2009年5月15日

富士通の底力

富士通が世界最速 (128 GFLOPS) の CPU を開発 !
そうそう、何日か前に出てましたが、なかなかやるなと。
SPARC64へのSIMD拡張な感じですね。
やっぱり最近はどのプロセッサでもこの手の拡張を推し進める方向にあるようで。
スカラ性能がもはや伸びない以上、ベクトル的要素が再度重要視されてくるのはもはやいうまでもありませんが。

NEC+日立の京速計算機からの撤退も、この情報が伝わってたりしたのが影響してたんかなとか考えちゃいます。
そして、いよいよもって京速計算機の行く末が気になります。

コメントする