2010年2月13日

向日で

阪急京都線東向日に到着。
何をするのかは後ほど。

追記

といぅわけで、昨年から町おこしのために辛いもんを集めてる凶都京都激辛商店街に。
スタンプラリーのためには最低5店は回らないと。

まずはライフシティ内の洋菓子店フロマージュウでハバネロサブレを。
これは・・・全然辛くないぞ?
ピリッとするけど、味そのものは普通のサブレで美味しい。

続いて山下とうふ店で激辛豆乳どーなつを。
適度な甘さで程よくピリ辛、モチッとした食感で素直に美味い。
これが一番好きでした。

さらに和菓子屋の栄久堂で激辛大福。
6段階ある内のピリ辛(一番辛くない)と超超特激辛(一番辛い)が入ったパックを。
ピリ辛はそこそこ・・・が、超超特激辛は甘さのために辛さが変に際立って、正直あんまりいただけない。

それからライフシティを離れ、喫茶店cafe mahorobaでトーストセットとハバネロアイスクリームを。
ハバネロアイスは、チョコソースと生クリームが添えてあり、サービスエリアで売ってそうなご当地アイスを大グレードアップした感じ。

最後に中華料理の麒麟園で激辛担々麺。
辛さレベル最高の5を。
激辛マンも登場して、頑張ってるなあって感じ。
たまたま隣の人も同じものを注文してて、結構町おこしに成功してるのかなって印象を受けた。
で、食べてみる。
これは・・・今まで食べたラーメンの中では一番辛いかも。
でも、スープも含めて特に問題なく食べられました。

・・・が、後ほど電車の中で結構苦しむことに。
口は鍛えられても内臓は鍛えられないというのを実感。
これは意外に危険な現象かもしれない。
今までは、胃が受け付けないものは食う段階で苦しんでこれはヤバいってのが分かってたんですが、これでは危険回避ができない。

しかし、そろそろ財布がヤバい。
就活の予定が集中してるために、間隔を置かずに食べ歩きを続けてしまう。
しかも、対象となるカレーは、他のB級グルメ、例えば代表格のラーメンなどよりも若干高いセグメントに属する。
大体が800円~1000円程度。
インドカレーなら1000円超えてるのも珍しくないし。
学食ならワンコインで腹一杯になるのに、効率が悪いことこの上ない。
その食べ歩きに目覚めてしまった現状、あまり頻繁に通ってしまうとカレー破産してしまう。
それに加えて久々の激辛チャレンジ。
自重せねば。

コメント[6]

もう、休んでもいいのよ?

そろそろ死ぬんじゃない?

頭がやられて死ぬのか、内臓がやられて死ぬのか、食費が無くなって死ぬのか・・・

頭に一票!

頭はもうやられてるから、おそらくは休むこともできずに機会がある限り食い続ける気がする。
飽きるまで。

カレー・・・破産・・・?

せや、奨学金や!奨学金を借りて唐辛子に注ぎ込むんや!!

うんこ食いまくりですね
流石だと思いますよ

ざまあwwwwwww

奨学金を唐辛子につぎ込むなんて・・・!
今の生活そのものやないかい。

>おれ
K川乙

コメントする