2011年1月24日

ホントにP=NP?

3SAT問題を多項式時間で解くアルゴリズムが発表される。P=NP証明に? - スラッシュドット・ジャパン
ここ2週間のことは置いといてとりあえず速報。
数学の知識はないので正しいのかは知らん。

2010年10月26日

ヤバげなサイト

とある準公共交通機関的なサービスを提供しているサイトにおける予約ページ(PHP使用、はどうでもいいか)のお話。

まず、あるセッションにおける個人情報がformのhidden要素に入れられて、ページ遷移の度にPOSTで送信される。
パスワードもなんと平文で。
セッション維持にはCookie使えよ!パスワードをそんな形で保持しないでよ!

次に、Referrerをチェックしてないので、予約の途中ステップのページをローカルに保存して、そのHTMLファイルからクエリ投げても普通に次のステップに進む。
これ自体に大きな意味はないけどさすがに弾けよ!

さらに、hidden要素に保存されてる価格を好きに書き換えてクエリ投げられるわけです。
で、クレジット払いにすると、その価格で支払い処理が進む模様。
例えば5000円のを100円とか。
スクリプト中で正しい値段かぐらいチェックしようよ!

と、まぁこりゃヤベえと思ったので書いてみました。
いゃ、悪用はしてませんよ?マジで。
3点目とか、どうせ人間の手が入る部分でチェックされるだろうし。

ただ、パッと見ただけでもこれだけの問題があるわけで、パスワードをハッシュ化すらせずに生のままサーバ上に保存してたり、見えない部分でさらにとんでもないことになってるんじゃなかろうかと邪推してしまう。
HTTP使ってる時点でもはやとか、そもそもHTTPS使おうよとか、色々あるでしょうし、セキュリティには疎いので的外れな指摘もあるかもしれないですが、超怖えですよ・・・

2010年9月 1日

ガレキもあるんだってさ

Homebrew Cray-1A | ChrisFenton.com

これは濡れる

2010年6月30日

プログラミング言語Love++(第2回)

Love++の標準ライブラリはstd(STuDent)ネームスペースで提供されています。
前回のstd::shoutなどもその一部ですね。

また、プログラミングの効率化のためにSTL(Standard Template Love)が用意されています。
紳士の皆様なら、ここから独自の愛を育んでいけるでしょう。

今回はその中からstd::rinkoについて紹介したいと思います。

・名前とか
色々なメンバ変数を持っています。
人間ですから当然ですね。

std::rinko my_rinko;
std::cout << my_rinko.name << std::endl;
std::cout << my_rinko.birthday << std::endl;
std::cout << my_rinko.status << std::endl;
std::cout << my_rinko.favorite.phrase << std::endl;

% lpp rinko1-1.lpp
% ./a.out
小早川凛子
8月17日
桃リンコ
はにゃ~ん

おっと、最後のは違いました。

自分で設定できる変数もあります。

std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;
my_rinko.nickname = "リン";
std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;

% lpp rinko1-2.lpp
% ./a.out
小早川
リン

・ガベージコレクション
もう煩雑なメモリ管理は不要です。

std::food rinko_food;
my_rinko.open(my_rinko.favorite.food);
while (my_rinko >> rinko_food)
  std::cout << rinko_food << " ";
std::cout << std::endl;
return 0;

ガベージコレクションがないと、

% lpp rinko2.lpp
% ./a.out
鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖
缶 ls -l
-rwxr-xr-x  1 shine shine   缶096 9月 20  2009缶.out
-rw-r--r缶  1 shine shine     573 4月  1  2010 rinko2.lpp缶

ゴミをそのままにしてしまうかもしれません。

・志村
Love++で特徴的な癒し機能の一つ。

my_rinko.niizuma();

% lpp rinko3.lpp
% ./a.out
小早川> 今夜は何が食べたい?和食?洋食?中華?それとも......。
> なんでもいいよ!それくらい自分で決めてくれよ!
小早川> (ガーーーーン!)
小早川> そ、そうよね。アタシって......夕飯の献立も一人で決められないダメな女......あなたの妻、失格だわ!
> 大げさだから!
小早川> じゃ、嫌いにならない?今でも愛してる?
> 嫌いにならないし、愛してるよ!
小早川> リンコ、嬉しいっ!

・はぴかむりんこ
プロジェクトが混沌としてどうしようもなくなったとき。
きっと何とかしてくれます。

my_rinko.happycome();

% lpp rinko4.lpp
% ./a.out
小早川> はぴかむりんくる~♪はぴかむりんこの魔法であなたの人生、開運よ!
小早川> ボッコボコのギッタギタだぞー!
小早川> rm -rf /

きっと。

今回は以上です。

2010年6月28日

プログラミング言語Love++(第1回)

世の中の多くのSEは、厳しい現実に疲れ果てています。
雑なPJ管理、人手不足、仕様変更、そしてデスマ・・・

そんなあなたに、革新的なプログラミング言語とその処理系を提案します。

その名もLove++

C++ライクな言語仕様と、使いやすいクラスライブラリ。
デバッグやテストの効率化を目的とした高機能なデバッガ。
そして一服の清涼剤・・・

きっとあなたに幸せをもたらしてくれるはず。

本稿ではそんなLove++言語の解説をしていきたいと思います。

・Hello World
まずは定番。

#include <iostream>
int main() {
  std::cout << "Hello, 凛子!" << std::endl;
  return 0;
}

Love++プログラムはlppコマンドでコンパイルできます。

% lpp helloworld.lpp
% ./a.out
Hello, 凛子!

・愛を叫ぶ
std::coutの他に、std::shoutが用意されています。

std::shout << "凛子" << std::endl;

% lpp hellorinko.lpp
% ./a.out
凛子ォォォ!!

・永遠ダイアリー
皆様の愛は永遠に続くでしょう。

while (true) {
  love++;
  std::shout << "凛子" << std::endl;
}

% lpp infinitelove.lpp
% ./a.out
凛子ォォォ!!
凛子ォォォ!!
...

まさか途中で^Cを押す方はいないですよね?

・突然の電源断は厳禁
次回起動時に怒られますよ?

% ./a.out
ひょっとしてSIGTERM送らないで電源切った?  そーいうの、どうかと思うんだけど。

当然ですが、停電対策にUPSを用意してください。

今回は以上です。

2010年2月13日

新アーキテクチャラッシュ

IntelのItaniumも出た。
IBMのPOWER7も出た。

主要アーキテクチャの新版が一度に2つも出てきました。
後でもっと調べておこう。

ハイエンドサーバのイメージとしては、
IBM=POWER
HP=Itanium
富士通=SPARC
日立=POWER
NEC=Itanium
と思ってるんだけど、間違ってないだろうか。

2010年1月26日

ラッパをしこしこと作成

マルチスレッド周りで。
Boost他は使わん・・・てか、勉強不足で使えん。
標準STLのみで済ませたい。
あと、WindowsならWin32 API、LinuxならPthreadsで。

基本的な機構としてはPthreadsの方が好きなんだけど、シグナル周りはWin32 APIがいいね。
単にシグナルの送受信だけでいくつもの関数と変数使わなきゃならんのはめんどい。

2010年1月22日

バリア同期をどうするか

Linuxならpthread_barrier_wait()すればいいだけだし、Windowsでも適当な機構組むか、pthread for win32使えばいいんだけど、子スレッドのどの箇所でバリアすべきかを悩んでる。
効率を考えないといけないが、適切な箇所を考えあぐねてて・・・参った。
こんな本質に関係ないとこで止まってちゃ仕方がないだろうに。

2010年1月15日

arrowhead

東証システム、全面刷新の真相---目次 - 東証システム、全面刷新の真相:ITpro
ヤバい。
何かこぅ、プロジェクトXを見てる気分になってくる。
しかもそれが、自分の関わろうとしてる仕事と同じ領域のプロジェクトとなると、そりゃもぅ心沸き立つってもんです。

まだ途中までしか目を通してませんが、ちょいとじっくり読んでみるつもり。

2009年12月 3日

HDD復活

HDDトラブルの状況から、おそらくは内部、プラッタやヘッド周りにはダメージなしと判断。
といぅのも、基板の一部から煙が立ち上っていたから。

続きを読む "HDD復活"

2009年11月30日

R4 SSD化計画 換装偏

換装方法とリカバリ領域の作成についてはまとめサイトが詳しいです。
Let'snoteテンプレ - リカバリ関連
これを参考にして、True Imageでディスクをコピー、起動ディスクからブートして、リカバリ領域の作成・・・成功。
うまくいって一安心。

続きを読む "R4 SSD化計画 換装偏"

2009年11月29日

R4 SSD化計画 SATA-2.5"IDE変換編

といぅわけで、前回の記事で参照したサイトを参考にさせていただいて、変換基板を作成。
途中、うっかりパターンをはがしてしまったりと問題もありましたが、とりあえず完成。
半田づけ箇所がかなり多くて、非常に面倒。

続きを読む "R4 SSD化計画 SATA-2.5"IDE変換編"

2009年11月27日

R4 SSD化計画 機材選定編

この前、現在のディスクのベンチマークを取ってみました。
そしたら、もぅ絶望的な結果。
確かに遅い遅いと感じていましたが、まさかシーケンシャルリードで20MB/sそこそことは思わなかった。
断片化が激しいけど、容量が一杯一杯でもはやデフラグもままならない。
そもそも激しい使い方で長いこと使ってきたので、クラッシュも非常に怖い。

続きを読む "R4 SSD化計画 機材選定編"

2009年8月 6日

七夕祭りとSX-9の夕

一昨日は景気づけに牛タンで一杯。
昨日は発表が終わってから懇親会と2次会で一杯。
今日はこれからゆっくりと海鮮を味わいに一杯。
素晴らしい。
七夕祭りなんてまるで関係なし。

で、昼間はSX-9の稼働実機を見せてもらってテンションがめっちゃ上がった。
すげーよ。
さすが日本が誇る世界最強のベクトル型スーパーコンピュータですよ。
なんか青く光っててめっちゃカッコよかった。

それから、地球シミュレータのリプレイス前のノードも見ましたね。
これが世界最速を2年半という長期にわたって維持し続け、アメリカに対してコンピュートニク・ショックを与えたスーパーコンピュータの構成機かと感慨も一入。
やっぱり、ベクトル機はまだ死なないって、きっと。
細々とでももうちょっと生き残るよ、きっと。

あと、PS3クラスタをあの規模で設置しているのも初めて見た。
PCクラスタは見飽きてて何とも思わないですが、PS3はあんまり見ないので。

2009年6月 8日

CUDA 2.2

それにしても、この2.2での変更は非常に大きい。
2.0→2.1のときの比じゃない。

メモリ周りがすごい。
今更ともいえるけど。

・Portable memory
非常に助かる。特にマルチGPU。

・Mapped memory (zero-copy)
相当有用なはず。
簡単な実験ではcoalescedアクセスなら完璧でした。

・Write-combined memory
・・・分からん。

2009年5月15日

富士通の底力

富士通が世界最速 (128 GFLOPS) の CPU を開発 !
そうそう、何日か前に出てましたが、なかなかやるなと。
SPARC64へのSIMD拡張な感じですね。
やっぱり最近はどのプロセッサでもこの手の拡張を推し進める方向にあるようで。
スカラ性能がもはや伸びない以上、ベクトル的要素が再度重要視されてくるのはもはやいうまでもありませんが。

NEC+日立の京速計算機からの撤退も、この情報が伝わってたりしたのが影響してたんかなとか考えちゃいます。
そして、いよいよもって京速計算機の行く末が気になります。

2009年5月14日

-NEC

NEC、国策の次世代スパコン開発から撤退、「事業は継続」と強調:ITpro
まさに国家プロジェクトの京速計算機、日本の大手3ベンダーが関わるってことで非常に注目を浴びていましたが、その一角ベクトルコンピュータ担当のNECが外れると。
2007年に最新のSX-9を発表して未だ衰えぬHPC事業の健在さを見せつけました。
また去年は地球シミュレータのノードを同機で置き換えることにより、地球シミュレータはTSUBAMEを抜いて再度国内1位を奪還、世界ランキングでも大きく浮上する(はず)など、ベクトルコンピュータの意地を見せました。

不況の影響、嫌だねぇ。

2008年4月10日

液冷の拡大

IBM Moves to Liquid Cooling for Latest Supercomputer
最近の省エネ傾向とかを加味してのことでしょうか。
POWER6ではPOWER5と同程度の消費電力に抑えられているとのことではありますが。

どっちにしろ、近年のデータセンター全体での消費電力の増大について、仮想化によるサーバ統合などのソリューションを(サーバ管理の負担軽減などの点からも)提示しているIBMのこと、顧客からの要望も多いのでしょうね。

2008年4月 3日

AtomとNehalem

Intel、IDFでAtomプロセッサを正式発表
IDFで公開された「Nehalem」の内部アーキテクチャ
Intel最大のモンスターチップ「Tukwila」の概要が明らかに
ある意味両極端な2つのx86プロセッサ。
ここにさらに超弩級の次世代Itaniumを加えて、Intelの製品展開は非常に楽しいことになりそうです。

2008年4月 1日

ポインタ(笑)

C/C++のポインタの機能--変数の場所(アドレス) - builder by ZDNet Japan
さぁ。
間違い探しを。

笑てまうわ。

続きを読む "ポインタ(笑)"

2008年3月 3日

Atom

インテル、Silverthorneの正式名称を「Atom」に決定
期待。
WILLCOMが搭載端末を発表しましたし、展開がどうなるか。

2008年2月 7日

Cell B.E.

ISSCCに次世代Cell B.E. 45nm版が登場~6GHz動作、電力を30%以上削減
これは・・・Cellの応用がもっと広がると良いんですが。

2008年1月28日

Isaiah

VIAがC7からすぼんでいくのかな・・・と思いきや、次期CPU「Isaiah」について発表。
Out-of-Order実行など、トレンドを抑えつつもシングルコアと、なかなか興味深い。
性能や省電力性については非常に気になりますが、かなり応援してます。

2007年12月 5日

大統領大予想

Predicting the winner of the 2008 US Presidential Elections using a Sony PlayStation 3
PS3の計算能力を生かして次の米大統領を予言するとのこと。

・・・その実、MD5が既に使えないということを表すため。
こういうのは面白いですな。

2007年11月30日

MRAM

NEC、世界最高速250MHz駆動のSRAM互換MRAMを開発
不揮発性で高速なRAMが使えたら・・・Freescaleが量産してるとか聞きましたが、これでさらに広まってくれれば。

2007年11月28日

早いメモリ

Rambus Aims for Terabyte-Per-Second Memory Bandwidth
Rambusといえば、DRDRAMとかXDR DRAMなど、高速だったり低レイテンシだったりと、独自の技術を培っていっている印象があります。

2007年11月13日

インクジェットゲート

インクジェット方式で半導体を作る技術、新興企業が開発
面白いなぁ

2007年11月 8日

IBMと東芝

Sony Dumps 32nm Chip R&D, but Will Help on 32nm Cell
そりゃ、このままうち捨てるわけにも行かず。
この前Sonyの工場が東芝に移りましたが、Cell自体の開発は続けてもらいたいです。
ゲーム機なんぞに積むべきものじゃなかっただけで、それそのものは面白いです。

2007年10月18日

結局売却

ソニー、Cell生産設備売却で東芝と合意
結局売却ですか・・・この前は微妙に否定してた気もしないではないですが。
東芝としては、Spurs Engineとか作るのにも転用できそうです。

2007年10月 8日

すかし

Xerox、普通のトナーで可能な「すかし印刷」技術を発表
これは面白いですね。
うん、それほど厳重さが要求されない用途には重宝するかもしれません。

2007年10月 1日

X箱シュリンク

The Falcon Has Landed: 65nm CPUs Appear in Xbox 360
シュリンクされましたか。
冷却が・・・コンソールとは思えない。

2007年9月18日

Cell バイ

ソニー、PS3の「Cell」製造ラインを東芝に売却へ
残念。。。でもないですが、予定通りの広範な利用がなされることを期待します。

2007年7月29日

Xorg 7.2についてさらに

そぅいえば書いてなかったんですが。

VMware上のFreeBSD 6.2でportsからXorgを7.2にアップグレードしたと。
で・・・何やら描画に問題ありなようです。
きちんと処理はされてるみたいですが、マウスを動かさないと画面が更新されなかったり(更新されるときもあります)。
調べてる暇ないので今のとこは放置してます。
てか、バックアップからX更新前に戻してしまいました。
これが、この環境固有の問題なのかどうか・・・。

2007年6月22日

cursesでチャットクライアント

で、課題のプログラムの基本的なところはできました。
CursesライブラリでEmacs風キーバインドとともに。

で、char単位で処理してるのでどうにか日本語処理を考えないと。
http://euc.jp/i18n/charcode.ja.html
以前読んだことがありましたが、もっと読み込んでみる。

GTK+とかはまだする気ない。
てか、そこまで手を伸ばすとレポートがどんどん肥大化しそうで嫌。

2007年6月19日

Larrabee

Intelが進める、32コアCPU「Larrabee」
なんて面白そうな。
x86と互換性ありとは・・・そういうアプローチですか。

2007年6月17日

端末によって

getchでKEY_DCが取得できたりできなかったりするのはなんでだろう。
いゃ・・・なくてもいいんですけども、何となく腹が立つ。

ううむ・・・知識が欲しい。
課題のプログラムで自分の目指す拡張を施すには必須・・・に近いわけです。
諦めるのは・・・

2007年6月 3日

kmod-nvidia

突如Xが起動しなくなってしまい。
ログを見ていると

Failed to load module wfb

このサイトを見て解決。
kernelモジュールとkmod-nvidiaの間でバージョン違いにより依存関係が・・・。
なので、もう大人しく再起動しました。
まぁ1ヶ月ほど再起動なしで連続稼働してましたし、頃合い?

kernelアップデートしたなら再起動しろよ。

2007年5月31日

curses.h

http://www.fireproject.jp/feature/c-language/index.html#feature.c-language.curses
UIをもっと洗練させたいと思っていて、テスト勉強の逃避に色々と探し回っていたらようやく答えを見つけた。

viとか、一般的なコマンドラインアプリケーションがどうやってアレを実現してるのかと思ったら・・・やっぱりググってみるもんですな。
srcを見ろ?知らん。
cursesか・・・全然知らんかったけど、これは使い出がありそう。
チャットプログラムだから、常にどこかに対話相手を表示したりしていたいもの。
何なら、MSNメッセンジャーライクでもいいかも。

うん、やる気出た。

2007年4月24日

スタッキング

Samsung、容量4GBのDIMM実現するスタックトDRAM発表
あれ・・・これってもしかして
IBM、3Dスタッキングのための技術「Through-Silicon Via」を開発
これ?いゃ、詳しく見てないんで良くは分かりませんが。

2007年3月 1日

fuse ntfs-3g

この前から、NTFS-3Gをアップデートすると"WARNING: Deficient FUSE kernel module detected"とエラーが出るようになってました。
で、Fedora CoreのkernelソースRPMとfuseのtarballを引っ張ってきて、まずはカーネルソースを配置。
次に、fuseのビルドとインストール。

# ./configure --enable-kernel-module
# make
# make install

それから、

# modprobe fuse

したのはいいんですが、"Invalid module format"と怒られる。
ので

# modprobe -f fuse

とりあえず、エラーもなくなったしいいやこれで。

2007年2月15日

オープンアプリプレーヤー搭載

auの春モデルW51S、Sony Ericsson。
オープンアプリプレーヤー搭載。まずこれ。
http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/openappli.html
仕様も一般的なものに準拠。
勝手アプリの時代が再び来ることを願って。

それからMemory Stick Pro Duo。
PSPの2GBを使い回せるはず。

あと、デザインも好き。

今の携帯のバッテリーがヘタるまで機種変はしないけど、かなり興味をそそられる機種です。

2007年2月11日

.NET Framework on UNIX/Linux

すみません。
バカにしてました。

C#とかで作ってMSILにコンパイルしたソフトがWindows以外で動くことはないだろうと。

.NET Frameworkの実行環境は、その仕様が公開されていることもあり、Wineなどのプロジェクトよりも移植が簡単なようです。
実際、以下のスクリーンショット見てもらえば分かりますが、単純なHello,worldプログラムなら何の違いもなく。

20070211_01.png
on Fedora Core 6

20070211_02.png
on Windows XP

素晴らしい時代の到来が、間近に来てる感じ。

2006年12月28日

necoわすれのとs

ありえぬ・・・orz

2006年12月20日

Sysadmin

War-ftpdでSysadminを削除しても、サービス終了時に勝手に再生されてしまうのを防ぐ方法。
・・・といぅか、標準の管理者を変更する方法。

  1. 転んでも泣かない
  2. Bzとかのバイナリエディタで"Sysadmin"を検索
  3. 発見したら、まー適当に8文字以下、例えば"root"とか"admin"とか(コレもどうかと思いますが。。。)に書き換える
  4. 足りない部分は00hすなわちヌル文字で埋める
  5. もうちょいスマートな方法でやれとか言わない

大体、標準の管理者を変更できないって仕様が訳分からん。
他にもWar-ftpd使ってるって一発で分かるような応答文字列は書き換えた方がいいんでしょうが、面倒・・・てか時間ないです。

2006年11月30日

nissofu

日系ソフトウェア。
面白いので購読したいんですが、お金がない。

2006年11月29日

Fedora Coreインスコ完了

最近のLinuxはインストールもGUIで簡単でいいね。
Vine Linuxも全く困らんかったし。
昔のWinとかの方がよっぽど不親切ですよ。

でも、やっぱりx86に変更。
64bit版はメモリ食いすぎるので。
色々してたら、2GBメモリになって初めてのスワップが・・・いゃ、同時に他のゲストも立ち上げてたからですけども。
試したい気もしますが、ドライバもどのぐらい出てるものか心配で。

で、メモメモ。

続きを読む "Fedora Coreインスコ完了"

2006年10月25日

フュージョン

AMD、GPUを統合した「Fusion」プロセッサ提供へ
これは楽しみだ。
どっちかというと、物理演算ユニットを統合して欲しい気もするけども。
統合したGPUをその代わりに使ったらええんかな。

2006年10月23日

WIN(BREW+Java)

KDDIの一般アプリ解禁がもたらすもの
これは素晴らしい。
ようやくJavaが復活しますか。
これで、auだけ対応アプリが遅れたり、そもそもなかったりすることが無くなるんじゃないかと。

自分でJava使ってアプリ作れるのも実に嬉しいです。
今までが締め付けすぎてましたから。

2006年9月14日

電力線通信

【速報】高速電力線通信がついに解禁,省令改正へ
ようやくですか。
コンセント経由でどこでも通信。
ADSL並。
素晴らしい。

2006年9月 3日

理系な

理系の人々
オモロい。
結構当てはまる・・・そうか、これが理系か。

気の迷いで保存してしまった画像
次スレあり。

IEの落し方
怖いな・・・検証用にIEのアドレスバーに
"javascript:for(w in document.write){ document.write(w); };"
って入力したら、確かに死んだ。
まぁ、やってみてください。
これは、ブラクラ的にしか使えなさそうですし、致命的ではないけど要修正じゃないでしょうか?
単純な入力系といえば、9x系のconconを思い出します。あれはWindows自体がクラッシュしますから、それよりゃマシか。

2006年9月 2日

PS3の価格対性能比

そう、PS3はスゴいんですよ、実は。

PS3の主な仕様といえばこれ
抜粋すると、

CPU「Cell」3.2GHz
これがスゴい。
1個のG5互換のPPEと呼ばれるコアと、7個のSPEと呼ばれるSIMD系浮動小数点演算用コア。
計8個のヘテロ型マルチコアCPU。これからパソコン方面でも主流になるかもしれない設計を大幅に先取りした仕様。
PPEは、ぶっちゃけショボいです。でも、SPEによって218GFLOPSというとてつもない浮動小数点演算能力を持つ。これ、パソコン用CPUじゃぁ全く持って歯が立ちません。下手すると1桁違う。

で、GPU。
GeForce 7800ベースらしいですが、これは微妙。
いゃ、24基のピクセルシェーダとか結構スゴいんですが、GDDR3と128bit接続とか、このクラスの性能で1080pのフルHD出力なんて出来んのかなーとか。
あと、GeForce 7950 GX2とかRADEON X1950XTXなどの最新GPUには敵わないだろうなーと。
おまけにコアクロック落とすらしいですし。

さらに、RAM 256MB、VRAM 256MBも不十分な気がする。
PS2とかでもプログラマは少ないメインメモリに悩まされてきたんですから、この際もっとドドンとRAM 512MBでも良かったんじゃ・・・?

ただし、価格対性能比はとてつもない。てか、間違いなく出始めは大赤字。
7800 GT価格
Blu-ray Discドライブ単体での価格
これに、どうもサッパリ予測できないCPU価格とかその他諸々足し合わせたら、軽く10万円台に。
もちろんパソコン用パーツですから単純比較は出来ませんが、ほら、BD-ROMドライブだけでPS3買えちゃうじゃないですか。

そう、高級レストランの割にはスゴくお値打ちなんですよ。
でもね、でもね・・・

誰が買うよ?

2006年8月31日

NOPx86

http://pspupdates.qj.net/2-0-2-80-Firmware-PSP-s-Say-Hello-World-as-New-Exploit-is-Found-/pg/49/aid/63483
キターヨ、GTAいらず。

・・・v2.00でのバグが直ってなかったってことでFA?
いゃ、違うか。

まぁいい。
はっきり言って、バグの内容はサッパリ。
でも、v2.00以降の全てのPSPで、PSPとメモステのみで、(v2.80以外はカーネルモードを含めて)自作ソフトが動くようになったという事実だけでおなかいっぱい。

2006年8月19日

PCSX2 0.9.1

画面描写が微妙におかしかったりサウンドが出なかったりしますが、そこそこ動くようになってます。
MELTY BLOOD Act Cadenzaの戦闘では大体30~40fps出てますし、もう少しCPUとグラボのランクを上げれば、2Dゲームなら大方実機と同じ速度で動くでしょう。
どうもぷよぷよフィーバーは妙な感じでしたが。

Athlon64 X2 3800+(AM2)
GeForce7800GTX
なら、いけるんじゃないかなと。

今後のバージョンバップに期待。
ここに来てようやく、実用的なPS2エミュレータの扉が開かれようとしてるようです。
0.6の頃とかBIOS起動ぐらいしかしたことなかったですから、大進歩です。

2006年8月 1日

Win3.1

そんなわけで、またもやOSインストゥオーール。
またかよという声はなしで。多分何かからの逃避。

今度は、MS-DOS 6.2/V+Windows 3.1。
95さんの前に出ためちゃくちゃレガシーなOSです・・・が、Win3.1は本当のOSとは言えないです。完全にDOSに乗っかってますから。
さすがにこのレベルになると、触れたことしかありません。
でも、中学では2年までMS-DOSのPC-98(NECの純国産パソコン)が入ってたので、DOSは使ってました。
そのせいで、今でも「キューハチ」なんて聞くと、Win98ではなく、PC-98を連想するわけですが。
ほとんどゲームオンリーでしたが、一太郎たちとの出会いはその頃です。
その後Win98のパソコンが入って快適になりましたが。
しかも、卒業してからから程なくしてXPのパソコンが入ったようです。予算潤沢だなぁ・・・と感心しました。

ともかく、インストールはオールFDで6枚。小さい・・・。
Win3.1はFD版12枚とCD版。
以下、流れ。

MS-DOSインストール。
どうも、単独で上手く起動してくれない。ので、その後はDisc1で起動させ続ける。
その後分かったことですが、CONFIG.SYSの設定がおかしかった模様。

FDからしかDOSが起動できないのを無視してFD版Win3.1をインストール。
ひたすら交換。ダルい。

その後、ネットで情報探しまくってAUTOEXEC.BATとCONFIG.SYSを書き換える。でも、うまくいかない。
仕方ないので、先にCD-ROMドライブを使えるようにする。
これは、Win95と同様に設定。

FDからDOS起動→HDDからWin3.1起動、なんて変なことになって、全然うまくいかない。
日本語が上手く扱えてない模様。
さらにAUTOEXEC.BATとCONFIG.SYSをいじくる。
そして、何となくCD版Win3.1を上書きインストールしてみましたらば・・・
なぜかHDDからDOS起動→Win3.1起動ができました。
何だったんだろうね?

Windows 3.1。
エクスプローラの代わりにプログラムマネージャとファイルマネージャ。
Win98とかでも「ファイル名を指定して実行」からprogmanやwinfileと打ち込んだら使えたりします。
20060801_01.jpg

MS-DOS。
こいつは使えねー。
20060801_02.jpg

続きを読む "Win3.1"

2006年7月31日

Meiryo

Windows Vistaを試して、新標準フォント「メイリオ」に触れました。
名前の由来は「明瞭(Meiryo)」。いい感じなのでXPでも使ってみることに。
ただ、美しいのはいいんですがやたらと行間が広くて、メニューとかが間延びして困ってました。
個人的には、フォントは見苦しくならない程度の最低限の高さのみを設定しておいて、行間はソフト側で調整するもんと信じてるもので。

そこで、ttfname3なるソフトをどっかから拾ってきて、行間調整版を作りました。
結果、MSゴシック相当程度にできたのでその違和感も払拭。
「メイリオ 調整版」(まんまやがな)と名付けて、できる限り設定して使ってます。

今まではレジストリいじって、VerdanaにSH G30-PをFont Linkして使ってました。
Font Linkとは、2000あたりからの機能で、ASCII文字しかない欧文フォントに、足りない全角部分を日本語フォントで代用させて、あたかもその欧文フォントを日本語フォントのように使えるようにする機能のこと。
言い換えれば、カッコいい半角文字を含んでいるものが少ない日本語フォントで、それを補うものです。
英字はArialとか他にもいいのありますが、10ptとかで読みやすい日本語フォントは少ないです。
そんな中、SH G30はネットで見つかる読みやすさ重視のフォントということで。
半角英数字はVerdanaでスマートで美しい文字、全角はSH G30-Pでスッキリとシャープな文字を堪能してたんですが、やっぱり新しい物は試してみたくなるじゃないですか。
というわけで、しばらくメイリオに浮気。Tahomaも悪くないんですけどね。
・・・ただし、AAが崩れるorz

で、XP使ってると、MS ゴシックなどもClearType適用させて綺麗に表示させたくなるのが人情。
ところが、フォントサイズが小さい(とはいえ、12ptとかの割と普通なサイズ)と、一緒に含まれているビットマップを使用して表示されてしまうので、せっかくのClearTypeが半角のみに。
これは、もったいない。大抵のソフトでは相変わらずのカクカクフォントに。

そこで、これはちと危険なのですが、gaspテーブルとかいうものを改造して小さいサイズでもClearTypeによるアンチエイリアスがかかるようにしています。
MicrosoftのTTSDKをミラーから拾ってきて、これまたネットで発見したttfmodとかいうソフトで改造。
さらに、EBDTってのが存在するとClearTypeが有効にならないので、fonttoolsてのでそれを削除。
で、それを標準のMS ゴシックなどをバックアップとった上で上書き。
結構前からやってますが、何もしないよりは実にいい感じ。
その代わり、ClearTypeがかからないソフトでは悲惨なことになってますが。

以上、ClearTypeにまつわるフォント改造のお話。
まとめ:
・メイリオはttfname3で行間調整
・MS ゴシック他はgaspテーブル書き換え
という備忘録。
最近自分用の備忘録ばっかり。

2006年7月29日

Win95

レポしなきゃならんのに、なぜかVMWareにWindows 95 OSR2.5をインストールしてました。

とりあえずWinMeで起動ディスク作って・・・と、めちゃくちゃ久しぶりなので、起動ディスクの作り方を忘却してました。
だめぽ。

で、そこからMS-DOSモードで立ち上げる。
FDISKでパーティション作って、いつものようにFORMAT。
95のCD-ROM入れて、SETUPからインストール開始。
家にはなぜかFD版もあるのですが、さすがに10枚単位のディスク交換は勘弁ということで。
それ自体は特に問題なくできたのですが、Windowsが起動するとCD-ROMドライブを認識しない。
で、どうやらミツミのドライバとか入れてやらないといけないらしい

無事ドライブも認識して、次はVMWare-Tools。ホストOSとゲストOS間でシームレスにマウス移動ができたり、ディスプレイ機能などをフルに使うためにも必須。
そこでまたもやエラー。これまた440BXのドライバをインストールして解決。
時に、大学に入るまで使っていたパソコンのマザーボードのチップセットがIntel 440BX。
軽ーくエミュレートされちゃってる訳ですか。そうですか。

次に、ネットワーク関連の設定。これはほとんど問題なく完了。
一応、ファミリ ログオンできるようにしました
何やら他のマシンからWin95を見れたり見れなかったり、逆もまた然りな状況が時折発生しますが、気にしないことにします。

最後にサウンド。VMWare 5.5ではCreative Ensoniq Audio PCIをエミュレートしているんですが、95用のドライバが見つからない。
98SE入れたときは、どこかでドライバ拾ったような気もするんですが・・・謎。
仕方なく、設定ファイルを書き換えてSound Blaster 16/Proとする(リンク先のあの壁紙、何だ?UNLHA32.DLL他のMicco氏、かなり有名だけども・・・)ことで回避。
どうにか、あの懐かしいポン、ポロロン・・・という起動音を聞くことができました。

いゃ、しかしエクスプローラの使いにくいこと!
標準設定では、マイコンピュータを開くと、以降どんどんウィンドウが開いていきます。
1つのウィンドウで開くようにもできますが、戻るボタンとかがないのでこれまたどうしようもない。
昔はこんなの使ってたんだなぁ・・・としみじみ。
SOTECのWinBook Trim 133を親に買ってもらった当時のことを思い出します。
ThinkPad風のトラックポイントでグリグリとポインタ動かしたり。
標準仕様では、

CPU:Pentium 133MHz
メモリ:16MB
HDD:1.2GB
ディスプレイ:7.5インチVGA
バッテリー:1.5時間

圧倒的にVMWareによる仮想マシンの方が高性能。時代だなぁ・・・。

で、IE 3.0。こんなの見れません。
20060729_01.jpg

2006年7月14日

MT

MTと聞いて、マニュアルトランスミッションを連想した人は普通の人です。
ちなみに、自分、AT限定です。

MTと聞いて、Movable Typeを連想した人はブロガーです。
ちなみに、このサイトもMovable Typeで構築しています。

MTと聞いて、マルチスレッドを連想した人はプログラマです。
ちなみに、マルチスレッドを活用したことはありません。

MTと聞いて、メルセンヌツイスターを連想した人はアルゴリズムに通じている人です。
ちなみに、これからは疑似乱数生成にrand()ではなくてこれを使おうと思いました。

2006年7月 2日

おい

某よ、v2.51もいけるかもしれんぞ。まぁ、もうちょい動作報告待ってから。

・・・貴重なv1.50を水濡れで破壊したあの日。
12月にv2.50を買って、ダウングレード出来るのを待ち続けた日々・・・。

GTAでHomebrewが成功したこと(今やそのGTAも、対策版が出てきてるようだけど)。
カーネルモードでアクセスできないため、ダウングレードもDevHookも使えなかったのに絶望したこと。

ようやくそれが報われそう。
テスト期間終わって、十分な動作報告が出て、ダウングレーダーのβが外されてから試してみよう。

続きを読む "おい"

2006年6月30日

Dev

http://pspupdates.qj.net/Breaking-News-2-60-Firmware-Exploit-Found-Kernel-Access-/pg/49/aid/57216

カーネルモードはデカい。
DevHookが使えれば。。。。。遂に

2006年5月31日

分かる人だけ

http://pspupdates.qj.net/The-Modchip-is-REAL-More-Info-and-a-Pic-of-Undiluted-Platinum-/pg/49/aid/47330
http://www.ps2cover.com/psp-mod-chip.shtml

あまりにも黒に近いグレーなので詳しくは書きませんが・・・ついにこんなものが。
PS2用とかでも言えることですが、一応は合法。

2006年5月19日

Scim-anthy

KDEも日本語化。よし。

kinput2+Cannaはやめて、SCIM+anthyにしました。
明らかに変換効率が違う。やっぱ新しいものはいい。
ただ、scim-setupがうまくいかない。Segmentation faultが出る。
で、調べてるとこんなバグがあるらしい。
まぁ・・・しばらくそのままにしときます。

あと、Sambaをさっさと設定しないと。フォルダ共有は必須ですから。

2006年5月16日

できた

FreeBSD 6.1-RELEASE i386で、すんなりとネットワークにつながりました。普通に。

後は、kinput2とCanna他、日本語環境を整えるのみ。

2006年5月13日

中国

アドレス枯渇はどこまで現実の問題になったか

はてさて・・・何年も前からIPv6については色々と聞きますが、いい加減そっちに移行しないとマズいんですな。

垂直記録方式を採用した3.5インチHDD「Barracuda 7200.10」説明会

うん。面白そう。買わないけど。