2010年1月 9日

首の後ろの皮膚に違和感を感じて、毛抜きで違和感の元をつまんで思いっきり引っ張ってみました。
そしたら何だか取れた模様。
取れたものを見てみると・・・テグス状の糸

実は、2年と数ヶ月前に、アテロームの切除手術を受けたことがあります。
脂肪腫とは違って、本当に垢と皮脂が中心となって溜まったものらしいんですが、結構深く埋まってたようで、切った後ちょいと縫ったわけ。

で、抜糸の後、傷がふさがって1ヶ月。
実はその頃からもずっと違和感があって、でもせっかく手術もしたし、わざわざまた病院行くのも面倒だしで、結局今まで放置。
ここに至る。

どうやら、抜糸の際に糸が一部残ってたようで、それが2年以上にわたって首の後ろに埋まってた模様。
・・・実害はないから良かったものの、何とも言えない気持ちに。

コメントする