2008年12月 6日

ISSFルール 2009年版

はい、射撃界で有名な京大卒のあの方のブログを読んでて、改訂が出てたのに気づきました。

Major Changes to the ISSF Rules for 2009
ISSFルール 2009年度版(PDF)

実施まで時間がないってのに・・・遅えよ。

ともかく、クォータプレイスとかピストルのこととか、自分たちに関係しない分は除いて、ライフルに関する部分だけを1つずつ挙げていきます。

まずは、同点の場合の順位決定に関して。

  1. カウントバック
    Count Back Rules
    Ties in Qualification (and Elimination) will now be broken (Rule 6.14.2):
    1st by the total number of inner tens;
    2nd by the highest score of the last ten shots series working backwards by 10 shot series in full ring scoring (not inner tens or decimals);
    3rd by the number of tens, nines, etc, (in the whole score).

    個人競技の同点における順位決定の優先度が変わります。
    現在は

    最終シリーズの10発の合計点の多い者、以下均衡が破れるまでシリーズを逆順にさかのぼって比較する(7.12.2.1) > 10点(9、8・・・点)の数の多い者(7.12.2.2) > インナーテン(X圏)の数の多い者(7.12.2.3)

    となっていますが、これが

    インナーテン(X圏)の数の多い者 > 最終シリーズの10発の合計点の多い者、以下均衡が破れるまでシリーズを逆順にさかのぼって比較する > 10点(9、8・・・点)の数の多い者

    となるようです。
    今まで以上にセンターを撃つ能力が求められるとともに、審査側の負担もかなり増えることでしょう。
    紙の標的だと・・・想像したくもない。

  2. ファイナルのシュートオフ
    Shoot-offs for Finals
    All those with equal scores tied for the last place(s) in Finals will now Shoot-off.
    Therefore the Preliminary Results will be posted at the end of Qualification, ranked by inner tens, etc, showing this as example "587-56 x", but also indicating those eligible to participate in the Shoot-off to gain entry to the Finals.

    The Shoot-off should be planned to take place 30 minutes after the end of Qualification.

    ファイナルに関しては、ファイナル出場のライン付近に同点の者が並んだ場合、シュートオフが行われます。
    本射終了30分後に実施するようにとのこと。
    本射が終わったからといって安心しないように(アナウンスはもちろんされるでしょうが)。

続いて、

  1. 抗議時間
    Protest Time
    The Protest time for Rifle and Pistol is now ten (10) minutes.

    今は得点に関する抗議は発表後20分以内(7.13.4.1.1)ですが、これが10分となる模様。
    これも、ファイナルのシュートオフという変更があったためでしょう。
    あまり抗議なんてすることはないと思いますが、一応注意してください。

  2. シュートオフ後
    After the Shoot-off
    The Qualification Results will then be published, showing the inner tens and the results of the Shoot-off. The expression "QS-off" will be shown against those who Shoot-off. [Any protests during the Shoot-off must be raised immediately]. Then the Finals Start List can be published.

    シュートオフ後に全てを含めた結果とファイナル射手が発表されます。

それから、ライフルのルール

  1. 左手と右手の接触など
    7 Rifle Rules
    7.5.1.1.11 (Prone) and 7.5.1.3.14 (Kneeling) the following has been added. The right hand and/or arm may not touch the left arm, shooting jacket or sling. The reason for this addition is that although it was known that this was not permitted, it was not specifically mentioned.

    7.5.1.2.10 (Standing) The right hand may not touch the left hand or arm.

    左手と右手が接触することについて、PとKに関しては元々許可されていなかったわけですが、明記。
    Sについても、以前にも書いたように触れてはいけないこととされるようです。
    そんな構え方をしてる人は、さっさとグローブの先を切り落とすか、ショートタイプに買い換えるか、それで対応できないのなら銃のセッティングを変更するかフォームを変えましょう。

・・・ふぅ、こんなもんかな。
まぁ、一番大きな変更は同点の場合の順位決定な気がします。
学連試合なら自動採点機があるからいいですが、それがない主管試合の時は・・・まぁ、頑張りましょう。

コメントする