2007年2月24日

Vitural PC 2007等々雑感

Microsoftから、仮想化ソフトVirtual PCの最新版2007が提供開始。
で、とりあえずVMwareと比較してみました。

機能については各所に転がってると思うので、何となく感じたこと。

  • 結構軽い
    AMD-VとかIntel-VTに対応。 CPUレベルで仮想化を支援してくれてるわけで、なかなかに快適。
    ただし、VMware Toolsを入れたゲストに比べると、体感では若干重い気がします。
    ベンチマークしてないので、何とも言えないですが。
  • ゴテゴテしてない
    VMwareって、結構表示されるものが多いわけです。1ウィンドウ内に。
    それはそれでいいんですが、ゲストの表示領域を含めるとSXGAでは結構キツい。
    その点、Virtual PC コンソールが別ウィンドウとして表示されるのはいいかもしれない。
  • ハードウェアの設定
    慣れの問題かもしれませんが、どうもHDDとかCD/DVDドライブなどのハードウェアの設定が、微妙な気がします。
    VMwareでは、追加・設定などが各種ハードウェア間で統一的なインターフェースで行えるので。
    ついでに、結構細かい部分の設定も。

とはいえ、Vistaをゲストとして入れても、仮想マシン用に1GBもメモリ割り当てれば十分に動きます。
もちろん、VMwareと同様DirectXにまともに対応してないのでAeroオフですが。

DirectXといえば、Intel Mac用に提供されるVMware Fusionでは、DirectXにきちんと対応してくれる予定があるそうで。
Windows版のVMwareでもexperimentalってことで128MBまでのVRAMを割り当てて、DirectX機能の一部を使えますが、全うに動くもんじゃなし。
GPUに直接命令投げてやれば、現状でもDirectX対応は出来るんでしょうが、VMwareの話だと可搬性重視とのこと。
なので、GPUもCPUによるエミュレーションを行っているわけで・・・そりゃまともなもんになるわけがない。
でも、GPU仮想化の話もありますし、近いうち(5年以内)に・・・と期待してしまいます。

UNIX系プラットフォームにおけるXenといい、Mac OS XにおけるParallelsといい、仮想化の盛んな今日この頃。
Windowsゲスト用としてのDirectX 9対応がいち早くできれば、ゲーム開発のテスト用環境としての魅力が格段にアップします。
フリーの仮想化ソフトに押され気味のVMwareとしては、そこで一歩先んずることが重要なんじゃないかと勝手に思ってみたり。

続きを読む "Vitural PC 2007等々雑感"

2007年2月23日

いつもより遅い春が来たらしい

やっと自分にも春休みが訪れました。

思い出して修正中

ニコニコ動画

ただいまDDoS攻撃によりサービス停止中。

2007年2月21日

死の行進

http://slashdot.jp/askslashdot/07/02/20/0634220.shtml
バグとは違うのだよ、バグとは(逃避)。

経験したことはあるわけないけどね。

光明

一筋の光明が見えた昨日の実験。
で、今日自分の担当分は終わりました。
問題は、非同期通信を行う回路なので、相方の終了も必要だということ。
といぅわけで、明日以降はお手伝いします。

2007年2月20日

引率の大変さ

今日・・・ってもぅ昨日ですが、どこかの小学校で遠足か社会見学でもしてたのか、小学生の大群が電車の1車両を占領してました。座席もほぼ全て。
で、まぁあの年の子供らに静かにしろってのがどだい無理な話な訳で、いつになくうるさい車内でした。

それはいいんです(よかないけど)。
ただ、同じ車両に乗っていた男性が降り際に、引率していた女の先生に

男性「優先座席空けとかなアカンやろ。どこの小学校や?なってないわ」
先生「申し訳ありません」

児童達も男性と同じ駅でわらわらと降りていきました。

うん、男性の気持ちは良く分かります。
児童全員を立たせていると、むしろうろちょろして邪魔になる気もするので、基本的には体の不自由な人などがいない場合は座らせておくのが賢明だと思います。
ただ、さすがに優先座席ぐらいは座らないように指導するのが当たり前ってもんでしょう。

ただ、先生をかなり強く責めるような口調だったのがちょっと気にかかりました。
ぶっちゃけ、1、2人程度の先生であの人数に対して隅から隅まで気を配ることなんで不可能ですし、いくらかの見落としは生じてしまうでしょう。
あそこは、責めるのではなく密かに注意するのが適当だったんじゃないかなと。
それだけで十分。
あの先生も、帰りはちゃんと気をつけて監督すると思いますし。

知らない人に叱られている先生を見て、子供達はどう思ったことか・・・。
今時の子供を指導する上で、教える者の威厳というものは凄く大事だと思います。
それが失われてしまないようにもっと配慮すべきだったのではないでしょうか。
もちろん、男性の行動自体は何も間違ったものではないんでしょうけども。

大学の近くの駅でも、時間帯によっては私立の小学校の児童達が下校時の乗り換えで、既にできている列に関係なく横からどんどん好き放題に割り込んできます。
ホントにびっくりするぐらい我が物顔。
子供達にきちんと静かにするように注意して、電車でのマナーも教え込む。
こと自体は大切なんですが・・・正直難しい。

2007年2月19日

終わらない

実験。
今日も無為に過ごした気がする。

あぁ・・・

それから、アダプターが見あたらない。
射場に忘れたのかな・・・

IBMロゴ

ThinkPadからIBMロゴが外れるらしい・・・寂しい。
Lenovoなんかに身売りに出されて、あの名声高きThinkPadが消えるのかと思いきや、存続したのは良かったものの。

いゃ、使ったことないですけどね。

Vista叩き

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/923416.html

2000→XPの頃とよく似てる気がする。
実際、OSの機能自体は2000で完成してるから、サポートとか気にしない分には今後数年2000でもどうにか出来るぐらい。
XPも然り。

メモリも最近安いし、まぁ1GBなら数千円の上乗せで可能やん。
グラフィックの要求性能は・・・まぁ推して知るべし。

ただ、Vistaの真価はAero以外にあるんじゃないかな。
Aeroなんてただの飾りですよ。偉い人にはそれが分からんのです。

でも、その飾りが大事だと思うんですよね。
OS Xの、出た当時としては相当洗練されたデザインに憧れたクチですし、LinuxではBeryl使ってるし。
まぁ、この辺は好みの問題だから、何とも言えないですが。
例えばX Window関連では、質実剛健派な方々には、さすがにtwmはないにしても、fvwm2使えとかいわれそうですし。

さて、とはいっても、要求スペック自体は実は大した問題じゃない。
どうせ1~2年後ぐらいには今のローエンドでもAero軽く動かせるようになると思うし。
今、すぐに入れる必要は全くありませんが。
推奨スペックをみたすハードが、今の格安数万円PCクラスで手に入るんなら、そのときにVista入れりゃいいんです。
Celeron D、512MBメモリ搭載とかでVista積もうとするから変なことになる。
メチャクチャ叩かれたり。
Windows Vista CapableなレベルではおとなしくXP入れときなさい>メーカーさん

あ、それから。
スペック向上の鈍いノートパソコンには、基本XPしか認めません。
いゃ、この前梅田でやってたPanasonicのイベントブースでLet's note R6見てきましたが、(確かめてないですが)絶対メモリ増設してた。
その段階で、ようやくAeroも結構スムーズに動いてましたよ。
512MBで十分大丈夫なXPにしときゃいいのに・・・。
頼むからXP入れたR6出してくださいな。

結論
ノート、ローエンド~ミドルローデスクトップ:最低1年はXP入りも出してください
ハイエンドノート、ミドルクラス~ハイエンドデスクトップ:好きにせい
ウルトラハイエンドデスクトップ:ベンチマークなんてしてないでVista入れよう

2007年2月17日

ジャパニーズ・チャリ

http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070216/spt070216000.htm
いゃ、タイトルが関係あるわけではなく。
2日ってのが凄い。

2007年2月15日

ついにIntelの牙城を崩す?

この前のAMDの価格改定で、ついにAthlon 64 X2 5600+が4万円前半まで降りてきました。
他にも、高値移行していたCPU中心に、結構お安くなってます。

Core 2 Duo E6600が4万円弱~4万円そこそこっていうことを考えると、これでようやく、ミドルハイ~のクラスでも、コストパフォーマンスでIntelに対抗できるようになったのではないかという気がします。
今まで、3800+、4200+あたりのややミドルロー~ミドルクラスの付近でこそE6300となんとか戦えてた気がしますが、E6600が強すぎたわけで・・・。

6000+も出てきましたし、逆襲が始まるのか?と勝手に期待してます。
まぁ、自分はもう一世代はIntelプラットフォームで行きますが。

オープンアプリプレーヤー搭載

auの春モデルW51S、Sony Ericsson。
オープンアプリプレーヤー搭載。まずこれ。
http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/openappli.html
仕様も一般的なものに準拠。
勝手アプリの時代が再び来ることを願って。

それからMemory Stick Pro Duo。
PSPの2GBを使い回せるはず。

あと、デザインも好き。

今の携帯のバッテリーがヘタるまで機種変はしないけど、かなり興味をそそられる機種です。

2007年2月14日

2週間

あけたー

2007年2月11日

.NET Framework on UNIX/Linux

すみません。
バカにしてました。

C#とかで作ってMSILにコンパイルしたソフトがWindows以外で動くことはないだろうと。

.NET Frameworkの実行環境は、その仕様が公開されていることもあり、Wineなどのプロジェクトよりも移植が簡単なようです。
実際、以下のスクリーンショット見てもらえば分かりますが、単純なHello,worldプログラムなら何の違いもなく。

20070211_01.png
on Fedora Core 6

20070211_02.png
on Windows XP

素晴らしい時代の到来が、間近に来てる感じ。

2007年2月10日

そろそろあと1ヶ月

mhshine.netのドメイン取得してからそろそろ1年。
忘れないうちに、ドメインとサーバの契約を1年延長しておきました。
990+2400で3390円。

やっぱり、ブログに限らず自宅のサーバにアクセスするにも、独自ドメインの利便性にはかなりのものが。安いし。
それに、レンタルサーバの方も全く持ってトラブルなく、Webサイトで使ってる同じ会社の無料スペースの方も、高2以来問題なく続いています。
この安心感。
何にしても、こういったサービスは安心と信頼が一番です。

残り

テストは2つ。

2つめ以外は中間テストで結構取れてるので何とでもなります。
2つめも、きっと「やさしい」でしょう。

定番ソフト再び

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50855049.html

WinMerge
DFから乗り換える価値はありそうな気が。
doxygen
これは・・・いいかもしれない。
Xkeymacs
Emacs風キーバインド。でも、WinにはWinのやり方が。。。でも、近頃はC-f/b/n/pでのカーソル移動の方が圧倒的に楽だと感じてるので、ううむ・・・。

2007年2月 4日

で、修羅場のテストは・・・

計算機アーキテクチャ。どうにかするしかない。
数学C。計画数学と数学Dが取れていることを確信できるなら捨てられるんだが・・・。
計算機言語。どうにかなる・・・気がする。
プログラミングD。どうにかなる。
ディジタル回路。うーん・・・さぁどうかな。

それはともかく
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/02/news054.html
うん、このぐらいはしないと。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/31/news095.html
サクセスで買えたらサクセス!っていぅ言も出るほどでしたしね。

実験、そして修羅場へ・・・

今週の一山終わって、まずはレポ。
これ上げたら来週の2、3個の勝負に向けて邁進せねば。
プログラミングは終了。
今回は控えめ。本質8ページ、ソースコード含めて15ページ。

で、もう1つが実験のレポート。
殆どの人が期限である前回の実験までに動作確認を終えてない、問題の情報科学実験A。
うむ・・・これは面倒かも。
自分は、メモリからの読み出しまではいけるんですが、データをバスに乗せることが出来てないです、ハイ。
バッファ使わずに直接バスに出せれば楽なんですが・・・まぁ、きっとフリップフロップの扱いがおかしいんでしょう。
んなこたぁないと思うんですが・・・。