2010年3月24日

辛口料理ハチ

ねんがんの ハチに いったぞ

ようやくチャンスが巡って来たので、これは逃せないと思い。11時30分には着いたのに、もう列ができてました。
さすが。

味は正直、辛みと酸味が主張してきて、メチャクチャ美味い訳ではない。
でも、肉は柔らかく煮込んであって悪くない。

総合的には、癖になる人がいるのも分かる味。
そのうちまた行くかも。

2010年3月19日

KALTARA マトンカリーとパリップ

スリランカ利益のKALTARA、前回閉店してたのでようやく行けたことになります。

マトンカリーはサラッとした辛めで、コクと肉の旨みがいい感じ。
パリップ(豆カレー)はあっさりすっきり豆の味。
素晴らしい味ですが、若干少なめか?

2010年3月18日

GPU Challenge 2010

「直行格子法による流体の移流計算」

やりたいことの半分しかできなかった。
これでは上位に食い込むのは難しい、てかムリ。

まぁ、ギリギリに手を着け始めたのがいけなかった。
みんな就活で集まる時間がなかったとはいえ、もうちょっと何とかなったろうに・・・

2010年3月13日

Sweet Basil ランチコース

午後にテストセンターの予定を入れて、その前に映画を見る。いくら単館系の公演とはいえ、いゃむしろだからこそ、公開初日の朝はさすがに一杯。
前売り券なしでは最前列しか取れなかった。

これまでの謎が急速に集束して気持ちよかった。
最後にいくつか残した謎もあったけど、あれぐらいが余韻も残っていいのかもしれない。

昼はタイ料理の店Sweet Basilで。
正直高かったけど、グリーンカレーはすっきりとした辛みとほんのりと利いたココナッツミルク?らしき甘みが良くマッチしてる。
ご飯もジャスミンライスで本格的。
その他のサラダやスープなどもピリ辛でよろしい。
辛いという評判は聞いていましたが、個人的にはどちらかというと、辛さより香りに評価を置きたい。
これを食べて、メーヤウのグリーンカレーの味がようやく理解できました。
タイ料理ってそういうもんなのね。

思ったよりも時間がなくて、ゆっくり味わえなかったのが心残り。

6から7へ

研究室のサーバ類を軒並みアップグレード。
FreeBSDで構築してるんですが、ようやく7系列に。

・・・が、継ぎ接ぎしてきたシステムなせいか、バイナリの置き場とかバージョン管理がメチャクチャ。
NFSで全サーバ共通なバイナリを意味不明な場所にマウントして参照して、ローカルなバイナリもよく分からんディレクトリに配置。
同じアプリやデーモンが同or違バージョン、同or違アーキテクチャであちこちに存在するというカオス。
そのくせ、実際のとこ全サーバが同じバージョンのFreeBSD使うんだから、結局参照するのは1つ。

寝たいんよ!
明日・・・いゃもう今日か・・・はテストセンターなんだから!

2010年3月12日

ゴヤクラ チキンキーマ キーマスペシャル あいがけ

久々のゴヤクラ。
安定感があっていい。

チキンキーマは辛口でしっかりとパンチが利いた味。
キーマスペシャルはハービーで爽やか。

次の鬼越え時期にはまた行きたいが・・・無料だろうなあ。

2010年3月 6日

ヤク&イエティ 京都店

ネパール料理。

Cランチ。

カレーは割とあっさりしてる。
ナンが良くあるふっくらもっちりタイプではなく、薄めにパリッと焼き上げてあるのが面白い。

事前に分かってたことだけど、北インドのカレーとタイプはほとんど同じなので、変化を求める向きには特段お勧めしないけど、味は普通に美味しく、他にもスープやサラダ、デザートなど、お得感ありなので、十分評価は良いです。

2010年3月 3日

崎陽軒 シウマイ弁当

そして、まったりと崎陽軒のシウマイ弁当で本日の幕を閉じる。
電車が出る前から食事を始めている隣の人を見て、どうしてああせっかちなんだろう せめて列車が動きはじめてから食べればいいのに・・・・・・・・・せこい就活でも少しは旅気分を味わいたいじゃないか、といぅ感想を抱くわけです。

あまりにも有名なこの弁当、どうやらファンも多いみたいで、シウマイ弁当愛好会やら、Wikipediaにも当然掲載されてます。

蓋にご飯がくっつくのがまた乙である。

これ書いたの誰だよ(笑)確かにくっつきましたけども。

いつも通りに

N700系のぞみを待つ。
無線LANが使えるのは大きすぎる。

帰りが15〜20分は遅くなるけど気にしない。

メーヤウ Aセット(ポーク+グリーン)

続いて2軒目。
またもやカレー屋のハシゴ。
食い過ぎ?
うん、そうですね。

タイカレーのメーヤウ。
以前に来たパンチマハルの向かいにあります。
北インド、南インド、スリランカ、ベトナム、日本、イギリスなど色々な系統のカレーがありますが、有名な割りに意外と食いに行く機会が少ないのがタイのカレー。
プリッキーヌをナンプラーに漬けたものが置いてありますが、まずはそのまま。

・・・いいねぇ、これは地味にナイス。
が、何かが物足りない。
ポークカレーにナンプラーをちょっと垂らすと結構いい感じに。
が、グリーンカレーの方はどうにも口に合わなかった模様。
美味いっちゃ美味いんですが、さすがにあっさりし過ぎてた。
結構あちこちに店があるようですが、もし本店に行く機会があれば今度は別のメニューも試してみます。
そのときはもっと違った感想になるかもしれない。

ガヴィアル 日替わりカレー(ポーク+野菜)

思ったよりも早く、神保町に再訪する機会ができました。
午後の工場見学に合わせて、別の企業の見学会を午前に入れることができたので。

長丁場となる午後の見学会前に激辛チャレンジをするわけにはいかず、今回は純粋に美味いカレーを食べに。
そして気分は欧風カレー。
ボンディとかも良かったんですが、日替わりで2種類のカレーを楽しめるというのをWebで見かけたので、ガヴィアルに。

これは・・・このタイプの純粋な洋食としてのカレーはかなり久々に食べた気がする。
最近は、インド(風)カレーやスパイスを食わせるオリジナルなカレーに傾倒していたので、かえって新鮮。
深いコクがあって最高。
これこそカレーの王道ですな。

さすがに4時前に起きるのは

キツい・・・

2010年3月 1日

イチャモン

小野田先生の本、やっと読んだ。
色々と思うところはあるけど、それらについては(書く元気があれば)後ほど。
今の自分にとっては、マネジメントに必要な要素との共通点が興味深かった。

といぅのも、入門者向けとして話題の本で「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」ってのを以前に読んだから。
こいつは良著。
もし現役幹部時代に読めてたら全然違った取り組み方ができてただろうな、と今更ながらに思うことしきりだったので。

と、話がまとまらないうちに何となくミーティング資料ができたので寝る。