2009年11月30日

R4 SSD化計画 換装偏

換装方法とリカバリ領域の作成についてはまとめサイトが詳しいです。
Let'snoteテンプレ - リカバリ関連
これを参考にして、True Imageでディスクをコピー、起動ディスクからブートして、リカバリ領域の作成・・・成功。
うまくいって一安心。

次にマシンを分解します。
分解方法についてはあちこちのサイトで解説されているので詳しくは省略。
まぁこんな感じで、ネジを外して、フィルムケーブルを外して、ってな感じ。
20091129_01.jpg
20091129_02.jpg
20091129_03.jpg

開けてみて、HDDの搭載スペースを確認。
20091129_04.jpg
SATAコネクタのサイズがギリギリで収まらなかったので、削り直して収まるようにしました。
20091129_05.jpg
あとは、クッションをして格納、蓋を閉める。

以上ですべての作業が完了。

実際に使ってみて、足回りが改善されるだけでかなり快適になるもんだと感じました。
今後期待される効果としては、

  • アクセス速度の改善
    →OSやアプリケーションの起動が速い、普段の操作がキビキビ

  • 0スピンドル化による耐衝撃性の向上
    →ディスクアクセス中であってもマシンをブンブン振り回せるのは素晴らしい

  • 消費電力の低減
    →バッテリの持ちが良くなるはず・・・変換基板が加わるからどれほどの改善になるかは分からないけど、少なくともディスクアクセスが多い場合には顕著な差が現れるはず

など。

とりあえず、今は満足。
でも、できればこの際だからリカバリして、まっさらな状態に戻したい。
余計なドライバやアプリケーションが入っていなければ、もっと速くなるはず。
今は忙しくてできないけど、近いうちに実現したい。

コメントする