。
その中間ぐらいの厚み。
電卓のマニュアルとは思えんですよ。

20070805_06.jpg
20070805_07.jpg

使用感は、これから思いついたらレポする・・・かもしれません。
まずは使い方をある程度覚えないと。
もちろん、HPの電卓買ったからにはRPNで使います。
それはいいんですが、その他の機能、特にSolverとプログラムについて。

で、独特のボタンとはこのことですか。
これなら、ゴムのボタンなどと違って確実に押下したことが分かりますな。
悪くない感じ。

あとは8日にレポートを出して、完全に夏休み突入ですよ。
のまのま

2007年8月 4日

サムスン

Blackout Halts NAND Chip Production Lines at Samsung's Main Plant
ちょ・・・ちょっと!?
これは影響大じゃないですか?

2007年8月 2日

改造とかね

もはや何を勉強していいのかよく分からない。
決して完璧ってわけじゃないですが、どうも・・・ね。

テストは今日終わりました。

で、ふと思いついて、昔作って配布してたソフトについて、今どうなってるのか久しぶりに調べてみる。
思わぬところで思わぬ反応があったりして面白い。
VB6製のソフトで、もはや完全放置ですが。

さて・・・オートマトンについてもっかいさらっときますか。

2007年7月31日

シェル作成

で、ググってくる者がいる模様・・・まさかね。

今ならもっとマシなものができると思うですよ。
あの当時は(といっても1年前ですが)、パイプすらきちんと理解してなかった。
コンソールからの入力かどうかを判定するとか、細々とした(不要な)ところは色々と処理してた気はしますが。

今は、ただひたすらに情報と知識を吸収したい欲求が。
5万円分技術書に使えといわれたら、喜んで使ってしまいますよ。

2007年7月22日

ソフトウェアを導入する際に腹が立つ5つのこと

ソフトウェアを導入する際に腹が立つ5つのこと。

1.インストール先が変更できない
自分のインストールしたソフトを把握しておくため、Program Files以下でもジャンル毎にインストール先を分けてます。
で、それが勝手に会社名のフォルダ以下にインストールされたりすると把握しづらくて。

2.勝手に関連づけを変更する
*.cはEmEditorで開きたいってのに、やたらと起動が重いソフトに関連づけされたりするともぅ最悪。
手動で戻すのめんどいって。

3.勝手にショートカットを作成する
使わないし汚くなる。どうせ消すか放置です。デスクトップは最悪。
スタートアップとかだとなお悪い。スタートアップならまだしも↓

4.勝手にレジストリで自動起動を設定する
msconfigとか窓の手で設定外せと?
無駄なリソースを消費するんじゃない。
自動起動が必要なら、その必要性をインストール時に説明して欲しい。

5.設定をレジストリに保存する
設定のバックアップが面倒なんだって。
バックアップ用ツールがあるならまだしも、色々と自分好みに設定したものが、Windowsの再インストールで消えてしまうのは何とも・・・
てか、設定ファイルの保存場所、ソフト毎にバラバラ過ぎです。

要するに、システムに対する変更は全てユーザーに把握させて欲しい、またはコントロールさせて欲しいといぅことです。

2007年7月15日

そういや21になったんだった

マイクロドライプリンタのいいところ?
そりゃあ金とか銀がプリントできるところに決まってますよ。
ウチのは潰れちゃいましたが。

2007年7月10日

22000

Athlon 64 X2 6000+が22k割れとか・・・買い時過ぎる。
買わんけど、もし今新調するのなら、Core 2 Duoとか見向きもせずに突っ込む気がする。

最近だと、CAPTCHA突破に成功?とか、面白い記事も多い。
しかしエスタロンモカ。

2007年6月26日

しないとかいいながら

下準備の後、Snapshotとってportupgrade -aP放置中。

特に意味はない気もするけど・・・面倒なだけで。

2007年6月22日

cursesでチャットクライアント

で、課題のプログラムの基本的なところはできました。
CursesライブラリでEmacs風キーバインドとともに。

で、char単位で処理してるのでどうにか日本語処理を考えないと。
http://euc.jp/i18n/charcode.ja.html
以前読んだことがありましたが、もっと読み込んでみる。

GTK+とかはまだする気ない。
てか、そこまで手を伸ばすとレポートがどんどん肥大化しそうで嫌。

2007年6月19日

Larrabee

Intelが進める、32コアCPU「Larrabee」
なんて面白そうな。
x86と互換性ありとは・・・そういうアプローチですか。

2007年6月17日

端末によって

getchでKEY_DCが取得できたりできなかったりするのはなんでだろう。
いゃ・・・なくてもいいんですけども、何となく腹が立つ。

ううむ・・・知識が欲しい。
課題のプログラムで自分の目指す拡張を施すには必須・・・に近いわけです。
諦めるのは・・・

2007年6月 6日

そしてブルートフォース

最近、頓にサーバのSSHへのブルートフォースアタックが増えてきた。
主に中国とか韓国のIPから。

きっと乗っ取られてるんでしょう。
でも、アタック受けて弾くたびにHDDにログ書き込むので、HDDアクセスがうるさい。
HDD寿命的にも嫌な感じ。

まぁ、さすがにログに記載しないのも嫌なわけで・・・めちゃウザいです。

2007年6月 3日

kmod-nvidia

突如Xが起動しなくなってしまい。
ログを見ていると

Failed to load module wfb

このサイトを見て解決。
kernelモジュールとkmod-nvidiaの間でバージョン違いにより依存関係が・・・。
なので、もう大人しく再起動しました。
まぁ1ヶ月ほど再起動なしで連続稼働してましたし、頃合い?

kernelアップデートしたなら再起動しろよ。

2007年6月 1日

:q!

viはさっぱり分からんわ。
h、j、k、lとi、aとetc....

もぅ分からんからすぐに:q!して投げ出してしまう。
一番始めに覚えたコマンド。

全く使えるようになる気がせんのです。
viも使えんヘタレなもんで、ちぃとは訓練してみようかと思ったけど・・・やっぱEmacsでいいわ。

2007年5月31日

curses.h

http://www.fireproject.jp/feature/c-language/index.html#feature.c-language.curses
UIをもっと洗練させたいと思っていて、テスト勉強の逃避に色々と探し回っていたらようやく答えを見つけた。

viとか、一般的なコマンドラインアプリケーションがどうやってアレを実現してるのかと思ったら・・・やっぱりググってみるもんですな。
srcを見ろ?知らん。
cursesか・・・全然知らんかったけど、これは使い出がありそう。
チャットプログラムだから、常にどこかに対話相手を表示したりしていたいもの。
何なら、MSNメッセンジャーライクでもいいかも。

うん、やる気出た。

2007年5月28日

入らんよRadeon

http://forum.coolaler.com/showthread.php?t=153499
アホなげぇ。

普通のケースにゃ入らない。

2007年5月23日

Xorg 7.2 / FreeBSD ports

portsにXorg 7.2が入ってきたようで、
/usr/X11R6→/usr/localに移動するらしく、さすがにまだ心配で移行してません。

ただ、とりあえずportsツリーを見るとあちこちで書かれているようにx11-wm/berylやx11-wm/compizとかが入っていたりするあたり、かなり見た目重視になってきたな・・・と。
FreeBSDならクライアント用途でも使えるのでいいですが、FedoraとかUbuntuみたいなLinuxディストロユーザーと比べると圧倒的に使用者は少ないでしょう。

7系もますます近づいてますし、今年は動きが多そう。

2007年5月15日

Phenom正式発表

AMD,次世代デスクトップ向けCPUを「Phenom」(フェノム)と命名
AMD デスクトップ向けK10のブランド名“Phenom”を発表

Phenomも発表。
楽しみで仕方がない。

続きを読む "Phenom正式発表"

R600

延期に継ぐ延期。
AMDの社運をかけたATi合併から待つこと久しく、ようやくATiブランドで完全新世代のDirectX 10 SM4.0対応のGPUであるRadeon HD 2000シリーズが登場しました。

NVIDIAがGeForce 8800シリーズでDX10にいち早く対応してからAMDは完全に取り残されていましたが、これでようやく・・・。
まぁ、2900 XTの消費電力は化け物らしいですが。
もうちょっとバランス取れれば・・・。

続きを読む "R600"

2007年5月 9日

部室PC計画の実働

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0705/08/news029.html
Adobeも色々取り込んできたなぁ・・・ホンマ巨大なアプリケーション群だこと。

Intel,「Santa Rosa」こと新世代「Centrino」を発表
Santa Rosaの実体が見えてきましたか。
中々に面白そうな。あとは、超低電力版のC2Dが出てくればようやく・・・

続きを読む "部室PC計画の実働"

2007年5月 8日

K10

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-819.html
ネイティブクアッドコアと、高クロック化でCore 2を再び叩き落とすと期待していいですか?

Athlonは新ブランドPhenomで置き換えられることになるようですが、これは奇しくもPentiumが辿った道のような。
これからは、ミドルレンジ~ハイエンドでPhenomとCore 2のデュアル/クアッドコアCPU、ミドルロー以下でAthlonとPentiumのデュアルコアCPU、エントリーでSempronとCeleronとかいう話も目にしました。
今はAMDがAthlonを無理矢理叩き売りして生存を図っているようなので、体力的にもそろそろ巻き返さないと非道いことになるんじゃないかと。

ネットワークアプリケーション開発にもね

普通、同じPCで同一のポートを使ってサーバとクライアントのテストはしにくいです。
なので、演習の課題をするのにVMwareを使ってみたり。
NAT設定にしておいて、ホスト側から仮想NIC通してゲストに対して通信ができるので、1台で開発ができる。
ネットワーク環境がなくても無問題。

2007年4月24日

印刷できなかったPDF

腹に据えかねて遂に問題解決に乗り出しました。
で、調べて・・・ネットワークプリンタをウィザードで指定するのでなく、ローカルにドライバをインストールしてからネットワークのプリンタを追加する形に。
あっけなく印刷できるようになりました。

ああ、これでようやく不便な生活から解放される。

もっと早よせいよと。

スタッキング

Samsung、容量4GBのDIMM実現するスタックトDRAM発表
あれ・・・これってもしかして
IBM、3Dスタッキングのための技術「Through-Silicon Via」を開発
これ?いゃ、詳しく見てないんで良くは分かりませんが。

2007年4月20日

5、4

レビュー:Debian 4.0はDebianによるDebianの再定義
レビュー:CentOS 5――堅牢なエンタープライズ向けOS
まぁ、次はDebianかCentOSにしようと思ってますが。
Fedora 7は別にいいです。
実際にFedora Core 6使ってそのアップデートの頻度見て思いましたが、遷移が早すぎる。
何となく、RPM系のCentにするような気がしますが。

2007年4月16日

Pentium Exxxx

http://nueda.main.jp/blog/archives/002604.html
WindowsとともにWINTELを築いてきたかつてのIntelのプレミアムラインCPU Pentium。
Core 2が出てきてその存在を消すかに思われましたが、何ヶ月か前にローエンドデュアルコアとして復活するという情報が出てきました。
で、まぁ特に期待することもなく情報が出るのを。
既にIntel=Pentiumのイメージは消え去りつつある気がしますが、どうも中途半端な気が。
Celeronはシングルコアで継続するとのこと。

さてさて・・・存在意義はなきにしもあらずですが、自分自身は余り興味もなく。
2007 Q3に期待します。

2007年4月13日

あんでぃ

夏に向けて、サーバのCPUクーラーを交換しました。
効果はいかほどか。

2007年4月 6日

超低電圧版C2D

Intel、ウルトラモバイル向けCore 2 Duo投入へ
Intelといえば、その財力にものを言わせて中国にFab 68を建設するとのことですが、上のはこの前のTDP 50WのクアッドコアXeon L5320/L5310よりもさらに恐ろしい。

L5320とかでも、1コアで考えたらスゲェなあと思ってましたが、10W切ってきたらVIAのC7とかAMDのGeodeのレベルじゃないですか。
Pentium M/Core Soloでその辺りに達してたようですが、超省電力CPU層のデュアルコア化が進んだら、ようやくB5クラスのモバイルノートPCでも、最近必要とされる性能を達成できそう。
そこに来て初めて、自分もノートにVistaを入れることを許容できます。

モバイルの性能上昇は鈍い・・・相変わらず。

メモリの春久々

DDR2が安すぎる!
バルクなら1GBが6000円台に突入とか・・・!!
ある程度まともなの狙っても、8~9000円台ぐらいで買える。
去年の秋、一番高騰してたタイミングで必要に迫られて1GB×2枚を合計25000前後で買ったこと考えると・・・。

512MB×2枚を足して3GBにしたい。
Vistaにしたときに、さすがに現在のメインマシンのスペックなら、通常使用では全く問題なく実に快適に動いてくれるんですが、仮想マシンを動かしたりするとメモリを逼迫するので。
てか、単に安いから買いたい。

いい加減5月辺りまでで底値な気がする。
判断は速やかに。

現状維持だろぅけど。

2007年3月23日

FORTRAN

FORTRANの父、ジョン・バッカス氏死去
凄い人が亡くなったもんだ・・・
FORTRANは書けないですが、それなしには今の生活はあり得ないですし。
短いコンピュータの歴史の中でも、相当重要な功績でしょう。
ご冥福をお祈りします。

2007年3月19日

どっせいV

仮想化技術に見るインテルとAMDの個性
Intel、新vProプラットフォーム「Weybridge」で狙うもの
とにもかくにも・・・自分的にはお遊びの要素が強いわけですが。
仮想化。

2007年3月13日

シュリンク

IBM,65nm版「Cell BE」プロセサの製造を開始
IBM,Cell BE搭載ブレード・コンピュータの提供開始へ
どうやら、Cellプロセッサの本格運用が始まったようですね。
今まではPS3でしか使われてなくて、このままどうなるのかなと思ってましたが・・・。
さすがにPS3 8台でスパコン構築は無茶でしょうから、Cellの改良、量産、安定供給ができれば、ブレードサーバをクラスタ化してそこそこのものは作れるでしょう。
楽しみです。

Intel,消費電力50Wのクアッドコア版「Xeon」と最大8GBの半導体ディスクを発表
さらに、Intelもかなりの省電力なクアッドコアXeon。
サーバ・ワークステーション向けプラットフォームには余り興味がありませんが、来年秋と噂されるFSB1333MHz版のCore 2 Duo E6x50系には興味津々です。

2007年3月 6日

死んだパーティション

去年の秋にVista RC1が出てから数ヶ月。
既に1ヶ月前に製品版が出て、1月31日のマスコミの騒ぎ方にMicrosoftの本気を感じたもんです。

で、もう何か月もVMwareとかで我慢しましたが未だに実機に導入したくて、いょいょ辛抱溜まらなくなって新しいHDDに入れてみました。
ものすんごい遅ればせながら。
まぁ、それそのものは全く問題なく。
Vista>各種Linuxディストリビューション>XP、2000、Me>FreeBSDやその他Windows etc...
って感じで、何度もインストールしてはいますがやはり簡単な導入作業。

I-O DATAのシリアルポートインターフェースボードと、PanasonicのNet MDなどが使えない他は実に快適に動作してます。
このまま製品版に移行しても全然構わないってぐらいに。

UACカットして、POPFileやDaemon Toolsも無問題。
幾つか問題のあるソフトもありますが、十分我慢できる範囲内。
Explorer上でのマウスジェスチャーシェル拡張であるHandyGesturesが動かないのはどうにもストレスを感じますが、まぁそのぐらいはいいでしょう。
NVIDIAのForcewareの未完成度にはちょっと苛立ちを覚えますが。
まぁそのうち対応してくるだろうと。

自作のランチャーのアラーム機能で休止状態に入るように設定しておいて、席を立ちます。
休止状態から復帰させると・・・なにやらファイルシステムかパーティションが壊れた模様。
気になりましたが、そのときは何気なくエラーチェックして終了。

その後ちょいとXPを立ち上げようと思って、AHCI設定のままXPを立ち上げてしまいました。
ドライバ導入してないので、当然起動時にコケます。
で、なぜかIDEに戻しても起動しない。

・・・ヤバいなと思ったのはその時。
とにもかくにもディスクを完全チェックしてみました。
そのドライブ、元々XP上でC(現行Q)とD(現行R)ドライブに切ってたんですが、Qの方しか認識しない。
なぜか1度はRの方も読んでくれたんですが、色々試行錯誤してるウチに、パーティションの存在自体を認識してくれなくなりました。

そのただ1度Rのパーティションを読み込んでくれたときに、そのパーティションは丸ごとバックアップ。
とりあえず、重要データ類は事なきを得ました。
まぁXPならまた新規インストールすりゃいいかな。
あるいは、この程度の問題点しかないなら思い切って製品版Vistaを買っちゃってもいいかな、と思いつつ重要なことを失念していました。

FreeBSDの仮想マシンをQドライブに置いてけぼりにしていたことを。

何度かエラー修復してるんですが、といぅことはそれすなわち変な修復によってディスクイメージが破損してる可能性が大きいということ。
何GBもあるファイルが、デタラメな修復の過程で損壊していないという保証はどこにもなく、焦ってチェック。

当然の帰結として壊れてました。

どうにかして復旧できないかと、現在も道を模索中ですorz

2007年3月 2日

Photoshop Web

http://slashdot.jp/articles/07/03/01/128209.shtml
ホンマにまっとうに動くんかいな。。。

2007年3月 1日

fuse ntfs-3g

この前から、NTFS-3Gをアップデートすると"WARNING: Deficient FUSE kernel module detected"とエラーが出るようになってました。
で、Fedora CoreのkernelソースRPMとfuseのtarballを引っ張ってきて、まずはカーネルソースを配置。
次に、fuseのビルドとインストール。

# ./configure --enable-kernel-module
# make
# make install

それから、

# modprobe fuse

したのはいいんですが、"Invalid module format"と怒られる。
ので

# modprobe -f fuse

とりあえず、エラーもなくなったしいいやこれで。

リーナスもそうだったんか

久々のITmedia3連発。

Transmeta、減収減益
このまま消えていって欲しくはない。
Transmeta製CPU自体は、VIAのプロセッサも含めてx86市場で重要な位置を占めていると思いますから。
Intel>>>(越えられない壁)>>>AMD>>VIA>その他
な気はしますが。

Microsoftが仮想化ソフトでVistaを制限した本当の理由
知らんかった。
まぁ、Ultimateを買うつもりなのでとりあえず問題ないですが。

“待たされた”新生AMDの統合型チップセット「AMD 690」登場
実際は4Gamerにあるように、グラフィック統合型としては十分かと思いますが。

2007年2月24日

Vitural PC 2007等々雑感

Microsoftから、仮想化ソフトVirtual PCの最新版2007が提供開始。
で、とりあえずVMwareと比較してみました。

機能については各所に転がってると思うので、何となく感じたこと。

  • 結構軽い
    AMD-VとかIntel-VTに対応。 CPUレベルで仮想化を支援してくれてるわけで、なかなかに快適。
    ただし、VMware Toolsを入れたゲストに比べると、体感では若干重い気がします。
    ベンチマークしてないので、何とも言えないですが。
  • ゴテゴテしてない
    VMwareって、結構表示されるものが多いわけです。1ウィンドウ内に。
    それはそれでいいんですが、ゲストの表示領域を含めるとSXGAでは結構キツい。
    その点、Virtual PC コンソールが別ウィンドウとして表示されるのはいいかもしれない。
  • ハードウェアの設定
    慣れの問題かもしれませんが、どうもHDDとかCD/DVDドライブなどのハードウェアの設定が、微妙な気がします。
    VMwareでは、追加・設定などが各種ハードウェア間で統一的なインターフェースで行えるので。
    ついでに、結構細かい部分の設定も。

とはいえ、Vistaをゲストとして入れても、仮想マシン用に1GBもメモリ割り当てれば十分に動きます。
もちろん、VMwareと同様DirectXにまともに対応してないのでAeroオフですが。

DirectXといえば、Intel Mac用に提供されるVMware Fusionでは、DirectXにきちんと対応してくれる予定があるそうで。
Windows版のVMwareでもexperimentalってことで128MBまでのVRAMを割り当てて、DirectX機能の一部を使えますが、全うに動くもんじゃなし。
GPUに直接命令投げてやれば、現状でもDirectX対応は出来るんでしょうが、VMwareの話だと可搬性重視とのこと。
なので、GPUもCPUによるエミュレーションを行っているわけで・・・そりゃまともなもんになるわけがない。
でも、GPU仮想化の話もありますし、近いうち(5年以内)に・・・と期待してしまいます。

UNIX系プラットフォームにおけるXenといい、Mac OS XにおけるParallelsといい、仮想化の盛んな今日この頃。
Windowsゲスト用としてのDirectX 9対応がいち早くできれば、ゲーム開発のテスト用環境としての魅力が格段にアップします。
フリーの仮想化ソフトに押され気味のVMwareとしては、そこで一歩先んずることが重要なんじゃないかと勝手に思ってみたり。

続きを読む "Vitural PC 2007等々雑感"

2007年2月19日

IBMロゴ

ThinkPadからIBMロゴが外れるらしい・・・寂しい。
Lenovoなんかに身売りに出されて、あの名声高きThinkPadが消えるのかと思いきや、存続したのは良かったものの。

いゃ、使ったことないですけどね。

Vista叩き

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/923416.html

2000→XPの頃とよく似てる気がする。
実際、OSの機能自体は2000で完成してるから、サポートとか気にしない分には今後数年2000でもどうにか出来るぐらい。
XPも然り。

メモリも最近安いし、まぁ1GBなら数千円の上乗せで可能やん。
グラフィックの要求性能は・・・まぁ推して知るべし。

ただ、Vistaの真価はAero以外にあるんじゃないかな。
Aeroなんてただの飾りですよ。偉い人にはそれが分からんのです。

でも、その飾りが大事だと思うんですよね。
OS Xの、出た当時としては相当洗練されたデザインに憧れたクチですし、LinuxではBeryl使ってるし。
まぁ、この辺は好みの問題だから、何とも言えないですが。
例えばX Window関連では、質実剛健派な方々には、さすがにtwmはないにしても、fvwm2使えとかいわれそうですし。

さて、とはいっても、要求スペック自体は実は大した問題じゃない。
どうせ1~2年後ぐらいには今のローエンドでもAero軽く動かせるようになると思うし。
今、すぐに入れる必要は全くありませんが。
推奨スペックをみたすハードが、今の格安数万円PCクラスで手に入るんなら、そのときにVista入れりゃいいんです。
Celeron D、512MBメモリ搭載とかでVista積もうとするから変なことになる。
メチャクチャ叩かれたり。
Windows Vista CapableなレベルではおとなしくXP入れときなさい>メーカーさん

あ、それから。
スペック向上の鈍いノートパソコンには、基本XPしか認めません。
いゃ、この前梅田でやってたPanasonicのイベントブースでLet's note R6見てきましたが、(確かめてないですが)絶対メモリ増設してた。
その段階で、ようやくAeroも結構スムーズに動いてましたよ。
512MBで十分大丈夫なXPにしときゃいいのに・・・。
頼むからXP入れたR6出してくださいな。

結論
ノート、ローエンド~ミドルローデスクトップ:最低1年はXP入りも出してください
ハイエンドノート、ミドルクラス~ハイエンドデスクトップ:好きにせい
ウルトラハイエンドデスクトップ:ベンチマークなんてしてないでVista入れよう

2007年2月15日

ついにIntelの牙城を崩す?

この前のAMDの価格改定で、ついにAthlon 64 X2 5600+が4万円前半まで降りてきました。
他にも、高値移行していたCPU中心に、結構お安くなってます。

Core 2 Duo E6600が4万円弱~4万円そこそこっていうことを考えると、これでようやく、ミドルハイ~のクラスでも、コストパフォーマンスでIntelに対抗できるようになったのではないかという気がします。
今まで、3800+、4200+あたりのややミドルロー~ミドルクラスの付近でこそE6300となんとか戦えてた気がしますが、E6600が強すぎたわけで・・・。

6000+も出てきましたし、逆襲が始まるのか?と勝手に期待してます。
まぁ、自分はもう一世代はIntelプラットフォームで行きますが。

2007年2月11日

.NET Framework on UNIX/Linux

すみません。
バカにしてました。

C#とかで作ってMSILにコンパイルしたソフトがWindows以外で動くことはないだろうと。

.NET Frameworkの実行環境は、その仕様が公開されていることもあり、Wineなどのプロジェクトよりも移植が簡単なようです。
実際、以下のスクリーンショット見てもらえば分かりますが、単純なHello,worldプログラムなら何の違いもなく。

20070211_01.png
on Fedora Core 6

20070211_02.png
on Windows XP

素晴らしい時代の到来が、間近に来てる感じ。

2007年2月10日

定番ソフト再び

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50855049.html

WinMerge
DFから乗り換える価値はありそうな気が。
doxygen
これは・・・いいかもしれない。
Xkeymacs
Emacs風キーバインド。でも、WinにはWinのやり方が。。。でも、近頃はC-f/b/n/pでのカーソル移動の方が圧倒的に楽だと感じてるので、ううむ・・・。

2007年1月28日

ベルシオン

そう、SML/NJ。
今、プログラミングの授業でStandard MLなんて、そこそこマイナーな関数型言語やってるわけですよ。
で、Windows版とCygwin版(って書き方も変か)とFreeBSD版(from ports)を入れて、主にFreeBSDで課題のプログラム作って昨日辺り完成しました。

それはいいんですが、問題はバージョン。
portsで提供されてるsmlnjが110.0.7(2000年!)で、おそらく大学のワークステーションでもそうだと思うので大丈夫でしょうが、cygwinで110.60入れたら、用意されてる関数とかその型が違っちゃってて、Cygwinでは動かんかったんです。
またちゃんと試さないと・・・

で、次のバージョン問題。
FreeBSDからWindowsにファイルを持ってこようとしたときに、いつの間にか間違ってSamba消しちゃってたことに気付いたんです。
で、portinstallしようと思ったら

samba-3.0.23c,1 broken kernel API until now (7-CURRENT).

とのエラーメッセージ。
困ってググったら英語ですがWITH_AIO_SUPPORTオプションを外せとのこと。
これで無事にmakeできるかと思いきや・・・今度はopenldap-clientが2.2系列と2.3系列でconflict。
ここのページ参考にして、

# portupgrade -o net/openldap23-client openldap-client-2.2.30

どうやら解決。

いゃ、テスト期間中になんて面倒な問題を・・・。

2007年1月25日

常用中のOS

  • メイン機
    • Windows XP SP2 Professional (実機・常用)
    • Windows 3.1 / MS-DOS 6.2V (VMWare・入れてるだけ)
    • Windows 95 (VMWare・入れてるだけ)
    • Windows NT Workstation 4.0 (VMWare・入れてるだけ)
    • Windows 98 SE (VMWare・入れてるだけ)
    • Windows Me (VMWare・入れてるだけ)
    • Vine Linux 3.1 (VMWare・入れてるだけ)
  • サーバ機
    • Fedora Core 6 i386 (実機・常用)
    • Windows 2000 Professional (実機・入れてるだけ)
  • ノート
    • Windows XP SP2 Professional (実機・常用)
    • FreeBSD 6.1-RELEASE (VMWare・常用)

無駄ばっかり・・・

*ラリス

Solaris 10試してぇ。
実際、SolarisはSPARCマシンで使わんといかんって勝手な思いこみがあるんだけど、VMWareで動くかな・・・。

テストが終わったら試してみる。
FreeBSDは常用してるけど、それ以来の正統(?)なUNIXだわ。

FreeBSDといえば、ノーパソに入れてるのはもうすげぇことになってました。
portを半年以上更新してなくて、久々にcvsup→portupgrade -aしたら、ノートのCPUとHDDの遅さがVMWareを介してさらに酷いことになって、2~3日作業になってしまって・・・。
で、昨日HDDのイメージファイルをシュリンクしたら、3~4GB縮みました。
そんだけ落としてコンパイルしたんか・・・恐ろしい。
これからは、出来れば毎月、少なくとも2ヶ月に1回は更新しよう。うん。

2007年1月22日

キートップ入れ替え

Let's noteのキートップを入れ替えてました。
所用10分。
コツが掴めるまで数分、その後は一瞬。

形状が全く同じな左CtrlとCapsLockの入れ替え。
特に必要は感じませんが、何となく。
ソフト的には入れ替えてましたが、まぁ一応。

2007年1月18日

R6

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0117/pana1.htm
R6がフルモデルチェンジ。
これでR4も2世代前か・・・早いな。

CPUがCore Duoになったのはいいんですが、それでバッテリーの持ちが悪くなってるようじゃ。。。
無理にVista搭載するもんだから、色々なところでマイナスが出てる気がします。メモリの圧迫とかも。
まぁ、この時期Vistaを乗っけたのを出さなきゃならんのは分かりますが。

これで、R5と相対的に体感性能が変わらないレベルを維持できてるなら少しは興味も湧きますが。
まぁ体感を悪くしないためにバッテリー削ってCore Duoに移行したんでしょうけども。
でも、メモリ標準512MBじゃギリギリじゃないですか。最低1GBには増設しないと。
今ならマイレッツ倶楽部で、先着1000名無料で出来るみたいなので、買う人はそれで決まりですな。

ただ、いい点も。
完全に設計変えたことにより、USBが右に。
これで、マウスとか使う人が救われます。
あと、電源ボタンの位置も悪くはないと思う。

面白いけど、まぁモバイルで必要とされるものはR4で十分満足してるので、当分は気にならないです。

2007年1月14日

ififififif

もぅちっと読みやすくしようよ。
インデントも整えようよ。
中括弧の位置決めようよ。

でも、そんな講義はない。
可読性って重要だと思うんですが。

2007年1月 5日

ヘリちゃうよ

といぅわけで、ApacheでWWWサーバも立てる。
とはいえ、これは当面FTPサーバの使い方を書いておくだけですが。

他は一応、パーミッション他も適切に設定できてるようで。
自分自身でも別ユーザのディレクトリにはアクセスできないようにしてます。普通にログインしてる限りは。
まぁ、rootに上がれば当然の如く全ディレクトリ丸見えなわけなので、ローカルはもちろんsshでサーバに入ってもそれらを見ることは出来ちゃうわけですが。

なので、もしメールくれれば、知り合いには以下の条件でサーバ領域貸しますよ?
今んとこHDDスカスカなので、数GB~10GB程度までで。
極端にプライベートな物は置かないようにするオンラインストレージとして。

  • もちろんわざわざ覗くつもりはないですが、まー管理人ぐらいにならアップロードしたファイル見られても仕方ないかなっていぅつもりで

  • サーバメンテのため、不定期に無断で繋がらなくなったりします。たまに

  • サーバの運営停止は管理人次第でおk

  • 転んでも泣かない

2007年1月 4日

Synergy

Synergyがアツい。
これはいい。
正直、Windowsで有名なシェアウェアのどこドアより、よっぽどいいかも知んない。
タダだし。マルチプラットフォームだし。

で、現在はメイン機に繋いだマウスとキーボードを、サーバ機と共有中。
サーバが落ち着いてきたら、その2つをサーバに繋ぎ替えて使うつもりです。
やっぱりキーボードは使い慣れた物に限る。
特に、コマンド中心のLinuxともなれば、その比重はWindowsとは比べものになりません。
それが両方のマシンで使えるとは・・・素晴らしい。

続きを読む "Synergy"

2007年1月 1日

sane

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/955xsane.html
http://hiromasa.zone.ne.jp/blog/archives/389/
前回プリンタを共有したと書きました。
で、それが複合機なわけで、スキャン機能を使わないのはもったいなすぎるといぅことで。
saneとxsane(Win32版含む)で、それもちゃんと使ってみることに。

ネットワーク経由で共有するんですが、まぁ何というか、やはりスムーズにはいかない。
ここに行き着いて解決しましたが、何だかなぁ・・・
まぁ、いいです。
TWAIN経由でPaintShopProで読み込めましたし、xsaneでもちゃんと使えました。

さて・・・そろそろルータの設定しますか。

続きを読む "sane"

2006年12月31日

プリンタ共有

プリンタをメイン機ではなく、サーバ機につないで共有することに。
そう、いちいちメイン機を立ち上げなくても印刷するため。

さすがはCanon。Linux用のドライバが用意してある上に、RPMパッケージまで作ってくれてます。
なので、MP500のLinux用ドライバをそのままインストール

cupsdを設定して、とりあえず使えるように。
で、Sambaで共有。
LAN内からは基本的に使えるようにしておきます。
use client driver = yesの行も忘れずに。

ただし、問題も。
双方向通信ができないので、インク残量などが分かりません。
うーん・・・これは・・・問題になることもありそうな気がする。
ま、それは実際に運用してみてからで。

2006年12月30日

TightVNC

この前試すだけ試して、結構おもろいけどまー怖くて出来ねーわなと思っていたVNC。
この度サーバを立てるにあたって、SSHでトンネルしてVNCも使えるようにしとこうと思い立ちました。
外からノートPCでちょっと操作したいこともあったので。
これなら、ルータで開けるポートも最低限で済みますし、安心かなーと。
まぁ、過信は禁物ですが。

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2006/06/sshvnc_fb23.html

で、まーとりあえずサーバの方は本家VNC。選択自体に特に意味はなく。最初から入れてたので。
まぁ、問題なくログイン→遠隔操作できました。
とはいえLinuxなわけなので、端末使えればGUIは基本的にいりませんが。
実はノートPCにはCygwin/Xも入れてあるので、それでSSHログインすれば、単なるX端末として使うことも出来るわけですが、それでは結構遅い。
トロい。
ので、VNCも併用・・・というか、GUIが必要なときはそっち使うことになるでしょう、きっと。

次、メイン機。こっちはTightVNC。Windowsに関しては必然的にGUI使わざるを得ないんで、少しでも早くしようと思い。
こっちはその前にこれをサーバ機にインストール。
普段はS3で眠らせてるので、Wake On Lanでサーバから電源を入れられるように。
で、とりあえず同様にSSHでトンネル掘って、今度はサーバ機経由でメイン機を操作するようにします。
ただ、さすがに・・・ノロい。
まぁ、滅多にする事じゃないんで、出来るだけマシと思っときます。

2006年12月29日

やっとできた!!

http://freshmeat.net/projects/vsftpd/
http://www.linux.or.jp/JM/html/vsftpd/man5/vsftpd.conf.5.html
メイン機の共有をサーバでマウントして、それをvsftpdでFTP共有すると、そのメイン機の共有ディレクトリからダウンロードすることがどうしてもできなかったんですよ。
探しても中々情報がなくて・・・ちょっとキーワード変えて英語版Googleで検索したら、上記の1つめのサイトが。
"426 Failure writing network stream"
ポイントは、/etc/vsftpd/vsftpd.conf中に

use_sendfile=NO

いやはや・・・解決できて良かった。

http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/faq/error.html
要するにこういう事なのな。
てことは、Webサーバ構築時にメイン機側のディレクトリ使ったら、同じようなことが起こる可能性が高いって事ですか。
まぁ、さすがにそれはサーバ側に全てのファイル置くから問題ないですが。
あれか、Windowsで存在しないAPI呼び出すようなもんなのかな?

こぅ、分かってる人にとってはなんてことない問題なんでしょうが、ネットワークド素人の自分からしたら実に手強かったですよ。
その分、解決したときの喜びは一入でしたが。
でも、上のキーワードで、2、3番目ぐらいにググった記憶があるんですが・・・まぁいいや。

2006年12月28日

細々likeBSD

http://park1.wakwak.com/~ima/linux_surestriction.html
一応、suできるのはwheelに所属しているユーザだけにする。

2006年12月27日

FTP with UTF-8

そう、Fedora Coreの文字コードはUTF-8なんですよね。
で、最初にEUCにしようかどうか迷ったんですよ。
で、結局今更EUCもいやなんでUTFのままにしたんですよね。

SSHでのログインにはTeraTerm ProのUTF対応版があるからいいやと思いつつ。

気付いたら、FFFTPはUTF対応してないぢゃん!と。
日本語ファイル名もろ文字化けしてるぢゃん!と。

ちょっとどうしようかと思ってたところにFFFTP 1.92a UTF-8 対応私家版
そぅ、これ使えば全く問題ないですな、
良かった良かった。

で、ちょっと間抜けなことをば試みる。
メイン機の//***.***.***.***/C$(=C:\)をサーバ機の/mnt/mdcにマウントして、それをFTP通して再度メイン機から見る。
あー・・・意味ねぇ。

続きを読む "FTP with UTF-8"

もにた

骨休め。

とりあえず、システムのファン回転数や温度をモニタするスクリプトと、CPU情報をモニタするスクリプト(どこか忘れましたが、Webより)を作成。

・mbinfo.sh

#!/bin/sh
watch -n 5 /usr/bin/sensors

・cpuinfo.sh
#!/bin/sh
watch -n 5 cat /proc/cpuinfo

これをパネルに追加して、いつでも監視できるように。
てか、CPUの方はデフォルトで用意されてたんね。。。

SSH計画

で、まぁ今日やったこと。

/etc/inittabで仮想端末の個数変更。
これは余談。

http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html
http://www.miloweb.net/zivediced.html
DiCEがLinuxでも使えるみたいなんで、もぅ言うことなし。
DiCEdもインストール。

http://nice.kaze.com/linux-webmin08.html
http://homepage2.nifty.com/cs/linux_command/command/crontab.html
・・・と思ったけど、やっぱりwgetとcrondで更新することにしました。
よく考えたら、せっかく標準のツールで出来るならその方がいいかな、と。
これで、サーバの方からDynamicDNS情報を定期的に更新できます。

さて、とりあえずsshdは立ち上げといて、まぁいくらか設定。
RSA鍵使うようにしといて、まずはLAN内部からサーバにログインできることを確認しました。
まだルータのポートは開けてないです。
テストテスト。

2006年12月26日

FTP計画 via Samba

計画。忘れないうちに。

・常にFTP共有する必要があり、メイン機で使うファイル
サーバのローカルディレクトリ(FTP共有)をLANで共有して、ネットワークドライブとしてメイン機からマウントしてしまう。
・時々FTP共有する必要があり、メイン機で使うファイル
メイン機のローカルドライブをLANで共有して、mount -t cifsnetfsでサーバからマウント(FTP共有)してしまう。
・特にFTP共有する必要はなく、メイン機で使うファイル
おとなしくメイン機のローカルドライブに保存。
・サーバ機で使うファイル
言わずもがな。

まずはメモメモ。
http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=6&TID=2396
http://d.hatena.ne.jp/SPR/20061208
なるほど、/etc/fstabに書いてネット上の共有をマウントできるのねん。

Fedora ログ

で、次はFedora Core 6。
/に16GB、swapに1024MBを割り当て。
で、まぁ一応Winも使うわけなので、UTCは使わないように設定。
こっちもさらっとやっつけといて。

カーネル入れ替えとかやったあと、yum upgrade -yする。
・・・が、レポジトリを国内のところに変えとくのを忘れてました。
遅い・・・まぢ遅いです。

まぁ、今日は時間あるのでいいですが、これはストレスが・・・。
現在ダウンロードが182/281。

続きを読む "Fedora ログ"

NCQ is ready

HGSTの320GB HDD。
めちゃくちゃ静かになった!
夜中の静かなときでも、ボーッとしてたらサーバが起動してることに気付きすらしませんよ。
周囲の音に注意してたり、30~50cmぐらいまで耳近づけたらさすがに動いてることぐらいは分かりますが。
完全ファンレスには敵わないでしょうが、それでもファンが全体で電源ファンだけってのは強いです。

24GBをWindows 2000用に割り当てて、NTFSでフォーマット。
VMじゃもう使わんもんでね。
そうか・・・クイックフォーマットは出来なかったか。
さらっとインストールして、とりあえずドライバ類他。
チップセット、グラフィック、DirectX、サウンド、Cool'n'Quiet、etc,,,
Sleipnirその他、普段使うアプリケーションを入れて、窓の手でちょっとカスタマイズ。
まぁ、基本的な設定他を終えて、一旦終了。
ここまで2時間。

2006年12月23日

Windows 2000/Fedora Core 6

やっぱインストールしちゃいました。

まず最初にやるのは

カーネルの入れ替え
CtrlとCapsLockの入れ替え
Emacsのインストール
ディスプレイドライバのインストール

ですな。

しかし・・・Grub様は偉大なり。
柔軟すぎますよ。

続きを読む "Windows 2000/Fedora Core 6"

2006年12月21日

自家鯖

CPU : Athlon64 3500+ Venice
RAM : 1GB

でサーバ機完成。
古い20GBと60GBのIDE HDDが爆音を奏でるので、余裕のあるときに交換せねば。
そうすれば、CPUクーラーはファンレスで、電源ファンからダクトで繋いで空気を流す予定なので、全体でファン1個の静音マシンになるはず。

それからハブ。
2階には1本しかLANケーブル延ばしてないのでサーバ機に。
メイン機に無線LAN子機繋げてもいいんですが、54Mbpsはちょっと・・・せっかくなので。

2006年12月20日

Sysadmin

War-ftpdでSysadminを削除しても、サービス終了時に勝手に再生されてしまうのを防ぐ方法。
・・・といぅか、標準の管理者を変更する方法。

  1. 転んでも泣かない
  2. Bzとかのバイナリエディタで"Sysadmin"を検索
  3. 発見したら、まー適当に8文字以下、例えば"root"とか"admin"とか(コレもどうかと思いますが。。。)に書き換える
  4. 足りない部分は00hすなわちヌル文字で埋める
  5. もうちょいスマートな方法でやれとか言わない

大体、標準の管理者を変更できないって仕様が訳分からん。
他にもWar-ftpd使ってるって一発で分かるような応答文字列は書き換えた方がいいんでしょうが、面倒・・・てか時間ないです。

2006年12月18日

落札できん

うぅむ・・・ネコ明けですが、このまま起きて2限以降に突っ込みます。

昨日は1時過ぎに起きて、リズムをネコ用にシフトしておいたので、比較的楽でした。
全然荷物が来なくてもはや苦痛の域でしたが。

さて。
Opteronも面白そうなので、最後の939CPUとして、サーバ用に使ってみたい気がするんですが・・・。

2006年12月 5日

電源マザー

古いパソコンに1年半ぶりに電源いれてみた。
うん、うんともすんとも言わないです。

電源の経年劣化かマザーボードか。
250Wなんていう、今では実に不安な容量と、ATX20ピンの古めかしさを誇る電源と、440BXなんていう、サウンドもLANもオンボードでなく、USB1.1しかない化石マザー。
どっちが死んでても全くおかしくないです。

2つ中古で買えば、余りパーツでそこそこ使える性能のができるはず。ただしVGAはオンボードで。
てな妄想。

2006年12月 1日

sqmdata.sqm

http://forums.techguy.org/security/487110-sqmdata-sqm.html
そうか、あの隠しファイルはメッセが原因か・・・MSはとことんいらんもん作るのが好きですね。
まぁ、いつもは即オフのはずのオプションを設定していなかったわけですが。。。

2006年11月30日

nissofu

日系ソフトウェア。
面白いので購読したいんですが、お金がない。

2006年11月29日

Fedora Coreインスコ完了

最近のLinuxはインストールもGUIで簡単でいいね。
Vine Linuxも全く困らんかったし。
昔のWinとかの方がよっぽど不親切ですよ。

でも、やっぱりx86に変更。
64bit版はメモリ食いすぎるので。
色々してたら、2GBメモリになって初めてのスワップが・・・いゃ、同時に他のゲストも立ち上げてたからですけども。
試したい気もしますが、ドライバもどのぐらい出てるものか心配で。

で、メモメモ。

続きを読む "Fedora Coreインスコ完了"

Fedora Core 6 x86_64インストール中

SE・PGが職場変わっても必ず入れるツール集
今入ってるもの。

・サクラエディタ
でも、EmEditor使ってます。
・Bz(B'zちゃいます)
最近触れてないけど。
・DF
ソースを変に変更して動かなくなり、どこ変えたか分かんなくなったりしたときに。
・Outlook
EdMax使ってます。アドレス帳に不満を感じつつ。
・FFFTP
さすがにこりゃ定番ですな。
・TeraTerm
たまーに。
・JGREP
grepは使いますよ。それなりに。
・Office
まぁ、やっぱりないと困るわけで。

2006年11月28日

私の~

私ので再生する?
こっちもビビった。
確かにめっちゃウイルスくさいです。
何だこりゃ?

2006年11月24日

ビールス

Webサイトで公開している方のメアド宛に、しょっちゅうウイルスメールが来るわけです。
無論、スパムも。
で、POPFileで振り分けてるわけなんですが、そのウイルスメールがものすごい件数溜まってました。

678件。

削除削除。

2006年11月23日

DOSINET

http://seedkun.orz.hm/soft/teen/teen.html
これは面白そう。

面白そう・・・だけど、98実機は今では持ってないし、放置。

2006年11月22日

アクセラレータ・・・グラフィックじゃない

「H.264を5倍速変換」のUSBメモリ型アクセラレータ登場
こりゃ面白いものが出たもんです。
どんなのなのか。。。

MP3プレーヤー所有が犯罪に? 豪著作権法案に批判
アホらしくって・・・。

2年ぶりの新版「Vine Linux 4.0」が公開
3.2から乗り換える必要はあるんでしょうか。
でも、ちょっとフォントが気に入ったかも。

2006年11月21日

680i

Core2ユーザーもNVIDIA SLIが使えるぞっ──nForce 680i SLIの「最高級」な性能に迫る
4Gamerでも読みましたが、NVIDIA純正マザーも出るようで。

このように、AMD用680aの方は中々・・・キモい?

2チップとは・・・ていぅか、載ってたデモ機はもはや・・・何だ?

2006年11月15日

NMS

NovellとMSの提携にSambaチームが異議
少し前の歴史的な出来事に対する反応。
ふむ・・・しかし、Javaがオープンソース化されますが、GPLはややこしいな。

2006年11月 6日

犬k(ry

Fedora CoreやCentOS・・・Gentoo Linux、よっぽど暇ならVMWareに入れて試してみるかな。
Debian系は巫k(ryなLinuxしか試したことない。

今週レポ週間なのでやりませんけども、

2006年11月 5日

解決・・・?しきってはいないが

News: Revision to Windows Vista retail licensing terms
まぁ、とりあえずリテール版に関しては問題は取り除かれたのかな。。。
高いってのは置いといて、なら来年第2~3四半期にも買うかも。

2006年11月 1日

*.mhshine.net

最近は、独自ドメインで遊んでる。
ミクシィ用メアドも含めて、自由にメアド作り放題だし。
サブドメイン色々設定して、ファイルアップローダ用サイト作ったり。

で、FTP用のだけ自宅にポイントして、FTPサーバを立ち上げようとしてみたり。
もちろん、デスクトップ起動してる間だけですが。

試行錯誤しても、LAN内部からならアクセスできるけど外部からは見れない。
何でだろう・・・と思ったら、NAT越えるためのルータの設定変更してなかった。
アホか。こんな基本的なことを。
まぁ、連休中にでもできたらいいか・・・。

2006年10月27日

+512M

結局、考えた末にELECOMのが6000円という値段で放出されてたので、買っちゃいました。
メモリ。

これで、ノートパソコンも1GBになって、凄く快適。
VMWareでもあんまりストレス感じない。
メモリが多いためにカタカタとHDDにアクセスしに行かないので、バッテリーにも精神的にもよろしい。

うん、この性能ならあと2年は使えます。
やっぱり、デスクトップに比べるとライフサイクル長くて、環境にもお財布にもいいや。

2006年10月25日

フュージョン

AMD、GPUを統合した「Fusion」プロセッサ提供へ
これは楽しみだ。
どっちかというと、物理演算ユニットを統合して欲しい気もするけども。
統合したGPUをその代わりに使ったらええんかな。

2006年10月24日

Micro DIMM

気付いたね。
VMWareでFreeBSD動かしたり、eclipseやVisual Studio立ち上げてプログラミングしながら、情報検索するためにSleipnirでWebブラウズしてたら、512MBのメモリでは足りないということに。
ノートパソコンの話ですが。

で、512MB追加したいんですが、ノート用は高いんだよなぁ。2倍ぐらい?

2006年10月22日

切り捨てですか

さて、この前も書いたVistaのあり得ない新ライセンス。

1回しか移管できない!

件。
要するにアレですよ?
HDDやマザーボード交換したら、次に再インストールするときにゃ1~2万円はするOSを買い換えなきゃならんのですよ?
何を考えてるんだ!と。

MSの寡占状態は、そりゃOS自体が高値で下がらないし、独自規格どんどん作られてしまうし、色々と欠点はありますが、それ以上にソフトウェア資産やファイル形式の共通化の面や、ハードウェア・ドライバの対応といった部分でメリットの方が幾分大きかったから、どうにか我慢できたんです。
ああ、あとサポセンなどからしたら、初心者に使い方を教えやすかったり、サポートも楽などもありますか。

でも、今回はもう我慢できません。
値段はXPより高くなるのに、縛りはガチガチになってしまうなんで。
ついでにいえば、Microsoftの利益率は80%ぐらいあるんですよね。
OSやOffice製品売れば、その殆どが利益となって還元される。
1本1万円以上の利益。
こんなバカな収益構造ありますかってんですよ。
適正価格は精々数千円ですよ。
こんなの何度も買うなんて、バカらしくって。

でも、あの新ユーザーインターフェースやDirectX10対応は大きいんですよね・・・。
当分はXPを使い続けるつもりですが・・・メーカー製PCがどんどんVistaに移行していって、そのうちVista対応のソフトしかなくなりそうで、そんときゃどうしようかと。
LinuxやUNIXは自分の使いたいソフトが・・・。

自作市場完全無視です。
いゃ、こんな市場、主なメーカー製市場に比べたら取るに足らないもんだってのは分かりますが・・・海賊版対策とかいって、確実に海賊版が増加しますよ。
もぅ間違いなく。

で、勢いでバナー作っちまいました。
今は反省していない。

2006年10月21日

件のライセンスについて

某巨大掲示板の自作スレで祭り開催中。
僅か数日で既に4スレ目、日曜にも5スレ目が立つでしょう。

ハッ!

はぁー・・・。

2006年10月20日

Vistaのライセンス

もはや痛ニュなどでも取り上げられてますが、Vistaの認証はありえんですよ。

何 で 自 作 す る た び に 買 わ に ゃ な ら ん の だ

まぁ、こりゃ変更になることを期待するのみですが。

2006年10月19日

ハイバネ

環境が変わってから、休止状態にできない状態が続いてました。
リソース不足とか怒られて。

で、ググったらちゃんと情報ありました
どうやら、2GBメモリが徒となってたようで、パッチ当てたらちゃんとできました。
てか、これはWindows Updateで提供してくれよ・・・デュアルコアの性能をちゃんと発揮するためのパッチ然り、WMVファイルを再生したときにdxva_sig.txtなる邪魔なファイルが作られないようにするパッチ然り。

2006年10月16日

ひえひえ

あまりにもシステム用のHDDが熱くなりすぎて怖かったので、5インチベイ用のマウンタを買って3.5"HDDをそこにつけました。
12センチファンと3段ぶち抜きエアダクトでマザボあたりまで冷気送り込んでたので、そのエアフローを活用。
既にそれ用のマウンタは売ってますが、今後のハードウェア構成変更には手作りのほうがいいかなと思ったので、ダンボールで作ってるわけです。

結果は大成功。
今のところ、30度台で推移してます。

2006年10月13日

もう何回目だろう・・・

うぁっ!?
Memtest86+でエラーが出る!
メモリ不良か・・・?

と、冷や汗かきつつ、BIOSを最新に更新したら、あっけなくノーエラーでパス。
いゃ、今までFDでやってましたが、初めてフラッシュメモリでやりました。
早いね。アクセスが。一瞬でBIOSのバックアップから書き換えまで終わりましたよ。

で、XPの再インストール開始。
各ソフトの設定と、Program Files以下のフォルダを概ねバックアップ後、フォーマット。
さぁ、やりますか。

まぁ、いつものように特に問題もなく30分ほどでインストール自体は終了。
で、何やら一番面倒な事態が発生。
アクティベーションの制限回数を超えたって怒られました。
はぁ・・・Microsoftに電話しなきゃならんです。
何でちゃんとOS買ってるユーザーがこんな面倒なことしなきゃならんのだ。
これだから・・・。

現在の環境復元率:5%未満

2006年10月12日

起動、E6400

ふー・・・ようやくメインPCの復旧に手をつけられますよ。
いゃはや、思ったより高く付いて、70000円コースになってしまったです。

Core2Duo E6400:新古品25800円
CFD Elixir DDR2-667 1GB×2:13970円×2
ASUS P5B Deluxe:25980円

ま、特に問題なくOS起動まで行ったので、Cドライブの中身待避して、土日でXP再インストールしますよ。
完全復旧には1週間はかかりそうな気がする・・・。

2006年10月11日

0.00625V

メーカー保証なしで未使用品のCore2Duo E6400が25800円で見つかったので、買っちゃいました。
初期保証1週間なので、その間に組まないと。

さて、マザボ選ぶ際の個人的重要ポイント。

・PCIスロット3本
・PCIとPCI Express x16との間に1スロットは必要。グラボの吸気用
・各周波数は元より、VcoreやVdimmも倍率指定ではなく数値指定可能
・シリアルポート。ブラケット経由でも構わない

PCI Exp x1はいらん。拡張ボードないし。
でも、もっとPCI Expのボード出して欲しいですな。最近、PCIスロット3本以上の減って来てるし。

というわけで、現在ASUS P5B-Vが一番手。オンボードグラフィックはいらんですが。

2006年10月 9日

6万円コース

案その1「あくまでも慣れたお気に入りAMDで」
Athlon64 X2 4600+ (89W)
DDR2-800 512MB×2
K9N-SLI Platinum (nForce 570 SLI)
6万円弱

案その2「Vistaを見据えてインテルに返り咲き」
Core 2 Duo E6400
DDR2-667 1GB×2
P965 Neo-F (P965)
6万5千円程度

そう、メモリが高騰してるとはいえ、これからのマザーやCPUも含めた価格下落と、新しいマザーボードを1万円半ばで買って1年で見捨てることを考えたら、この機会に完全にプラットフォームを移行してしまうのもアリだと判断しました。
買い換えるんじゃなくて、乗り換える。
だって、どう考えても壊れたマザーだけを交換するなんて虚しい上に、この時期になってそれは意味がないです。

で、定格で使用する限りパフォーマンスに大きな差のなさそうな上記の2個のCPU。
案1の方がメモリアクセスは高速な気がしますが、そこはVistaを控えてメモリ容量2倍の案2が、高々5~6000円の差で手に入ることを考えると、そっちに惹かれます。
手持ち分じゃ到底足りないので、最後の手段。郵貯定期を切り崩します。
ホント、マザーさえ壊れなけりゃ(CPUかも知れんけど)、もっとメモリの価格も落ち着いてきてから、ゆっくり考えて組めたのに・・・メインPCが使えない現状は痛すぎますから。
ネコネコ・・・いくつ入れるかな。

とかいいつつ、故障を言い訳にしてアップグレードする、こういうのが楽しかったりする自作er。

2006年10月 8日

デスクトップのPCが・・・

昨日の朝は何の問題もなく起動したのに、帰ってから電源を入れたらうんともすんとも言わない。
BIOSのビープ音すら鳴らないので、どうやらCPUやメモリ、マザーボードあたりが昇天されたのではないかと予測。
ファンは回りますし、HDDにもアクセスする。
チップセットも熱くなるので電源には問題ないと判断。

メモリを1枚差しにしてみても状況は変わらないので、おそらくメモリは大丈夫。
さすがに2枚同時に逝ってしまわれることはないと思われますので。

というわけで、CPUかマザーボードが天に召されたのでしょう。
どっちにしろ1万円以上の出費・・・。
しかも、既に終焉に向かっているSocket939プラットフォームなので、今更そのどちらかに金を出すのは非常に惜しいところです。
でも、まぁさすがにこれを機にCore 2 Duoや、AM2のAthlon 64 X2に手を出す、というわけにもいかず。
それすると、メモリも一緒に買い換えなければならないので・・・。
まぁ、今度ツクモで確かめて原因が特定できれば、諦めて、古い今更なパーツに投資しますよ。

マザーだとすると、既に使用していて相性なども問題ないことが分かっているASUSのA8Nシリーズにするか、MSIのK8Nあたりにするか・・・ハァ、パーツを考えてるときにこんな鬱な気分になったのは初めてですよ。

2006年10月 2日

MT Ver. Up

Movable Typeを、脆弱性のあった3.2から3.33にアップデートしました。
ついでにテンプレのカレンダー周りを微妙に修正。
月別、日別のページなどで月送りができるように。
Movable Typeのタグとか全然分かんないので、かなり中途半端なものになってますが、まぁ一応過去へのリンクが消えないようにということで。

2006年9月29日

冷却はファン

12cm静音ファンと手作りエアダクトで、CPU温度が5℃下がりました。
オーバークロックコア電圧1.5Vで、アイドル時42℃前後、Primeでシバいて50℃そこそこと効果覿面。
エアダクトはPSPがSONYから送り返されてきたときの段ボール箱を利用。思わぬ所で大活躍。

いよいよ混迷の度合いを深めてきたケース内。
エアフローのいいものに買い替えるのが一番だとは分かってますが・・・。

続きを読む "冷却はファン"

2006年9月26日

CPUOC

何となく、オーバークロック。
今時Athlon64 3200+ってのが悲しくなったので。

ASUSマザーのAI OverClockによる設定が、どうにもよろしくない。
10%OCでSuperπも完走しないし、メモリに負荷がかかったときにPCが落ちる。

で、色々といじくった結果、以下のセッティングで20%OC成功。
3800+相当なのでなかなか満足・・・というか、これ以上は怖くて出来ない・・・。
できればVCoreは1.425~1.45Vぐらいまでで使いたいんですが、安定しないのでやむなく高めに。
そこそこ安定してるので、当分はこれで使ってみます。

■CPU : Athlon64 3200+ (Winchester)
■M/B : ASUS A8N-SLI Deluxe
■動作クロック : 2.4GHz (定格:2.0GHz)
■FSB : 240MHz (定格:200MHz)
■倍率 : x10 (定格通り)
■HT : x4 (定格:x5)
■vcore : 1.475V (定格:1.4V)
■メモリ :PC3200 512MBx2@DDR333 2.5-3-3-8-2T (メーカーは忘れた)

自分用メモメモ。

2006年9月17日

日米CPU市場

IntelとAMD,日本と日本以外の違いはどこから
日本では圧倒的なIntelですが、海外では結構AMDに押されてるようで。

日本で売れまくってる理由は、やはり広告戦略とそれに伴うブランド力でしょう。
「インテル、入ってる」は一時期のCMでかなり耳にしたフレーズですし、Pentiumという名前を聞いたことのある人は大勢いるでしょう。Celeronもそこそこ。
まぁ、最新のCoreプロセッサは、出て日が浅いということもあって、知名度的には微妙かもしれませんが(Core Duo/Solo、Core 2 Duo/Extremeって、どれぐらいの人が知ってるんだろうか・・・)。
サーバー・ワークステーション用のXeonとかItaniumは問題外としても、ともかくIntel製CPU載せとけば大抵の人は買う気がします。

ですが、AMDなんて知ってる人、PC好き以外では結構少ないんじゃないでしょうか。
Athlonも、かなり知名度では落ちるでしょう。かつてのK6、DuronやTurion、Sempronは言わずもがな。
今のIntelの64bit拡張ってAMDのを踏襲したわけですし、CPU市場への貢献度は大きいはずなんですが・・・そもそもAMD製CPUがx86互換だって話は置いといて。
こっちも、サーバー用途のOpteronは置いといて。

AMDは、とりあえず日本での広告をもっと増やすべきだと思います。
このままでは、日本市場で勝つことは出来ません。

とはいえ、Core 2がかなりいい感じらしいので、今はちょっとIntelが気になるところですが。

あ、それからVIAのC7とかTransmetaのCrusoeやEfficeonなどは無視。
いっちゃなんですが、どうでもえぇ。

2006年9月15日

7900GS買った

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『銀河79GS-Zが置いているか見に行ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにかLeadtekのを買っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をしたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    待ちくたびれだとか衝動買いだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

続きを読む "7900GS買った"

2006年9月12日

クロスブラウザ

もう崩れない、Webブラウザによる表示の違いを吸収するサービスが開始
こっちも、自分のサイトの表示確認はIE、Firefox、Operaでしましたよ。
このブログはそこまで確認してませんが、どうやら概ね大丈夫な模様。

しかし、本当に大丈夫なんだろぅか。

2006年9月10日

2.1chにこだわる

PCの音質向上のため、ヤフオクでサウンドボードを購入。
ONKYOのSE-90PCI。

スピーカーも同社のGX-R3X。コストパフォーマンスに優れて、素人耳には十分な音を出してくれます。
それにYAMAHAのYST-MSW8ってウーファをつけて、不足しがちな低音域をカバー。ドラムスやベースの音が全然違ってきます。

で、取り付け。
ケースを開けてPCIスロットにボードを挿入。
何事もなく起動・・・するかと思いきや、しない。
他のボードやIDEデバイス、オンボードデバイスを外したり無効にしたりしましたが、POSTは終えるものの、デバイス列挙の後進まない。
色々と悩みに悩んだ2時間。
結論。

FDが挿しっぱなしorz
灯台もと暗しとはこのこと・・・メッセージも出ないので気づきませんでした。
くそ・・・秋関の記録のフロッピーめ・・・。

まぁ、そうした無駄な苦労の後、無事に音質改善できました。
ソースの細かい部分まで再現されてるようで、割といい感じ。

2006年9月 6日

Vista RC1

みなさん、秋関お疲れ様です。
自分も明日から頑張ります。

Microsoftが「Windows Vista」の価格を発表,「RC1は500万人以上に配布」
MS、Windows Vista RC1を500万人に公開
とりあえず、Partition MagicでEかFドライブからパーティション切って、RC1を入れてみます。
ちょっとグラボが6600 GTで物足りないですが、まぁAeroは動くでしょう。
Beta2は10GBもあれば十分インストールできたので、20GBほど確保してみますか。
どうやら速度は向上してるみたいですし、最適化もいい感じに進行してるんでしょう。
オンボードグラフィックで動くかどうかは未だに甚だ疑問ですが。

2006年9月 3日

理系な

理系の人々
オモロい。
結構当てはまる・・・そうか、これが理系か。

気の迷いで保存してしまった画像
次スレあり。

IEの落し方
怖いな・・・検証用にIEのアドレスバーに
"javascript:for(w in document.write){ document.write(w); };"
って入力したら、確かに死んだ。
まぁ、やってみてください。
これは、ブラクラ的にしか使えなさそうですし、致命的ではないけど要修正じゃないでしょうか?
単純な入力系といえば、9x系のconconを思い出します。あれはWindows自体がクラッシュしますから、それよりゃマシか。

2006年8月28日

タダのケーブル

さて、UPS。
今日は、日本橋に行ってました。

RS-232C、D-sub 9pinシリアルストレートケーブル(メス/メス)と、その一方のコネクタをオスに変換するためオス/オスのアダプタ。
で、これが意外に置いてない。
いゃ、もちろん探せば普通にあったんですが、USBケーブルみたいにどこにでもってわけじゃなかったんです。
これが、レガシーインターフェースというものか・・・。

あと、探してる途中でUSBへの変換ケーブル(ドライバFD付き)も、ジャンク1280円で発見。
ぶっちゃけ、格安。
普通のメーカー品なら3~4千円くらいはします。
なので、そのうち買いに行くかも・・・いゃ、そりゃないか。

で、現在ヤフオクで出てる拡張ボードも落札できそう。
これで、リモコン受信機とタブレット用にあと2ポートが確保できます。

最後に試験結果。
付属のソフトでは、確かに電力供給がなくなった後、指定時間後にシャットダウンできました。
しかし、休止状態にならない。
設定ミスか・・・よく分かりませんが、その代わりにXP標準のUPSサービスを使うことに。
これなら、停電後バッテリー残量が減ってきた後に休止状態で終了できるので、作業状態も失われません。
付属ソフトなら入出力電圧、最大出力容量に対する現在の出力パーセンテージとかもモニタできるので、出来ればそっちがいいんですが・・・まぁ、贅沢は言わない。
てか、見てどうすんだって感じですが。

全く、付属のケーブルじゃないと動きませんとか書いときながら、その実ただのオス/メス仕様のストレートケーブルだったとは・・・心配して損した。

しかし・・・ジャンクパーツ漁るのって楽しいね。
なんかよく分からんパーツが段ボールに突っ込んである中から、必要なものを探し出す。
今回は買いませんでしたが、やっぱり面白そうなものも多いですよ。

ゴメン。キモい。さすがに。

2006年8月27日

グラボ6→7

さて。グラボが欲しいです。
で。

情報収集の結果、現在DELLのハイエンドゲーム用PCのXPS 700に搭載されているGeForce 7900GSが、一般に販売されることが判明。
ポイントは3点。

・199ドル以下で登場
・7800GT程度の性能(かな?)
・7600GTが130ドルに値下げされる

7600GTどうしよっか・・・とか考えてたので、これはもうちょっと待って、7900GSを買うことに決めました。
金はないですが、このタイミングは逃したくない。

で、今持ってる6600GTの買い手が決まり、交換後に売ることに。
1年ちょい前の購入時に2万円程度したグラボを4~5千円で譲ります。

この結果、システム全体で最大のボトルネックはCPUとメモリになります。
Athlon64 3200+(Winchester)、DDR-400じゃあ、そりゃあね。
まぁ、CPUは難しい時期なので何ヶ月か待ちます。
とりあえず、そういうわけで、グラボは7900GSで1年半から2年ぐらい持たせることを期待。

ちなみに、現状で買うならCPUはAthlon64 X2 3800+~4200+、それに合わせたマザボ・・・nForce 570(または570 SLI)の何か、メモリがDDR2-667 512MB×2(で、そのうちさらに512×2追加)。
個人的には。

2006年8月23日

SLIしない

起動ごとに「SLI multi-GPU(略)」とバルーンが表示されてウザいことこの上なかった今日この頃。
いゃ、こっちゃSLIなんて上等な構成は使ってないっつーの。
何度タスクトレイアイコン消して、窓の手でスタートアップから外してもしつこく常駐しやがる。
で、起動時に上記の警告を出す。

どうやらバグのようです
いやはや・・・通常のリンク先になくて困りましたよ。

続きを読む "SLIしない"

2006年8月21日

UPS

停電及び落雷時の過電流対策として、パソコン周辺用にOMRONのUPS(無停電電源装置)を使ってます。
で、どうもデュアルディスプレイにしてると出力が大きすぎて、オーバーロードになりやしないかとちょっと不安。
対応500VA/300W。
まぁ、今んとこ大丈夫っぽいですが、何の気なしにアイロンつないだら落ちたので(当たり前)、以降気をつけないと。

ともかく、せっかくのUPSなので停電時の自動シャットダウン機能を使おうかと思い立ち・・・ウチにあるのは通信がシリアルポート経由なことを知りました。

D-sub 9pinコネクタが、リモコン受信機用に埋まってることに思い至り。
さて、シリアルポート用の拡張ボードを買うか・・・それともUSB用の変換コネクタを買うか。
どっちもジャンクパーツとして転がってそうなので、そのうちに。
・・・って、拡張ボード高ぇ!5桁、何でだ?
これで変換コネクタ一本に絞られた。
あ、でもヤフオクでジャンクが・・・買うか。

それよりも、バッテリーの耐用年数を1~2年ほどオーバーしてることが気にかかる。
交換用バッテリーが8400円。さて・・・半年以内には換えたい。

2006年8月17日

猛暑につきHDD

HDD温度がヤバい。

1台目(E:):43℃
2台目(C:/D:):53
3台目(F:):45℃
4台目(I:):外付けにつき不明

さすがに冷却対策が必要か・・・。

ちなみにその他、

A:→FDD
G:→HDD追加用に予約
H:→DVDマルチドライブ
J:、K:→SDカード、メモリースティック他リムーバブルディスク
L:~O:→仮想CDドライブ

2006年8月 6日

あゝ、オブジェクト指向

夏は暇があればC#かD言語でもやってみたい。
JavaはプログラミングDでやるらしいし。

と、書いてみる。
でも、やらない気がする。

オブジェクト指向プログラミング(OOP:Object-Oriented Programming)もあんまり理解してないのに、昨今ではアスペクト指向プログラミング(AOP:Aspect-Oriented Programming)なんて考え方も出てきてるようですが。AspectJ。
ポリモーフィズムって何ですか?

でも、とりあえずどっちもあんまり使わない気がする。
どうせ作っても小さなプログラムだし。

2006年8月 1日

Win3.1

そんなわけで、またもやOSインストゥオーール。
またかよという声はなしで。多分何かからの逃避。

今度は、MS-DOS 6.2/V+Windows 3.1。
95さんの前に出ためちゃくちゃレガシーなOSです・・・が、Win3.1は本当のOSとは言えないです。完全にDOSに乗っかってますから。
さすがにこのレベルになると、触れたことしかありません。
でも、中学では2年までMS-DOSのPC-98(NECの純国産パソコン)が入ってたので、DOSは使ってました。
そのせいで、今でも「キューハチ」なんて聞くと、Win98ではなく、PC-98を連想するわけですが。
ほとんどゲームオンリーでしたが、一太郎たちとの出会いはその頃です。
その後Win98のパソコンが入って快適になりましたが。
しかも、卒業してからから程なくしてXPのパソコンが入ったようです。予算潤沢だなぁ・・・と感心しました。

ともかく、インストールはオールFDで6枚。小さい・・・。
Win3.1はFD版12枚とCD版。
以下、流れ。

MS-DOSインストール。
どうも、単独で上手く起動してくれない。ので、その後はDisc1で起動させ続ける。
その後分かったことですが、CONFIG.SYSの設定がおかしかった模様。

FDからしかDOSが起動できないのを無視してFD版Win3.1をインストール。
ひたすら交換。ダルい。

その後、ネットで情報探しまくってAUTOEXEC.BATとCONFIG.SYSを書き換える。でも、うまくいかない。
仕方ないので、先にCD-ROMドライブを使えるようにする。
これは、Win95と同様に設定。

FDからDOS起動→HDDからWin3.1起動、なんて変なことになって、全然うまくいかない。
日本語が上手く扱えてない模様。
さらにAUTOEXEC.BATとCONFIG.SYSをいじくる。
そして、何となくCD版Win3.1を上書きインストールしてみましたらば・・・
なぜかHDDからDOS起動→Win3.1起動ができました。
何だったんだろうね?

Windows 3.1。
エクスプローラの代わりにプログラムマネージャとファイルマネージャ。
Win98とかでも「ファイル名を指定して実行」からprogmanやwinfileと打ち込んだら使えたりします。
20060801_01.jpg

MS-DOS。
こいつは使えねー。
20060801_02.jpg

続きを読む "Win3.1"

2006年7月31日

Meiryo

Windows Vistaを試して、新標準フォント「メイリオ」に触れました。
名前の由来は「明瞭(Meiryo)」。いい感じなのでXPでも使ってみることに。
ただ、美しいのはいいんですがやたらと行間が広くて、メニューとかが間延びして困ってました。
個人的には、フォントは見苦しくならない程度の最低限の高さのみを設定しておいて、行間はソフト側で調整するもんと信じてるもので。

そこで、ttfname3なるソフトをどっかから拾ってきて、行間調整版を作りました。
結果、MSゴシック相当程度にできたのでその違和感も払拭。
「メイリオ 調整版」(まんまやがな)と名付けて、できる限り設定して使ってます。

今まではレジストリいじって、VerdanaにSH G30-PをFont Linkして使ってました。
Font Linkとは、2000あたりからの機能で、ASCII文字しかない欧文フォントに、足りない全角部分を日本語フォントで代用させて、あたかもその欧文フォントを日本語フォントのように使えるようにする機能のこと。
言い換えれば、カッコいい半角文字を含んでいるものが少ない日本語フォントで、それを補うものです。
英字はArialとか他にもいいのありますが、10ptとかで読みやすい日本語フォントは少ないです。
そんな中、SH G30はネットで見つかる読みやすさ重視のフォントということで。
半角英数字はVerdanaでスマートで美しい文字、全角はSH G30-Pでスッキリとシャープな文字を堪能してたんですが、やっぱり新しい物は試してみたくなるじゃないですか。
というわけで、しばらくメイリオに浮気。Tahomaも悪くないんですけどね。
・・・ただし、AAが崩れるorz

で、XP使ってると、MS ゴシックなどもClearType適用させて綺麗に表示させたくなるのが人情。
ところが、フォントサイズが小さい(とはいえ、12ptとかの割と普通なサイズ)と、一緒に含まれているビットマップを使用して表示されてしまうので、せっかくのClearTypeが半角のみに。
これは、もったいない。大抵のソフトでは相変わらずのカクカクフォントに。

そこで、これはちと危険なのですが、gaspテーブルとかいうものを改造して小さいサイズでもClearTypeによるアンチエイリアスがかかるようにしています。
MicrosoftのTTSDKをミラーから拾ってきて、これまたネットで発見したttfmodとかいうソフトで改造。
さらに、EBDTってのが存在するとClearTypeが有効にならないので、fonttoolsてのでそれを削除。
で、それを標準のMS ゴシックなどをバックアップとった上で上書き。
結構前からやってますが、何もしないよりは実にいい感じ。
その代わり、ClearTypeがかからないソフトでは悲惨なことになってますが。

以上、ClearTypeにまつわるフォント改造のお話。
まとめ:
・メイリオはttfname3で行間調整
・MS ゴシック他はgaspテーブル書き換え
という備忘録。
最近自分用の備忘録ばっかり。

2006年7月29日

Win95

レポしなきゃならんのに、なぜかVMWareにWindows 95 OSR2.5をインストールしてました。

とりあえずWinMeで起動ディスク作って・・・と、めちゃくちゃ久しぶりなので、起動ディスクの作り方を忘却してました。
だめぽ。

で、そこからMS-DOSモードで立ち上げる。
FDISKでパーティション作って、いつものようにFORMAT。
95のCD-ROM入れて、SETUPからインストール開始。
家にはなぜかFD版もあるのですが、さすがに10枚単位のディスク交換は勘弁ということで。
それ自体は特に問題なくできたのですが、Windowsが起動するとCD-ROMドライブを認識しない。
で、どうやらミツミのドライバとか入れてやらないといけないらしい

無事ドライブも認識して、次はVMWare-Tools。ホストOSとゲストOS間でシームレスにマウス移動ができたり、ディスプレイ機能などをフルに使うためにも必須。
そこでまたもやエラー。これまた440BXのドライバをインストールして解決。
時に、大学に入るまで使っていたパソコンのマザーボードのチップセットがIntel 440BX。
軽ーくエミュレートされちゃってる訳ですか。そうですか。

次に、ネットワーク関連の設定。これはほとんど問題なく完了。
一応、ファミリ ログオンできるようにしました
何やら他のマシンからWin95を見れたり見れなかったり、逆もまた然りな状況が時折発生しますが、気にしないことにします。

最後にサウンド。VMWare 5.5ではCreative Ensoniq Audio PCIをエミュレートしているんですが、95用のドライバが見つからない。
98SE入れたときは、どこかでドライバ拾ったような気もするんですが・・・謎。
仕方なく、設定ファイルを書き換えてSound Blaster 16/Proとする(リンク先のあの壁紙、何だ?UNLHA32.DLL他のMicco氏、かなり有名だけども・・・)ことで回避。
どうにか、あの懐かしいポン、ポロロン・・・という起動音を聞くことができました。

いゃ、しかしエクスプローラの使いにくいこと!
標準設定では、マイコンピュータを開くと、以降どんどんウィンドウが開いていきます。
1つのウィンドウで開くようにもできますが、戻るボタンとかがないのでこれまたどうしようもない。
昔はこんなの使ってたんだなぁ・・・としみじみ。
SOTECのWinBook Trim 133を親に買ってもらった当時のことを思い出します。
ThinkPad風のトラックポイントでグリグリとポインタ動かしたり。
標準仕様では、

CPU:Pentium 133MHz
メモリ:16MB
HDD:1.2GB
ディスプレイ:7.5インチVGA
バッテリー:1.5時間

圧倒的にVMWareによる仮想マシンの方が高性能。時代だなぁ・・・。

で、IE 3.0。こんなの見れません。
20060729_01.jpg

2006年7月23日

tcsh

最近FreeBSDを使っていて、tcshがすごく使いやすいことに気づきました。
全然使いこなせてるとは言い難いですが、確かにあの機能ならCUIでも十分に使えます。
時にはGUIより圧倒的に早く操作できるときも。
Windowsでも自作のコマンドラインランチャー使ってますし、やはりGUI万能ではないということで。

大学の演習室のワークステーションで初めてFreeBSDを触ったときには少々ダルいと思ってましたが、やはり慣れるといいもんです。
ただし、Webブラウザは絶対にマウス操作であるべきだと思う。

2006年7月20日

Sambaその後

Sambaの設定がうまくいきました。メモメモ。
これで、

Win XP(デスクトップ)
Win XP(ノート)

Win 2000(仮想マシンonデスクトップ)
Win 98 SE(仮想マシンonデスクトップ)
Win Me(仮想マシンonデスクトップ)
Vine Linux 3.1(仮想マシンonデスクトップ)
FreeBSD 6.1(仮想マシンonデスクトップ)
FreeBSD 6.1(仮想マシンonノート)

その他LAN上のNAS、パソコン

の間でファイル共有ができるようになった。
・・・キモいな。多すぎて。

で、そんなことしてるうちに、気づいたら明日は英語のテスト。
うおぉ・・・ヤベェ。

続きを読む "Sambaその後"

WSH

やっぱWindowsScriptingHost最高。
バッチファイルなんかよりよっぽどいいです。
VBScriptやらJavaScript(正確にはJScript)などでちょっとしたスクリプトが簡単に書けてしまう。
Win98SEあたりから登場したと思いますが、相当高度なことができますよ。

Randomize
MsgBox Int(Rnd * 5)

で、くじ引きしたり(全然高度じゃねぇ)。

オブジェクト指向だったりするので、正直バッチと比べると書く量は増えてしまったりするわけですが。

その昔のI LOVE YOUなんたらのせいで、拡張子vbsにウイルスの印象が付いてしまっているのが悲しい。

2006年7月15日

Firefox

なぜFirefoxは日本では普及しないのか
英語
必要性
eのアイコン
国産タブブラウザ

2006年7月14日

MT

MTと聞いて、マニュアルトランスミッションを連想した人は普通の人です。
ちなみに、自分、AT限定です。

MTと聞いて、Movable Typeを連想した人はブロガーです。
ちなみに、このサイトもMovable Typeで構築しています。

MTと聞いて、マルチスレッドを連想した人はプログラマです。
ちなみに、マルチスレッドを活用したことはありません。

MTと聞いて、メルセンヌツイスターを連想した人はアルゴリズムに通じている人です。
ちなみに、これからは疑似乱数生成にrand()ではなくてこれを使おうと思いました。

2006年7月12日

専門職

ピンク少佐と「EXCELマスター」
事実事実。分からんもんは分からん、てことも多いのです。

2006年7月 6日

OpenDocument

MS、OfficeでOpenDocumentをサポート

実に素晴らしい。
その再現度が不安ですが、やはりデファクトスタンダードの製品が高すぎるってのは問題ありだと思ってましたから、OpenOffice.orgなどとの連携が可能になるのはいいことです。
どちらもXMLベースのフォーマット(しかし仕様は異なる)ということで、OOo側でMSOfficeのファイルをインポートする機能が開発しやすくなるだろうとは考えてましたが、まさかMS側でOpenDocumentに対応するとは。
これは、新UIのリボンとタブ以外にも2007 Officeには期待したくなります。
・・・でも、本当に2007年に出せるんだろうか。

2006年7月 3日

Perl

やっぱりPerlは美しくない。
高2か3でCGIの勉強してたときにも思ったことですが。

まず、書き方が混沌としすぎ。
個人的に一番気にくわないのが、

if (!open(IN, "a.txt)) { die "Can't open 'a.txt'"; }
die "Can't open 'a.txt'"; unless open(IN, "a.txt");
open(IN, "a.txt") or die "Can't open 'a.txt'";

とかが全て同じってこと。
ifだけでいいじゃん。せめて、条件判定は手前に置くように統一しようよ、と。
気軽にスクリプトを書けるのはいいんでしょうけど、後でデバッグとかするときに、特に他人の書いたものなどは、最早訳が分からなくなってしまいます。
まぁ、このあたりは言語の設計思想でしょうから愚痴愚痴言うことじゃないかもしれませんが。

ただ、連想配列(ハッシュ変数というべき?)、比類なき正規表現、配列の扱いの柔軟さはもの凄く気に入ってます。
かなり便利。

何にでも一長一短あるということで。

2006年6月16日

がちゃ

光と影
さみしそ。

めつこおるは届きました。

初心者ユーザーの増加に対応したソニーVAIO事業部の取り組み――G-Forceジャパン
一瞬グラボの話かと思った。

2006年6月12日

ユビサキレボリューション

キーボードが届きました。
何とも言えない軽いタッチ、かといってスカスカというわけでもなく、自分好みのストロークの深さを持つ。
押す指によってキーの重さを変えてあり、力の入れにくい小指は軽くなってます。
キーの形自体もそれぞれ違うので、かなり押しやすい。

ただ、今までよりもかなり力がいらないので、キーボードに手を置いたまま考え事をしていると、気がついたらAを押してしまってたり。
それでも疲れなくてかなりいい感じです。

2006年6月 8日

きーぼーど

ずっと今のキーボードに不満があって、ついに金がないにも関わらず新しいのを買うことに決めました。

東プレのRealforce106 UB。市価18000~20000円前後の商品です。ハイ、桁は間違ってません。
ヨドバシで試しに触ってみて、なんかいいと思ったので、この際だからと決めました。
ENERMAXっていう電源よく出してる会社が新しく作った、カッコいいアルミのキーボードもよさげだったんですが、こう・・・なんていうか、ストロークの深さが好みじゃなくてやめました。

で、それをヤフオクで17000円で落札。オークションショップだし、知ってる会社だから大丈夫だろうということで。
明日金振り込みます。

ネコもしないといけないです。1晩+α・・・

2006年5月31日

日本語FEP

日本語FEPといえばMS-IMEしか思い浮かばない人が多いでしょうが、僕はJustsystemのATOK超推進派。
変換効率が全然違います。誤変換がかなり少ないですし、学習もいい感じ。
変換ミスを直すときのあのイライラがかなり解消されます。
あと、変換モードの方言対応。僕であれば「話し言葉関西」。
関西弁をすっと変換できるので、メッセンジャーとかでもすごく役立ちます。
中学時代に学校のパソコン(ワープロソフトが一太郎だったので、ATOKも付属)で使い始めてから、家のMS-IMEの設定をなるだけATOK風味に調整して、その後は実際にATOKに移行。
他人のパソコンで文章打つとき、すごく違和感・・・というか、効率の悪さを感じます。

それから、CapsLockとCtrlは入れ替える。
これは大学に入ってからの習慣。もはやこの方が使いやすい。左手小指の移動も少ないし、各種ショートカットキーも入力しやすいです。
家では使ってませんが、Emacsなどそうなってないとまともに使えないんじゃないかとまで思えてしまったり。

ここまで書いて思った。
・・・なんでこんなこと書き始めたんだろう。

2006年5月19日

Scim-anthy

KDEも日本語化。よし。

kinput2+Cannaはやめて、SCIM+anthyにしました。
明らかに変換効率が違う。やっぱ新しいものはいい。
ただ、scim-setupがうまくいかない。Segmentation faultが出る。
で、調べてるとこんなバグがあるらしい。
まぁ・・・しばらくそのままにしときます。

あと、Sambaをさっさと設定しないと。フォルダ共有は必須ですから。

2006年5月16日

できた

FreeBSD 6.1-RELEASE i386で、すんなりとネットワークにつながりました。普通に。

後は、kinput2とCanna他、日本語環境を整えるのみ。

2006年5月14日

FreeBSD/Win98 SE/Win2k/Vine Linux on VMWare on WinXP

今日はレポートの合間にVMWare上でFreeBSD 5.4入れてました。
X入れたのはいいんですが、どうにもFreeBSDがネットワークアダプタを認識してないらしく、ネットワークにつなげない状態。
なのでそもそもDHCPの設定もクソもなく・・・。
kinput2とcanna、ktermはさっさと入れたいんですが・・・今んとこお手上げ。

ちなみにXはKDE。GNOMEもいいですが、VineLinuxで見飽きてるので。あとのは、ない。美しく、ない。

あと、ついでなんでわがVMWare上のゲストOSたちの姿をキャプっておきました。

Win98 SE

Win2k Pro

Vine Linux 3.1

続きを読む "FreeBSD/Win98 SE/Win2k/Vine Linux on VMWare on WinXP"

2006年5月13日

中国

アドレス枯渇はどこまで現実の問題になったか

はてさて・・・何年も前からIPv6については色々と聞きますが、いい加減そっちに移行しないとマズいんですな。

垂直記録方式を採用した3.5インチHDD「Barracuda 7200.10」説明会

うん。面白そう。買わないけど。