2008年11月27日

チャリ(2)

今回の修理について。

一番問題になったところはオートマの変速機(シマノのオートD+内装4段のインター4)周り。
パンクした後持ち上げて家まで帰ったんですが、そのときにどこかに引っかけたのか、コンピュータから変速機に繋がるケーブルがブチッと断線してしまいました。
なので、コーキング部分をはがして終端をバラし、被膜をむいて接続部の端子と半田付けし直すなど、非常に時間がかかりました。
何が問題って、元々がチェーンに引っかからないためにそれほど長くないケーブルだったので、修理のためにさらに短くなってしまうところを、無理矢理に取り回しせにゃならんかったところ。
もう2度としたくない・・・

それから、ローラーブレーキの表面がもはやどうしようもなく錆の塊になってしまっていたので、ここだけは頑張って紙ヤスリで綺麗にしました。
取り切れてないですが、かなりマシにはなったと思います。
こいつに関しては、流石に専用のグリスを買って差してやらないと、そろそろヤバいかも。

駆動系周りはある程度清掃してオイルも差しましたが、時間があればハブやスプロケット、クランク、ボトムブラケット周辺を完全に分解洗浄してグリスアップしてあげたかったところです。

あと、実は昔メチャクチャ飛ばしてたときに段差で吹っ飛んで、コケはしなかったものの前輪のリムが歪んでしまったことがあります。
なので、できればホイールも(面倒だし)丸ごと交換した方がいいのかもしれない。

それから、あちこちに残ったままになっている錆もしっかりと落としてしまいたい。

結局、これまでにも色々と替えてきているので、まとめると

  • チューブ
  • タイヤ
  • リムゴム
  • ブレーキシュー
  • ブレーキワイヤー
  • チェーン
  • スタンド
  • 前カゴ
  • グリップ
  • ベル
  • サドル

ぐらいになります。
フレームやホイール、チェーンを除いた駆動系以外は大方替えてしまったかもしれない。
ブレーキとか変速機、ダイナモなどもまだ元のままではありますが、これは・・・最後までこのままかも。

何だか、そろそろ新しいチャリを買った方が安い段階に入りつつあるんですが・・・まぁ、まだまだこれで戦えます。
てか、戦います。
そのためにも、某にチャリの整備方法について詳しく聞いておいた方がいいかもしれない。
これまであまりにもメンテナンスフリーで来すぎた。
次の5年のためにも・・・。

コメントする