2009年9月21日

辛みチャーハン

もといラー油チャーハン。
を作ろうとしましたが、残念なことにラー油を切らしていました。

これは困った。

さて、どうしよう?

何か代わりになるものは・・・

20090921_01.jpg

うん、そういえばアフターデスソースを持ってた。
これなら問題ないだろう。

50000スコビル程度と、ラー油やタバスコと比べるとちょっち辛い気もするけど。

とりあえず、普通にチャーハンを作ります。

溶き卵にはアフデス投入。
分量は・・・適正分量が分からんけど、とりあえずティースプーン1杯強ってとこかな?

味付けは塩、こしょう、醤油にコチュジャン。

しばらくすると旨そうな臭いが・・・

!!

咳が出て堪らん。
何か鼻にツーンとくるし。

ググってみると、デスソース系を熱するときは注意するようにとの情報。
確かに、うかつに蒸気を吸うのは危険かもしれない。

これは、なかなかに刺激的なチャーハンに仕上がりそう。

食べてみる。

辛い。これはなかなかに辛い。
LEE45倍と同等かそれ以上、60倍にはちょっと届かない程度に辛い。

食後の感じは、LEE30+倍よりはマシな感じ。
食中は確かにキツいけど、カレーのように口内に残らないからか、食後はスッと辛さが引いていってくれる。

これからは自宅でも色々と楽しめそう。

タバスコが2000スコビルらしいので、アフデスはその25倍。
今回はティースプーン1杯強だったので、タバスコ換算ではティースプーンすり切り30-35杯ってとこかな。

まだまだやね。
手始めに、カレーと麻婆豆腐で更なる辛さを目指さねば。

ちなみに、50000スコビルってのは相当マシな部類。
世の中には辛み成分を抽出して100万スコビルクラスを達成しているデスソースもあるようで。

純粋なカプサイシンは1600万スコビルだってさ。
おお、こわ。

コメント[2]

末期ですな・・・

末期どころか始まったばかりですよ

コメントする