2009年10月10日

死闘の後20時台

無事に実家に辿り着きました。

報告は後ほど

有志を募ってギロチンに行ってきました。
本店はいっぱいのようだったので、5月にオープンしたという南船場店に。

まずは、空気を読まずにやりたいようにやっちゃったことをお詫び申し上げます。
本命を狙わずにどうすんねんという気持ちが強すぎて、無茶をしてしまいました。

では、

いきなりゴッドを頼もうとすると断られたので、なんだかなぁと思いながらも鬼からステップアップしていくことに。
後から振り返ると、当然の対応だったといえる。

もちろん居酒屋なので、他のメニューも注文。
一人、キュウリダメとか魚介類ダメとか、何とももったいない奴がいたけど。

どれもピリ辛で旨かったけど、特に手羽先とキュウリがかなり好み。
ギロ泡盛の辛さは何由来だったんだろうか・・・?

ともかく、単に辛くて旨いものを目的に行くには、すごくいい感じの店。
辛いもんやの看板は伊達じゃない。

以下、チャーハンについて。

鬼は、まぁ余裕。
一人苦しんでたけど、辛いものが苦手だとそんなものかな。
呪は、かなり辛い。
辛みチャーハンVol.3よりはかろうじて辛くなかったけど、1皿食いきると素晴らしい痛みが舌を襲いそうな感じ。

呪完了の後、ゴッドに取りかかろうとすると周囲に止められる。
で、そこを何とか我を通して(改めて、ごめんなさい)注文。

出てきたものを食す。
とりあえず、3分の1ぐらいまではほぼ止まらずにいけたけど、その後がキツかった。
もはやなりふり構わずで、カルーアミルクを使って押し込む。
何とか完食、とうがらしは諦める。

いゃ、ちょっと舐めてたね。
これほど醜い勝ち方は久しぶり。
まさに辛勝、全然美しくない。
食い極は量より質だと思って色々やってるけど、あれほどキツいとは思わなかった。
あれをあっさり食いきる人間がいるというんだから、世の中は広い。
自分はやはり本物の激辛マニアからするとまだまだか。
精進しよう。

コメント[2]

キガクルットル・・・

まだ精進する気なのかお前は…。
もういい、休め、お前は良くやった…。

コメントする