2009年7月31日

変速機の異常と前輪の異音

変速機が明らかにおかしい。
前に書いてたシマノの自動変速機
最近、変速しようとするとE1ってエラーが出てしまう。
前にもこんなことがあったんだけど、そのときは接触不良が原因だった。
ただ、今日調べた感じではきちんと接触はしていて、バッテリーボックスからモーターユニットへの接続ケーブルにも断線はなし。
コンパネの説明書には、モーターユニットの故障の可能性ありとも書いてる。
ので、おそらくモーターユニットが逝ってしまわれたものと思われます。
でも、これ扱ってるとこほとんどないし、見つけた限りでは6千円後半。
いやはや、参ったね。
自走できるから致命的ではないものの、ギア比が小さいところで固定されてしまうもんで、速く走ろうとするとしんどいんですわ。
もうちょっと粘ってみて、無理そうなら注文してみよう。
メーカ在庫もあるか分からんようだけど。

もしもモーターユニットを交換するなら、摩耗し尽くしてるはずのローラーブレーキもついでに交換しよう。
こっちは安いもんで、ヤフオクで1000円台からある。
この機会を逃すと、多分もうやらないからね。
ブレーキは大事だし。

それから、最近前輪のハブからキュルキュルと変な音がする。
考えられる原因は、前の修理の時に誤ってハブ付近に5-56を差してしまったこと。
もしかすると、それ以降グリスが溶け出してしまっているのかもしれん。
ハブをバラしてグリスアップとかするぐらいなら、この機会にハブダイナモ化を実行します。
でも、変速機の方が優先度は高いので、こっちはもうちょいうるさいのを我慢します。

コメントする