2006年9月 2日

PS3の価格対性能比

そう、PS3はスゴいんですよ、実は。

PS3の主な仕様といえばこれ
抜粋すると、

CPU「Cell」3.2GHz
これがスゴい。
1個のG5互換のPPEと呼ばれるコアと、7個のSPEと呼ばれるSIMD系浮動小数点演算用コア。
計8個のヘテロ型マルチコアCPU。これからパソコン方面でも主流になるかもしれない設計を大幅に先取りした仕様。
PPEは、ぶっちゃけショボいです。でも、SPEによって218GFLOPSというとてつもない浮動小数点演算能力を持つ。これ、パソコン用CPUじゃぁ全く持って歯が立ちません。下手すると1桁違う。

で、GPU。
GeForce 7800ベースらしいですが、これは微妙。
いゃ、24基のピクセルシェーダとか結構スゴいんですが、GDDR3と128bit接続とか、このクラスの性能で1080pのフルHD出力なんて出来んのかなーとか。
あと、GeForce 7950 GX2とかRADEON X1950XTXなどの最新GPUには敵わないだろうなーと。
おまけにコアクロック落とすらしいですし。

さらに、RAM 256MB、VRAM 256MBも不十分な気がする。
PS2とかでもプログラマは少ないメインメモリに悩まされてきたんですから、この際もっとドドンとRAM 512MBでも良かったんじゃ・・・?

ただし、価格対性能比はとてつもない。てか、間違いなく出始めは大赤字。
7800 GT価格
Blu-ray Discドライブ単体での価格
これに、どうもサッパリ予測できないCPU価格とかその他諸々足し合わせたら、軽く10万円台に。
もちろんパソコン用パーツですから単純比較は出来ませんが、ほら、BD-ROMドライブだけでPS3買えちゃうじゃないですか。

そう、高級レストランの割にはスゴくお値打ちなんですよ。
でもね、でもね・・・

誰が買うよ?

コメントする