2009年9月27日

ギア欠け

チャリの変速機、故障の原因が判明しましたよ。

モーターユニット内部のギアの歯が欠けてました。

この内装変速機も遊星歯車機構を使ってるわけですが、オートDのモーターユニットを外すと、(おそらくバネの力で)初期位置として最低速に戻るようになってます。
一方、ギアが1つ欠けてるので、そのギアと噛んでるギアにかかる力が大きいと空回りしてしまいます。
というわけで、一応2段目までは上がるんですが、3~4段には上げることができない状態になってました。

写真中央の金属パーツが、変速機に接続してギアを変更する部分。
一方、赤で囲った部分が問題のギア。
20090927_01.jpg

いい感じに欠けてる・・・っていぅか削れてるのが分かるかと思います。
20090927_02.jpg

これは、ちょっと修理不可能やねぇ。
自分では作れん。
代わりになるギアがあればいいけど、一般的な模型用のギアが使えるとは思えない。
パテじゃどうにもならんやろうし、

てか、重要な駆動系に樹脂製のギアを使うなよ、シマノ・・・
金属製にしろよ・・・基本的に長期間屋外で使うもんなんやからさぁ

コメント[2]

確かに、樹脂製ギア使った意味が分からない・・・
 
いや待てよ、金属製だとボールベアリング入れる必要が出てくるからかな?
比較的負荷が小さいだろう所だし、小型化の面からも確かに樹脂製が適当かなあ。

しかし、これは使用年数次第ではお客様センターに行くようなネタやね・・・

なるほど、それは考えなかった > ボールベアリング
工学系の知識はないから。
シマノへの直電でも解決せんかったからなぁ・・・耐用年数を過ぎてるってことなんやろね。

ギアを小ロットで作ってくれるとこにでも聞いてみるかな。

コメントする