2009年12月 3日

HDD復活

HDDトラブルの状況から、おそらくは内部、プラッタやヘッド周りにはダメージなしと判断。
といぅのも、基板の一部から煙が立ち上っていたから。

そこでヤフオクで同型のHDDを買って、基板交換を試みる・・・も、あえなく撃沈。
やっぱりロットまで統一しないとダメか。

・・・と、半ば諦めかけていたところで、まぁ基板を再度チェック。
よく見てみると、ペリフェラル4ピンコネクタ周りの面実装なダイオードがふくらんで焼けている模様。
このダイオードは、どうやらGNDに落ちている。
そして、壊れたHDDに電源を繋いでいると、電源すら入らない。
こりゃ怪しい・・・

テスタで調べてみると、ダイオードのくせに双方向とも抵抗値が変わらない。
こりゃいかん・・・電源すら入らなかったのは、GNDに電圧がかかっていることを検知して、電源の保護回路が働いてたんだろう。
なら、こいつを交換すれば復活するかも。

そこで、家に転がってた不要なファンコントローラの基板から整流用ダイオードを外して、交換してみました。
面実装でもないし、そもそも元のダイオードの種類すら分からないので、動けば奇跡、程度の気持ちで。

おそるおそる電源・・・オン。
・・・動いた・・・っ!!

問題なく認識するし、データも全部生きてる。

いゃ、本当にヒヤヒヤした。
2度と経験したくない。

音楽データと仮想マシンのイメージファイルがデカすぎておろそかにしていたけど、何とかしてバックアップとろう。
どっちも結構重要だしね。

みんなも、バックアップはちゃんととろうね。

コメントする