2010年6月30日

プログラミング言語Love++(第2回)

Love++の標準ライブラリはstd(STuDent)ネームスペースで提供されています。
前回のstd::shoutなどもその一部ですね。

また、プログラミングの効率化のためにSTL(Standard Template Love)が用意されています。
紳士の皆様なら、ここから独自の愛を育んでいけるでしょう。

今回はその中からstd::rinkoについて紹介したいと思います。

・名前とか
色々なメンバ変数を持っています。
人間ですから当然ですね。

std::rinko my_rinko;
std::cout << my_rinko.name << std::endl;
std::cout << my_rinko.birthday << std::endl;
std::cout << my_rinko.status << std::endl;
std::cout << my_rinko.favorite.phrase << std::endl;

% lpp rinko1-1.lpp
% ./a.out
小早川凛子
8月17日
桃リンコ
はにゃ~ん

おっと、最後のは違いました。

自分で設定できる変数もあります。

std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;
my_rinko.nickname = "リン";
std::cout << my_rinko.my_rinko.nickname << std::endl;

% lpp rinko1-2.lpp
% ./a.out
小早川
リン

・ガベージコレクション
もう煩雑なメモリ管理は不要です。

std::food rinko_food;
my_rinko.open(my_rinko.favorite.food);
while (my_rinko >> rinko_food)
  std::cout << rinko_food << " ";
std::cout << std::endl;
return 0;

ガベージコレクションがないと、

% lpp rinko2.lpp
% ./a.out
鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖 鯖
缶 ls -l
-rwxr-xr-x  1 shine shine   缶096 9月 20  2009缶.out
-rw-r--r缶  1 shine shine     573 4月  1  2010 rinko2.lpp缶

ゴミをそのままにしてしまうかもしれません。

・志村
Love++で特徴的な癒し機能の一つ。

my_rinko.niizuma();

% lpp rinko3.lpp
% ./a.out
小早川> 今夜は何が食べたい?和食?洋食?中華?それとも......。
> なんでもいいよ!それくらい自分で決めてくれよ!
小早川> (ガーーーーン!)
小早川> そ、そうよね。アタシって......夕飯の献立も一人で決められないダメな女......あなたの妻、失格だわ!
> 大げさだから!
小早川> じゃ、嫌いにならない?今でも愛してる?
> 嫌いにならないし、愛してるよ!
小早川> リンコ、嬉しいっ!

・はぴかむりんこ
プロジェクトが混沌としてどうしようもなくなったとき。
きっと何とかしてくれます。

my_rinko.happycome();

% lpp rinko4.lpp
% ./a.out
小早川> はぴかむりんくる~♪はぴかむりんこの魔法であなたの人生、開運よ!
小早川> ボッコボコのギッタギタだぞー!
小早川> rm -rf /

きっと。

今回は以上です。

コメント[5]

・・・どうしちゃったのこの人?
意味がわかんない
気持ち悪さだけは確実に感じ取れるんだけど・・・

ちょっと何書いてあるのかわかりません。

大丈夫かしら…
カレーの食べ過ぎでおかしくなったか?

御覧なさい、これが脳をカプサイシンに侵された憫れな者の末路です。

気持ちよくなるくすりは、やめといたほうがいいと思います。

コメントする