2008年9月18日

1回生のコート

今のマークスマン。

不思議だ・・・触って押してみると明らかにフニャフニャで、もしかしたら自分のコート(2005年購入)よりも柔らかいかもしれないのに、なぜか自力で重量を支えてる。
下コートも、チャックも閉めずにきちんと自立してます。
自分のは購入時点から到底そんなの無理で、チャックを閉めて完全な円筒状にしてようやく立てることができます。

何というか・・・自分のはとりあえず基準に適合することのみを目的として、単に柔らかくしただけなのに対して、最近のものはしっかりとサポートできるよう、構造的に色々な工夫がなされている様子。
道具は進化していくんだなぁと、しみじみ。

コメントする