2006年10月 9日

6万円コース

案その1「あくまでも慣れたお気に入りAMDで」
Athlon64 X2 4600+ (89W)
DDR2-800 512MB×2
K9N-SLI Platinum (nForce 570 SLI)
6万円弱

案その2「Vistaを見据えてインテルに返り咲き」
Core 2 Duo E6400
DDR2-667 1GB×2
P965 Neo-F (P965)
6万5千円程度

そう、メモリが高騰してるとはいえ、これからのマザーやCPUも含めた価格下落と、新しいマザーボードを1万円半ばで買って1年で見捨てることを考えたら、この機会に完全にプラットフォームを移行してしまうのもアリだと判断しました。
買い換えるんじゃなくて、乗り換える。
だって、どう考えても壊れたマザーだけを交換するなんて虚しい上に、この時期になってそれは意味がないです。

で、定格で使用する限りパフォーマンスに大きな差のなさそうな上記の2個のCPU。
案1の方がメモリアクセスは高速な気がしますが、そこはVistaを控えてメモリ容量2倍の案2が、高々5~6000円の差で手に入ることを考えると、そっちに惹かれます。
手持ち分じゃ到底足りないので、最後の手段。郵貯定期を切り崩します。
ホント、マザーさえ壊れなけりゃ(CPUかも知れんけど)、もっとメモリの価格も落ち着いてきてから、ゆっくり考えて組めたのに・・・メインPCが使えない現状は痛すぎますから。
ネコネコ・・・いくつ入れるかな。

とかいいつつ、故障を言い訳にしてアップグレードする、こういうのが楽しかったりする自作er。

コメントする