2006年12月30日

TightVNC

この前試すだけ試して、結構おもろいけどまー怖くて出来ねーわなと思っていたVNC。
この度サーバを立てるにあたって、SSHでトンネルしてVNCも使えるようにしとこうと思い立ちました。
外からノートPCでちょっと操作したいこともあったので。
これなら、ルータで開けるポートも最低限で済みますし、安心かなーと。
まぁ、過信は禁物ですが。

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2006/06/sshvnc_fb23.html

で、まーとりあえずサーバの方は本家VNC。選択自体に特に意味はなく。最初から入れてたので。
まぁ、問題なくログイン→遠隔操作できました。
とはいえLinuxなわけなので、端末使えればGUIは基本的にいりませんが。
実はノートPCにはCygwin/Xも入れてあるので、それでSSHログインすれば、単なるX端末として使うことも出来るわけですが、それでは結構遅い。
トロい。
ので、VNCも併用・・・というか、GUIが必要なときはそっち使うことになるでしょう、きっと。

次、メイン機。こっちはTightVNC。Windowsに関しては必然的にGUI使わざるを得ないんで、少しでも早くしようと思い。
こっちはその前にこれをサーバ機にインストール。
普段はS3で眠らせてるので、Wake On Lanでサーバから電源を入れられるように。
で、とりあえず同様にSSHでトンネル掘って、今度はサーバ機経由でメイン機を操作するようにします。
ただ、さすがに・・・ノロい。
まぁ、滅多にする事じゃないんで、出来るだけマシと思っときます。

コメントする