2006年12月26日

Fedora ログ

で、次はFedora Core 6。
/に16GB、swapに1024MBを割り当て。
で、まぁ一応Winも使うわけなので、UTCは使わないように設定。
こっちもさらっとやっつけといて。

カーネル入れ替えとかやったあと、yum upgrade -yする。
・・・が、レポジトリを国内のところに変えとくのを忘れてました。
遅い・・・まぢ遅いです。

まぁ、今日は時間あるのでいいですが、これはストレスが・・・。
現在ダウンロードが182/281。

終了。

/etc/grub.confにvga=792を書き足して、XGAでコンソールにログインできるようにする。
で、yum-fastestmirror入れて、高速化。

NTFSのパーティションをマウントするために
yum install -y fuse fuse-utils ntfs-3g ntfsprogs ntfsprogs-gnomevfs
で、ntfs-3gインストール。
Cドライブで試してみると、全く問題なく読み書きが出来ました。
マウントポイントは、あとでNTFSでDドライブ作る予定なので、/windrv作っといて、/windrv/cとでもしときます。
なので、/etc/fstabに
/dev/sda1 /windrv/c ntfs-3g defaults 0 0
と追加。
普通に考えたら/mnt/cとか/mnt/windrv_cとかな気もしますが、まー気にしない。
と思ったら、何かエラーが・・・ブート時にマウントできない・・・
http://www.linuxquestions.org/questions/showthread.php?p=2526750
http://www.ntfs-3g.org/support.html#selinux
これか!!
どうやらSELinuxのバグらしいです。マヂデカ・・・まぁいーです。

コメントする