2007年4月 6日

超低電圧版C2D

Intel、ウルトラモバイル向けCore 2 Duo投入へ
Intelといえば、その財力にものを言わせて中国にFab 68を建設するとのことですが、上のはこの前のTDP 50WのクアッドコアXeon L5320/L5310よりもさらに恐ろしい。

L5320とかでも、1コアで考えたらスゲェなあと思ってましたが、10W切ってきたらVIAのC7とかAMDのGeodeのレベルじゃないですか。
Pentium M/Core Soloでその辺りに達してたようですが、超省電力CPU層のデュアルコア化が進んだら、ようやくB5クラスのモバイルノートPCでも、最近必要とされる性能を達成できそう。
そこに来て初めて、自分もノートにVistaを入れることを許容できます。

モバイルの性能上昇は鈍い・・・相変わらず。

コメントする