2006年8月28日

タダのケーブル

さて、UPS。
今日は、日本橋に行ってました。

RS-232C、D-sub 9pinシリアルストレートケーブル(メス/メス)と、その一方のコネクタをオスに変換するためオス/オスのアダプタ。
で、これが意外に置いてない。
いゃ、もちろん探せば普通にあったんですが、USBケーブルみたいにどこにでもってわけじゃなかったんです。
これが、レガシーインターフェースというものか・・・。

あと、探してる途中でUSBへの変換ケーブル(ドライバFD付き)も、ジャンク1280円で発見。
ぶっちゃけ、格安。
普通のメーカー品なら3~4千円くらいはします。
なので、そのうち買いに行くかも・・・いゃ、そりゃないか。

で、現在ヤフオクで出てる拡張ボードも落札できそう。
これで、リモコン受信機とタブレット用にあと2ポートが確保できます。

最後に試験結果。
付属のソフトでは、確かに電力供給がなくなった後、指定時間後にシャットダウンできました。
しかし、休止状態にならない。
設定ミスか・・・よく分かりませんが、その代わりにXP標準のUPSサービスを使うことに。
これなら、停電後バッテリー残量が減ってきた後に休止状態で終了できるので、作業状態も失われません。
付属ソフトなら入出力電圧、最大出力容量に対する現在の出力パーセンテージとかもモニタできるので、出来ればそっちがいいんですが・・・まぁ、贅沢は言わない。
てか、見てどうすんだって感じですが。

全く、付属のケーブルじゃないと動きませんとか書いときながら、その実ただのオス/メス仕様のストレートケーブルだったとは・・・心配して損した。

しかし・・・ジャンクパーツ漁るのって楽しいね。
なんかよく分からんパーツが段ボールに突っ込んである中から、必要なものを探し出す。
今回は買いませんでしたが、やっぱり面白そうなものも多いですよ。

ゴメン。キモい。さすがに。

コメントする